愛しのバットマン

愛しのバットマン

日本プロ野球界を舞台に、馬鹿がつくほど真面目な4番バッターが、成績下位の弱小チームで奮闘する姿を描く。基本的には一話完結形式。スランプと戦う姿や私生活の悩みなど、人間としての選手の姿にスポットを当てたエピソードも多かった。

正式名称
愛しのバットマン
作者
ジャンル
野球
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

香山雄太郎は、東京ロビンズに所属するスラッガー。愛する妻と気心の知れたチームメイトに支えられ、充実した選手生活を送っていたが、ある日チームの身売りが決定。新オーナーの意向で、万年最下位の「☆鹿児島サザンクロス」へトレードされてしまう。やる気がないチームメイトたちは、突如やってきた香山雄太郎に反感を抱くが、野球に真摯に取り組む香山雄太郎の態度は彼らを少しずつ変化させていく。

彼の活躍により、活気を取り戻した鹿児島サザンクロスは、リーグ優勝に向けて邁進していく。

登場人物・キャラクター

主人公

東京ロビンズに所属するプロ野球選手。チームが誇る4番バッターで、ポジションはレフト。球界一の巨体の持ち主だが、真面目で几帳面な性格で、とにかく細かいことをよく気にする。男気にあふれ、温厚な性格だが、怒... 関連ページ:香山 雄太郎

香山雄太郎の妻。実家は日本でも有数の資産家万里小路家で、親の反対を押し切り、香山雄太郎と結婚した。日本舞踊藤水流の師範代を務め、名取は香世乃。結婚前は遊び人のお嬢様として知られていたが、結婚後は落ち着... 関連ページ:香山 リカ

池畑

香山雄太郎が所属する東京ロビンズの選手で、チームの看板バッター。香山雄太郎とは大学時代からのライバルで親友。彼の妻香山リカのこともよく知っている。球界でも有名なプレイボーイで、女性の噂が絶えない。

大西 鉄雄

香山雄太郎が所属する東京ロビンズの選手。かつては首位打者にもなったことがあるベテラン選手で、往年のパワーが衰えた現在も、持ち前の明るさとショーマンシップでファンに人気がある。チームのムードメーカーとして、監督からの信頼も厚い。

荒井戸

香山雄太郎が移籍した鹿児島サザンクロスのコーチ。教え子の嶋村ハジメが香山雄太郎とトレードされて東京ロビンズに移籍してからは、抜け殻のような日々を送っていた。しかし、「優勝を狙う」と宣言した香山雄太郎の情熱に感化され、チームの立て直しに協力する。

香山雄太郎が移籍した鹿児島サザンクロスのエース。ポジションはピッチャー。チームのリーダー的存在で、当初は香山雄太郎に反発していた。完封勝利がかかった東京ロビンズとの試合で、審判をだまして香山雄太郎のフ... 関連ページ:中条

猿渡

香山雄太郎が移籍した鹿児島サザンクロスの選手。ポジションはショート。短距離走のオリンピック候補だったが、ドーピング疑惑で陸上界を追われた過去を持つ。以前はその足を活かしたファインプレーを見せていたが、エラーを繰り返すチームメイトに失望し、やる気をなくしていった。泣き上戸で、一度泣き出すと止まらない。

鳥居坂

香山雄太郎が移籍した鹿児島サザンクロスの選手。初期のポジションはセカンド(のちにサードに転向)。極道の世界に身を置いていた時期があり、右肩に入れ墨を入れている。ヤクザだった過去が明らかとされてしまったため、一時は引退も考えるが、チームメイトたちの協力で選手を続けていく決意をする。

香山雄太郎が移籍した鹿児島サザンクロスの選手。二軍のボス的存在で、怪我のリハビリのために二軍に合流した香山雄太郎と対立する。怪我で選手生命を絶たれた親友が自殺して以来、勝利だけを目指す野球を憎み、一軍... 関連ページ:有働 大樹

嶋村 ハジメ

東京ロビンズの新監督となった嶋村一雄の息子。もとは鹿児島サザンクロスの選手だったが、香山雄太郎とトレードされ、父が監督を務める東京ロビンズに移籍する。試合に勝つためにはどんな手段もいとわない父親のやり方に疑問を持っている。温厚な性格だが、「坊ちゃん」呼ばわりされるとキレる。

香山雄太郎が所属する東京ロビンズのオーナー。日本一あこぎな不動産王と陰口を叩く者も多い。一時の思いつきで行動することが多く、チームを引っかき回す。本業の不動産の経営改善のため、東京ロビンズをゲームメー... 関連ページ:横田 十蔵

香山雄太郎が移籍した鹿児島サザンクロスのオーナーを務める老婆。鹿児島中のホテルや観光会社をたばねる伍代グループを率いる女傑で、亡き夫に代わり、鹿児島サザンクロスのオーナーとなった。香山雄太郎のお尻に一... 関連ページ:伍代 はな

集団・組織

東京ロビンズ

『愛しのバットマン』の登場にするプロ野球チーム。香山雄太郎をドラフト一位で獲得した。ホームスタジアムはトーキョーベイスタジアム。チームとしての実力はそれほど高くなく、Aクラス入りは珍しい。長らく不動産会社を経営する横田十蔵がオーナーだったが、佐賀田が社長を務めるゲームメーカーに身売りされた。

鹿児島サザンクロス

『愛しのバットマン』の登場にするプロ野球チーム。香山雄太郎がトレードによって移籍した。ホームスタジアムは南国球場。5年連続最下位の弱小チームで、選手たちもすっかりやる気を失っている。オーナーは、鹿児島のホテルや観光会社をたばねる伍代グループを率いる伍代はな。

SHARE
EC
Amazon
logo