ハッピー・トーク

魔法のニレの木を探してロンドンへやって来た魔法使いの少女が、そこで出会った友達と共に怪盗団の起こす事件に巻き込まれていく。「ララ」平成2年7号から平成3年6号にかけて連載された作品。

正式名称
ハッピー・トーク
ふりがな
はっぴー とーく
作者
ジャンル
ファンタジー
 
魔法使い・魔法少女
レーベル
花とゆめCOMICS(白泉社)
巻数
全3巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

魔法使いのデイジー・ルイスは、切り倒されて売られてしまった魔法のニレの木の精霊マリィを探して、フォックスグローブ村からロンドンへやって来た。新聞に広告を出してもらおうとするが、なかなか取り合ってもらえない。唯一話を聞いてくれたデイリー・ベルズの新聞記者であるグレン・ライアンやデイジーの友達と一緒に、チェストにされたマリィを探しているうちに怪盗団「黒猫」に目をつけられ、事件に巻き込まれてしまう。

登場人物・キャラクター

デイジー・ルイス (でいじーるいす)

13歳の少女で魔法使い。イギリスのフォックスグローブ村から、売られてしまったニレの木の精霊マリィを探してロンドンにやってきた。5世紀前、村にやってきた魔法使いの22代目の直系の子孫。ちょっぴり背は低いがしっかり者。

グレン・ライアン (ぐれんらいあん)

ロンドンにあるデイリー・ベルズという新聞社で働いている18歳の青年。デイジー・ルイスの記事を新聞に載せ、マリィを探すのを手伝ってくれたり、ハミルトン氏との交渉を手伝ってくれるなど親切で人情家。弟のノエルと一緒に暮らしたいという夢を持っている。

ノエル

グレン・ライアンの弟で13歳。ロンドンに来たばかりのデイジー・ルイスの荷物を置きびきしようとして失敗したことからデイジーと知り合う。素直じゃないところがあるが、デイジーのことは気に入っている。新聞売りや港での石炭くず拾いなど、日銭を稼いで暮らしている。

ジャッキー

言葉を話すカラス。デイジー・ルイスと共にフォックスグローブ村からやってきた。少々口が悪く、ピートとは犬猿の仲。きれい好きで頭がよく、デイジーとジェイムズ・ルイス以外の人前では言葉を話さないようにわきまえている。

ジェイムズ・ルイス (じぇいむずるいす)

デイジー・ルイスのおじ。5年前にフォックスグローブ村を出て行った。今はロンドンに住んでいる。テムズ河の小さな運搬船の船長をやっている。魔法使いの家系だが、すっかり魔法の腕が落ちている。マリィを買い戻してから魔法の腕が回復する。

アーシュラ・ガードナー (あーしゅらがーどなー)

ハミルトン商会で働く女性。眼鏡をかけていて地味な外見をしている。真面目で固い人物なのだが、ダムの催眠術によって引き出されたもう1つの人格を持つ。派手好きでお酒と煙草が大好き。実は怪盗団「黒猫」の親玉である。

ダム

催眠術と手品が得意な男性。ボールを使った催眠術で、相手の意識を奪ったりすることができる。怪盗団「黒猫」の1人。お金持ちの家を狙って金や美術品を盗み、被害者には催眠術をかけてめちゃくちゃな証言をさせる。数年前から世間をにぎわせているフロリン銀貨偽造も怪盗団「黒猫」の仕業だった。

ディー

ダムの手品の助手を務める男性。彼も怪盗団「黒猫」の1人だが気が優しく、悪党になりきれない。デイジー・ルイスのことも気に入っている。本当はロンドンなどの都会ではなく、田舎の農園に暮らすのが夢。

メイベル・ハミルトン (めいべるはみるとん)

ハミルトン商会の一人娘。美人で優しく、気品がある。デイジー・ルイスの魔法に興味津々で、彼女のことが大好き。彼女に取り置きを頼まれていたチェストを他人に売ろうとした父親に反発する。

ハミルトン氏

ハミルトン商会の主人で、メイベル・ハミルトンの父親。高飛車で金持ちしか相手にせず、デイジー・ルイスのことを貧乏人だと思って見下している。デイジーに取り置きを頼まれているチェストを、倍の値段で売って欲しいと言う客に売ってしまう。

モーティ

ノエルの仲間の少年で、デイジー・ルイスの荷物を置きびきしようとして知り合いになる。デイジーとノエルと共に、デイリー・ベルズの新聞の売り子を手伝っている。それ以外にも、日銭を稼いで暮らしている。

チビ

ノエルの仲間の少年で、デイジー・ルイスの荷物を置きびきしようとして知り合いになる。お金がないので、いつもだぶだぶの服を着ている。デイジーのことが大好きで、彼女は魔法使いだと無条件で信じている。

ピート

ジェイムズ・ルイスの飼っている犬。顔つきの怖さからオスだと思われていたが、実はメス。半年前にジェイムズに拾われた。「ピート」は泥炭という意味で、子犬の頃に泥炭の中で真っ黒になって遊んでいたところからそう名付けられた。

マリィ

130フィート(約40メートル)のニレの木の精霊。今から5世紀前のまだ若木の頃、フォックスグローブに訪れた魔法使いによって魔法をかけられた。新しく就任した地主によって切り倒され、売られてしまう。ニレの木を材料に作られたチェストは不思議な現象を引き起こす。

書誌情報

ハッピー・トーク 全3巻 〈花とゆめCOMICS〉 完結

第1巻

(1990年12月発行、 978-4592122111)

第2巻

(1991年5月発行、 978-4592122128)

第3巻

(1991年7月発行、 978-4592122135)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo