バケツでごはん

玖保キリコ代表作の一つである動物コメディ漫画を出崎哲監督がアニメ化。”動物園に勤める”動物達の隠された秘密の生活をシニカルなタッチで描いた異色作。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
バケツでごはん
ふりがな
ばけつでごはん
原作者
制作
マジックバス
監督
出崎哲
放送期間
1996年1月8日 〜 1996年6月24日
放送局
日本テレビ
話数
20話
ジャンル
動物擬人化
 
ファンタジー一般

総合スレッド

バケツでごはん(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

ミケミ(バケツでごはん)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31
ロン一家(バケツでごはん)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31

新着関連スレッドもっとみる

概要

とある街にある上野原動物園にいる動物達は、実は来場者を楽しませるために演技をしているエンターティナー達だった。動物達は日々、上野原動物園の地下にある地下鉄動物の街から通勤していた。

プロ意識の高いペンギンのギンペーは、惰性で演技をしているチェザーレ達同僚ペンギンに我慢がならず、ついつい衝突してしまう。そんなギンペーの唯一の理解者は、弟分を自認するサンペーだけだった。

登場人物・キャラクター

主人公
関西弁を話す雄のペンギン。サーカスで芸をする両親の元で育ち、全国を巡業しながら自身も芸を見せていた。巡業中に上野原動物園にスカウトされるが、持ち前のプロ意識の高さから観客にウケを取ろうとしてチェザーレ...
上野原動物園に勤務する雌のキリン。恋愛体質で妄想癖もあり、同僚である雄の黒豹の黒田さんに片想いしていた。同じく黒田さんに片想いしているミンクのミミとは対立する。
上野原動物園に破格の好待遇でスカウトされたジャイアント・パンダの一家。父親のロン、母親のポン、息子のリーチの三匹。ロンはパンダの人気が高いためにエリート意識が強く、芸をする必要はないと公言してはばから...
上野原動物園に勤務する雌のペンギン。ペンギン達のアイドル的存在で、ギンペーとチェザーレから共に想いを寄せられる。料理好きだが、非常に味オンチで作ったものは食べた者を悶絶させる。
上野原動物園に勤務する雄の黒豹。一見クールで寡黙だが、実際は野暮ったい。妻に逃げられて離婚暦がある。同僚であるキリンのフラジーとミンクのミミが片想いしていた。
上野原動物園に勤務する雄のペンギン。職場ではギンペーの後輩に当り、そのプロ意識の高さを尊敬しているが、天然な部分も。ギンペーの全国の方言がミックスされた話し方を「ギンペー弁」と命名した。
ミミ(みみ) 『バケツでごはん』の登場キャラクター。動物の街の住む雌猫。ギンペーの隣人であり、夫と暮らす専業主婦。上野原動物園に勤務するギンペーをエリートだと思っている。
上野原動物園に勤務する雄のペンギンでギンペーの同僚。派手好きで見栄張りなプレイボーイ。職務に熱心なギンペーとは反りが合わず、ペンギン達のアイドルであるミントを巡っても対立する。
上野原動物園のペンギン担当の飼育員。動物達の良き理解者で、相談にも乗っている。サーカスで芸をしていたギンペーを上野原動物園へスカウトした。
上野原動物園に勤務する雄の虎。動物達のリーダーを自認しているが、自分勝手な言動が多く、人望は今ひとつ。同僚のライオンのリヒャルトとは仲が良く、飲みに行くことも。
上野原動物園に勤務する雄のミンクだが、女の子として生活しているトランスジェンダー。仕事以外の同僚との交際を断るドライな性格だが、女性である意識と仕事に対するプライドは高く、自分磨きには手を抜かない。 ...
上野原動物園に勤務する雄のライオン。上流階級出身の洗練された紳士で、勤務中以外はスーツ姿で生活している数少ない動物。同僚の虎の寅二とは仲がいいが、価値観は合わない。

場所

『バケツでごはん』に登場する施設。ギンペーを初めとする動物達が勤務している職場。開園時間中の動物達は”野生動物の演技”をしているが、閉園になると楽屋へ戻って、人語を話し、二本足で歩いている。勤務中の動...
『バケツでごはん』に登場する街。ギンペー達動物が住んでいる街。人語を話し、二足歩行をする動物達が人間社会同様の生活を営んでいる。商店や飲食店もあり、自動車も走っている。

その他キーワード

『バケツでごはん』に登場する乗り物。上野原動物園の地下にある駅と動物の街を結ぶ交通機関で、達は毎日これに乗って通勤する。その存在は秘密にされている。

クレジット

原作    
監督 出崎哲    
シリーズ構成    
総作画監督 小林ゆかり    
音楽 京田誠一    
アニメーション制作 マジックバス    

原作

上野原動物園のギンペーを始めとする動物たちは、毎日秘密の地下鉄で動物園まで通っているエンターテイナーであり、立派な仕事として働いていた。そんな動物たちは、仕事が終わると秘密の町に帰り、人間と同じような...