バウ

バウ

食い意地が張った犬・バウが巻き起こす騒動と、その飼い主の犬神一家の日常を描いたコメディ漫画。

正式名称
バウ
作者
ジャンル
 
ギャグ、コメディ一般
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
巻数
全11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

売れない漫画家・栗田完治は、ある日自宅のアパートに入り込んだ犬に遭遇する。犬は食い意地がはっており、栗田に様々な迷惑をかけ、どこかへ去っていった。さらに小学校へ上がり込んだ犬は、そこでバウと名付けられ、犬神さやかの飼い犬となる。バウは、犬神家でも様々な騒動を巻き起こすのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

ブルテリア系のオス犬。食い意地がはっており、食べ物のためには努力を惜しまない。明るくタフな性格。野良犬同然だったところ、漫画家の栗田完治の家に転がり込みしばらく同居。栗田の元を離れたのち、小学校へ上が... 関連ページ:バウ

犬神 さやか

女子小学生。クラスは3年2組。髪型はツインテールにしている。学校で飼われていたバウを週末連れて帰る当番になったのち、バウの飼い主となる。明るく女の子らしい性格で、少し気が強く、父の犬神大五郎や家で働いているサブにはわがままをいうこともある。

犬神 大五郎

犬神さやかの父。いかつい顔をし、口ひげを生やした中年の男性。頭頂部がハゲている。暴力団のようではあるが詳細は不明。犬好きで、チャンピオンクラスの犬を飼っている。一人娘であるさやかには甘く、頼まれると聞き入れてしまいがち。花粉症がある。バイクが好きで、ドゥカッティのビンテージバイクを所有している。

サブ

犬神家で働く青年。サングラスをかけ、スーツを着ている。犬神家の人々とは上下関係はあるものの、ほぼ家族同然の付き合いとなっている。全員男の五人兄弟で育ち、男子校で育ったため女性と話すのが苦手。義理堅く愛情深いところがあり、バウが行方をくらました際には自ら捜索を買って出た。

さやかの祖母

犬神さやかの祖母で犬神大五郎の母。常に和服を着ている老女。身長は小さいが気は強く、さやかのしつけにも厳しい。骨董品を収集する趣味があり、散財することがある。

シェーン

犬神家で飼われている犬。USAのチャンピオン犬となったアフガンハウンド。姿形が美しく、上品で、飼い主である犬神大五郎にも従順であるが、バウのような自由な行動に憧れも持っている。運動神経は鈍い。

ブーマー

犬神家で飼われている犬。バウが飼われた後に犬神大五郎が購入し、連れてきた。USAのチャンピオン犬となったセントバーナード。身長は80センチ、体重は90キロ。のんびりした性格で、動きも緩慢なことが多い。ダイエットしろというさやかの言葉を守るなど忠実な一面も。

栗田 完治

犬神さやかの担任教師の男性。魚座のB型。32歳独身。眼鏡をかけている。バウを小学校で飼っていた際にはおしっこをかけられるなど、度々バウの騒動に巻き込まれる。真面目な性格だが、お酒を飲むと乱れる。

倉本

漫画家の男性。バウがアパートに転がり込んできたため、しばらく同居していた。バウが居候をしていたころは売れない漫画家だったが、後にヒット作が生まれ、引越しをした。

ドクター長松

口ひげを生やした中年の男性。様々な発明品を作っている。著書があったりテレビに出演していたりと、それなりの有名人のよう。犬語翻訳マシーンを開発し、バウでその実験をしたことからバウと知り合う。短気なところがあり、実験がうまくいかないと自分の発明品を蹴ったりすることもある。

朝子

OLとして働く若い女性。サブの思い人。昼休み、犬神家の近くの公園で同僚とともにバレーボールをして遊んでいたところバウやサブと知り合う。サブが鼻血を出した際、ハンカチを貸してくれるような明るく優しい性格の持ち主。

大貫

造園業者としてハウステンボスに出入りをする男性。バウが九州へ移動してしまった際、飼い主がいない犬として保護されていたところを助けた。その後も九州にいる間はバウの面倒を見ることになる。明るく男らしい性格の持ち主。母親は屋台をやっており、造園業が終わった後は店を手伝っている。

米村 一郎

バウが九州で知り合った男性。会社員として働いており、東京から九州へ長期出張している。九州はいいところだと口にはしているものの、人付き合いが下手で、九州に友達がいないことからさみしく感じており、東京に戻りたいと考えている。東京からきたバウと意気投合し、バウのことを義兄弟と呼ぶほどの仲となる。

チエ

バウが大阪で出会った若い女性。長髪を二つに縛っており、そばかすがある。性格は明るく、動物好き。父が経営するお好み焼き屋を手伝っている。バウを探して大阪にきたサブの面倒を見ているうちに、サブのことが好きになる。

ダイアナ

バウの近所に住む雌犬。非常に美人な犬で、周囲の犬のアイドル的存在となっており、バウも憧れている。ダイアナもバウのことを悪く思っていない様子。家の中で飼われているため、ほとんど外に出たことがない。

書誌情報

バウ 全11巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻 幸せな犬

(1993年5月発行、 978-4091831910)

第2巻

(1993年11月発行、 978-4091831927)

第3巻

(1994年5月発行、 978-4091831934)

第4巻

(1994年12月発行、 978-4091831941)

第5巻

(1995年10月発行、 978-4091831958)

第6巻

(1996年5月発行、 978-4091831965)

第7巻

(1997年4月発行、 978-4091831972)

第8巻

(1998年2月発行、 978-4091831989)

第9巻

(1999年1月発行、 978-4091831996)

第10巻

(2000年2月発行、 978-4091832009)

第11巻

(2000年3月発行、 978-4091832412)

SHARE
EC
Amazon
logo