魔法使いの嫁

魔力に関して図抜けて特殊な体質を持っている15歳の少女羽鳥智世と、彼女を弟子として迎え入れた人外で異形の魔法使いエリアス・エインズワースが、現代のイギリス(イングランドの田舎)で、様々な魔法や妖精界がらみの出来事に出会いながら、お互いの絆を深めていく長編ファンタジー漫画。「全国書店員が選んだおすすめコミック2015」第一位受賞。マンガ大賞2015第12位入賞。次にくるマンガ大賞2015「これから売れて欲しいマンガ」部門、第二位受賞。

概要・あらすじ

普通の人間には見えないものが見える少女羽鳥智世は、その力のため不幸のどん底に落とされ、自暴自棄になって自らを謎のオークションに商品として出品する。人ならざるものにして異形の魔法使いエリアス・エインズワースは、ひと目で彼女の能力を見抜き、500万ポンドで落札。エリアス智世を自分の弟子にすると語り、さらには「嫁」にするとまで言い放つ。

ロンドン西方のイングランドの田舎にあるエリアスの家に住むことになった智世は、その図抜けて特殊な魔力に関する体質のため、様々な魔法・妖精界がらみの出来事を経験していく。非日常的な事件の数々を経験しつつ、智世は謎に包まれたエリアスの正体へ一歩一歩近づき、彼らは同時にお互いの絆を深めていく。

登場人物・キャラクター

羽鳥 智世

15歳の少女で、髪は赤毛でショート、瞳の色は緑(この配色は西欧で「魔女」の印と言われる)。普通の人間には見えないものが見え、さらに魑魅魍魎が寄ってくる。その力のために家族は離散し、母は彼女の目の前で命を絶つ。数奇な運命を経て、人外で異形の魔法使いエリアス・エインズワースに引き取られた彼女は、彼の弟子となってイングランドの田舎にある彼の家に住むことになる。 イギリスへ渡ってからは、チセと呼ばれることが多い。彼女の持つ力は「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」と呼ばれ、尋常でない度合いで魔力を吸収・生産することができるというもの。そのため強大な魔法の行使が可能となる。しかしその膨大なエネルギーの流れは、彼女を短期で摩耗させてしまうので、何もしなければ彼女は3年で活動を停止しまうと言われている。

エリアス・エインズワース

大型犬の頭蓋骨に山羊の角を生やした頭部を持つ、長身の異形。「人間にもなれず精霊にも戻れない汚れた存在」と言われる。性別は男性。「茨の魔法使い」「影の茨(ソーン)」「裂き喰らう城(ピルム・ムーリアリス)」といった様々な異名を持つ。強大な魔法を扱い、その世界では有名人で教会からも目をつけられている(教会からの案件を遂行することで、自由を許されている)。 膨大な量の魔力を吸収・生産することができる羽鳥智世をオークションで落札し、自らの弟子にする。彼女の摩耗に関しては、何らかの手段を考察中らしい。人間の顔に化けることもできるが、感情をコントロールできなくなると魔獣のような姿になってしまう。

シルキー

エリアスの家事を一手に引き受ける家事妖精(ブラウニー)。プラチナブロンドの髪に、紫がかった瞳。フード(ボンネット)を被り、ピンクと白のドレスを着ている。「銀の君」「銀の花」という異名を持つ。ほとんど無口だが、筆記は可能。エリアスの作った薬を村の人間に売ったりするのは彼女の仕事。 兄はスプリガンで、妖精女王の付き人。単行本のカバーを外した本体の表紙には、彼女が主人公の4コマ漫画『シルキーちゃん日記』が載っている。

アンジェリカ・バーレイ

ロンドンに店を構える、魔法機構(マギウス・クラフト)の技師。魔法使いの女性。外見の年齢は30代くらい。様々な魔法器具を制作・修理する。「石切蜂(ジェムズ・ビー)」という異名がある。父親も魔法機構の技師であり、また魔術師であった。若い頃、修行中に失敗して、腕の鉱物の結晶が埋まっているようになった。 使い魔は、水妖ヴォルジャノーイのヒューゴ。アルシアという娘がいる。エリアスの依頼で、チセ用の魔法具をつくる。

サイモン・ラカム

エリアスの村にある教会で、神父と牧師どちらもこなす中年男性。見えないものを見る力があり、そのため教会からエリアスの監視を命じられている。教会からの「案件」をエリアスに渡す仕事なども行う。エリアスが人間に化けるときのモデルでもある。

