ハツカネズミの時間

ハツカネズミの時間

主人公の高野槙が通う蒼崚学園は、外部から完全に隔離された環境でエリートを育成する学校。何の疑問もなく過ごしていた槙だったが、ある日学園内でひとりの女性を見かけたことで日常が大きく揺らぎ始める。知らないはずの女性の顔に、なぜか見覚えがあるような気がしたのだ。後日、同じクラスに通うようになった氷夏桐子という名の女性に、自分の疑問をぶつける槙。そんな彼に桐子が返した言葉は、「ここは学校の名を借りた実験施設よ」という謎めいた言葉だった。

正式名称
ハツカネズミの時間
作者
ジャンル
ファンタジー一般
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

エリートを育成するため、幼いころから世俗から離れた環境で一貫教育を行う蒼崚学園。生徒たちは自分たちが通う学校に疑うことなく学生生活を過ごしていた。主人公の高野槙もそのひとり。しかしの日常は、氷夏桐子というひとりの女子生徒の登場によって大きく変貌することになる。知らない相手のはずだが、なぜか桐子の顔を見たときに記憶の片隅が刺激された

「彼女と以前会ったことがある」と考えたは桐子に話しかけ、蒼崚学園に居たことがあるのではないかと問い質す。対する桐子からの返答は、「ここは学校の名を借りた実験施設よ」という謎めいた言葉。その言葉に疑問を覚えたは後日改めて桐子と接触、かつてと桐子は蒼崚学園での友人だったこと、蒼崚学園鳴沢製薬という企業が生徒に試薬を投与するための施設であること、それを知った桐子は5歳のころに学園を脱走したこと、学園は生徒に記憶操作を行っていることを告げられる。

それと同時にもう一度脱走するので手を貸してほしいと依頼される。それ以降、自分たちの与えられた環境から脱したいと思い始めたは、友人の園倉茗新山椋、室木棗に桐子から明かされた秘密を伝え、皆で学園から逃れる方法を探り始めるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

園倉茗、新山椋、室樹棗らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。蒼崚学園で投与されている試薬の影響で、色盲になってしまった。5歳のころ、氷夏桐子が蒼崚学園を脱出する際、桐子からともに来るよう誘われるがこ... 関連ページ:高野 槙

もともとは蒼崚学園の生徒で、5歳のときに脱出。このとき高野槙に一緒に来るよう誘うものの、槙がこれを拒否したため一人で逃れていった。その後、梛に拾われ、以降はともに生きていくようになる。梛とは喧嘩が絶え... 関連ページ:氷夏 桐子

高野槙、新山椋、室樹棗らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。蒼崚学園で投与されている試薬の影響で、病弱でかつ極度の色白になってしまった。何の疑問もなく蒼崚学園で過ごしていたが、12年ぶりに連れ戻され... 関連ページ:園倉 茗

高野槙、園倉茗、室樹棗らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。非常に鋭い勘の持ち主で、それは蒼崚学園で投与されている試薬の影響である可能性が仄めかされている。特に疑問を持つことなく蒼崚学園で過ごしてい... 関連ページ:新山 椋

高野槙、園倉茗、新山椋らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。外の世界への興味が強く、あるとき一人で脱走を図り失敗。またそれ以前から学園内を散策して秘密の部屋を発見するなどしていた。12年ぶりに連れ戻... 関連ページ:室樹 棗

幼いころに蒼崚学園に入れられるが、12歳で脱走に成功する。それ以降、独力で生き抜く。のちに同じく蒼崚学園から脱出した氷夏桐子と出会い、保護者のように面倒をみるように。大衆薬と生薬をブレンドしたオリジナ... 関連ページ:

鳴沢製薬社長と同時に蒼崚学園の校長を務める。梛の兄であり、梛と同じく幼いころに自身も蒼崚学園に入れられた。しかし梛とは異なり、蒼崚学園での生活を全うしている。優秀だが型破りなところはなく、そんな自分よ... 関連ページ:鳴沢 檀

鳴沢檀、梛、大滝木綿子の父親だが、作中で名前は明示されていない。実の子である檀と梛を実験施設である蒼崚学園に入れた。優秀で従順だが型にはまった檀よりも、破天荒な梛を買っている。しかし梛が蒼崚学園から脱... 関連ページ:鳴沢製薬会長

蒼崚学園で保健医を務めている。鳴沢製薬会長の娘で、鳴沢檀と梛の異母妹。ただし母親が亡くなるときまで父親のことは聞かされておらず、作中では鳴沢家で暮らしているが、梛が蒼崚学園を脱走したのちにやってきたた... 関連ページ:大滝木 綿子

梛と氷夏桐子が新宿に流れ着いた際、桐子と友人になる。妹の三菜が万引きで補導された結果、一緒にいた桐子が帰ってこなくなったことを気に病み、梛のもとを訪れた。梛から詳細を聞くことはできなかったが、何らかの... 関連ページ:三夜

酒屋の息子で大学生。梛の製造するドラッグ・キリコの愛用者で、キリコ提供の対価として父親の所有する部屋を梛に貸している。梛と氷夏桐子には何らかの事情があることは勘づきつつも、あえて詮索しない。蒼崚学園か... 関連ページ:金井 陽一郎

鳴沢製薬系列の病院で院長で、鳴沢製薬会長の主治医も務める。また、蒼崚学園でも働いており、室木棗が実母に引き取られる際の記憶操作や、捕らえられ蒼崚学園へ連れ戻された氷夏桐子への尋問などを担当。蒼崚学園か... 関連ページ:三軒田

集団・組織

蒼崚学園

『ハツカネズミの時間』に登場する学校。生徒たちにはエリート養成のための一貫校と説明されているが、その実態は鳴沢製薬によって身寄りのない子供たちが集められ、さまざまな試薬を投与するための実験施設である。... 関連ページ:蒼崚学園

鳴沢製薬

『ハツカネズミの時間』に登場する企業。日本有数の大手製薬会社で、蒼崚学園を実験施設として生み出された製品を数多く市場に送り出している。また無事に蒼崚学園を卒業した生徒を従業員として採用。鳴沢檀が社長を務めるが、その父親が会長として実権を握っている。

書誌情報

ハツカネズミの時間 全4巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2005年5月発行、 978-4063143799)

第2巻

(2006年4月発行、 978-4063144109)

第3巻

(2007年6月発行、 978-4063144567)

第4巻

(2008年4月発行、 978-4063145014)

SHARE
EC
Amazon
logo