バッテリー

バッテリー

かつてバッテリーを組んでいた2人が、プロ野球の世界でライバルとして対決する姿を描くスポーツ漫画。

正式名称
バッテリー
作者
ジャンル
野球
レーベル
ヤングサンデーコミックス(小学館)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

「超高校級バッテリー」として名を馳せた海部一樹武藤洋介。共にプロへ進むが、武藤洋介は念願だった強豪、東京イーグルスへ、海部一樹はその東京イーグルスの指名を蹴って弱小チーム小倉メッツへ入団。入団早々「自分が投げる試合では、自責点は1点も与えない」と宣言した海部一樹は、その公約通り、無失点記録を伸ばしていく。

一方の武藤洋介も、努力の末についに念願の一軍入りを果たす。そんな中、2人は東京イーグルスのオーナーの策略により、シカゴ五輪の日本代表に選ばれ再びバッテリーを組むことに。オリンピックという大舞台を経て大きく成長した2人は、シーズン優勝をかけた最終戦で対決のときを迎える。

登場人物・キャラクター

主人公

小倉メッツの選手で、ポジションはピッチャー。高校時代は、キャッチャーの武藤洋介と共に「超高校級の怪物バッテリー」と呼ばれていた。高校卒業後、リーグトップである東京イーグルスの1位指名を蹴り、万年Bクラ... 関連ページ:海部 一樹

主人公

東京イークルズの選手で、ポジションはキャッチャー。高校時代は、ピッチャーの海部一樹と共に「超高校級の怪物バッテリー」と呼ばれていた。高校卒業後、ドラフト4位でリーグトップの東京イーグルスに入団。シカゴ... 関連ページ:武藤 洋介

梅宮 和彦

武藤洋介が所属する東京イーグルスの選手。4番センター。「怪物」の名で知られる強打者で、チームの選手からも一目置かれている。

花沢 若菜

フリーのスポーツカメラマン。海部一樹と武藤洋介に興味を持ち、2人が高校時代のときからずっと追い続けている。取材を続けるうちに、海部一樹の自責点0宣言の裏には何か理由があることに気づく。

ブレッド・ウォーカーJr.

「大リーグNo.1」と呼ばれた名選手を父に持つ現役大リーガー。神戸マリナーズの主力選手として活躍していたが、オールスター戦で海部一樹に敗れる。シカゴ五輪で海部一樹との再戦を果たすため、神戸マリナーズを退団し、アメリカ代表チームに参加する。

ホセ・ロドリゲス

シカゴ五輪、キューバー代表チームの選手。海部一樹をあと一歩のところまで追い詰める。オリンピック後、アメリカに亡命し大リーガーに。

アレックス・ゴールドウィン

大リーグ、ニューヨーク・セントラルズのスカウト部長。シカゴ五輪で海部一樹の活躍を目の当たりにし、大リーグにスカウトしようとする。

八木 誠

名古屋フェニックスの選手。高校時代、甲子園決勝で海部一樹から打点を挙げている。目が良く、海部一樹の投球時のクセを見破る。

坊之津

海部一樹が所属する小倉メッツの監督。現役時代は、小柄な体格から「小さな大投手」と呼ばれていた。「強いチームを作るのは金ではなく人」が信条。

立花 隆志

武藤洋介が所属する東京イーグルスの選手。ポジションはピッチャー。自他共に認める球界のエースで、スライダーを得意球としている。

米倉 政美

武藤洋介が所属する東京イーグルスのオーナー。ペナントレースで成績好調な小倉メッツに打撃を与えるため、海部一樹、武藤洋介両名のオリンピック日本代表チームへの参加を提案する。

集団・組織

東京イーグルス

『バッテリー』に登場するチーム。武藤洋介が所属するプロ野球チーム。優勝を何度も経験している強豪チームで、スター選手がそろっている。海部一樹をドラフトで1位指名したが断られる。

小倉メッツ

『バッテリー』に登場するチーム。海部一樹が所属するプロ野球チーム。万年Bクラスの弱小チームだったが、海部一樹の活躍で10年ぶりに優勝争いに加わる。

国分寺南高校

『バッテリー』に登場する高校。海部一樹と武藤洋介が通っていた高校。甲子園の常連校で、2人が高2の時には春夏連覇を成し遂げている。

書誌情報

バッテリー 全4巻 小学館〈ヤングサンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2001年8月発行、 978-4091526014)

第2巻

(2001年12月発行、 978-4091526021)

第3巻

(2002年5月1日発行、 978-4091526038)

第4巻

(2002年8月5日発行、 978-4091526045)

SHARE
EC
Amazon
logo