リンデル

「竜の巣」を管理する(人間の目から隠す)魔法使い。見た目は青年だがエリアスよりずっと年上で、エリアスを我が子のように扱う(チセを「孫」と呼んだりする)。「白花の歌(エコーズ)」という異名がある。チセを「竜の巣」に連れて行き、年老いた竜・ネヴィンの終焉に立ち会わせた。 また、その後のエピソードでは、チセの杖をつくる手助けをし、さらに自分とエリアスの因縁を彼女に語る。海豹人(セルキー)という妖精を使い魔にしている。

ネヴィン

「竜の巣」に暮らす年老いたウーイルという種類の竜。五百年生き、チセと出会ったとき、まさに「あちら側の世界」へ行こうとしていた。彼はチセの力で、ふたたび空を飛ぶ夢を見ながら最後の時を迎える。死後、リンデルが植えた菩提樹の種が育ち、瞬く間に巨木となった。チセは後に、その樹の枝で自分用の杖を作る。

モリィ

猫の街・「ウルタール」に住む当代の「猫の王」。長毛種でオッドアイ。エリアスが教会から解決するように命じられた「案件」の遂行に手を貸す。

レンフレッド

魔法使いを毛嫌いする魔術師の中年男性。顔の左側に、大きな爪でえぐられたような傷があり、左腕も失っている。とある理由で、エリアスの2つの「案件」の遂行を邪魔し、対象を奪い取ろうとする。ちなみに、この作品中では、「魔法使い」は「世界の理を妖精や精霊などの力を借りて操作しようとする存在」で、「魔術師」は「世界の理にハッキングをかけようとする存在」として区別される。

アリス

レンフレッドの弟子である若い金髪の女性。口調はあまり綺麗ではない。師匠を思う気持ちは人一倍で、そのため単独行動に出ることがある。「ウルタール」の案件と「黒妖犬(ブラックドッグ)」の案件の邪魔をしようとする。

カルタフィリス

半ズボン姿の可愛らしい少年の姿をしているが、レンフレッドに命じてエリアスの2つの「案件」の遂行を邪魔した張本人。自分がコントロールできる妖精を捕まえ、それで邪悪なキメラを創りだそうとした。「ヨセフ」「彷徨えるユダヤ人」などとも呼ばれ、その呼び名の通りの人物なら、かつてイエス・キリストをないがしろにした罪で、審判の日まで永久に死ぬことができなくなった存在と思われる。 非常に長く生き、かつ体にひどい損傷を受けてもやがて再生するために、記憶があやふやになるときがある。「カルタフィリス」と呼ばれると、「その名前で僕を呼ぶな」と激昂する。

ルツ

かつてはユリシィと呼ばれていた大きな黒い犬だったが、妹と思っていた人間の少女イザベルの死後、彼女の墓を守る存在となり、やがて「墓守犬(チャーチ・グリム)」「黒妖犬(ブラックドッグ)」と呼ばれる精霊となる。カルタフィリスに、キメラの材料とするため捕えられかけるが、チセと契約を結んで彼女の使い魔となり、力を得て野望を打ち砕く。 黒い服を着た青年の姿にもなれる。

妖精たち

妖精王オベロンと妖精女王ティターニアを筆頭とする、この世とは別に存在する「常若の國(ティル・ナ・ノーグ)」に住む精霊たち。空気や風を操るエアリアル、女王につき従うスプリガン、墓や森に棲んで人々を惑わせたり死者の魂を冥界に案内するウィル・オー・ウィスプ、才能あるものに取り付いて血を吸うかわりに名作のインスピレーションを与える美女のリャナン・シーなどが登場する。 名前で呼ばれることを好まず、「お隣さん」「隣人」などという表現を好む。人間を「肉の殻持つ者(リャー・アナム)」と蔑む。

書誌情報

魔法使いの嫁 既刊9巻 マッグガーデン〈ブレイド コミックス〉 連載中

第1巻

(2014年4月発行、 978-4800002846)

第2巻

(2014年9月発行、 978-4800003614)

第3巻

(2015年3月発行、 978-4800004222)

第4巻

(2015年9月10日発行、 978-4800004987)

第5巻

(2016年3月10日発行、 978-4800005472)

第6巻

(2016年9月10日発行、 978-4800006110)

第7巻

(2017年3月10日発行、 978-4800006585)

第9巻

(2018年3月24日発行、 978-4800007278)

第9巻

(2018年3月24日発行、 978-4800007476)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo