グラゼニ~パ・リーグ編~

グラゼニ~パ・リーグ編~

左のサイドスロー投手、凡田夏之介の野球人生を描いた球界マネーサバイバル漫画。プロ野球選手の稼ぎ方や、お金をメインテーマに、選手と球団の交渉、監督、コーチの采配など球団の内情が細かく描かれているのが特徴。夏之介を取り巻く周囲の人々の人生も多く語られる。『グラゼニ』『グラゼニ~東京ドーム編~』の続編。仙台に拠点を移し、パ・リーグで先発投手として挑戦する夏之介の奮闘を描く。「モーニング」2018年17号から『グラゼニ~パ・リーグ編~』の連載を開始。なお、漫画家のアダチケイジはパ・リーグ編より足立金太郎と改名した。

正式名称
グラゼニ~パ・リーグ編~
原作
漫画
ジャンル
野球
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

所属していた文京モップスでは、来季の先発枠が残されていなかったため、先発での活躍の場を求めてFA宣言をした凡田夏之介。凡田獲得に名乗りをあげたのは古巣の神宮スパーダースと仙台ゴールデンカップス。契約金には3000万円もの開きがあったものの、凡田はパ・リーグの仙台ゴールデンカップスを選んだ。先発で一勝でも多く、勝ち星をあげたい、自分がどこまで勝てるか挑戦してみたい。

そういった思いから、対戦頻度の少ないパ・リーグの打者と戦う方が、投手として有利と考えたからだった。仙台ゴールデンカップスに移籍し、沖縄、久米島で一次キャンプに参加していた凡田。紅白戦の2回途中で8失点してしまう。向井監督はもう1点取られたら凡田を代えるつもりでいたが、徳永ピッチングコーチはカウントの途中で、凡田を代えさせてくれと監督に進言。

満塁の中、スタンドに入る大きなファールを2度打たれたところで交代となった。青ざめた表情でマウンドを降りる凡田。しかし、あそこで交代していなければ12失点する可能性が高かった。紅白戦を観戦していた仙台パーフェクTVの老山花子アナウンサーは、徳永コーチに、「あそこで交代したのは同県人の温情か?」と厳しい質問を浴びせる。

向井、徳永、凡田は同じ山梨県出身なのだ。そんな厳しい質問をする老山も実は山梨出身。監督やシニアディレクターとも仲が良く、他の人に言われる前にキツイ質問をする事で、周りのガス抜きをしていたのだった。

彼女は同じ山梨県人として、チームメイトに打たれまくっている凡田がパ・リーグで通用するのか、厳しい目で見張り、心配するのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

パ・リーグの仙台ゴールデンカップスに所属する左サイドスローの投手の男性。背番号は41。球威はそこそこだが、コントロール抜群で長い間、中継ぎの投手として活躍してきた。日本を代表する人気球団、文京モップス... 関連ページ:凡田 夏之介

徳永

仙台ゴールデンカップスのピッチングコーチの男性。山梨県出身で、神宮スパーダースの元投手。通算49勝。選手引退後はオトワラジオで野球解説者を務めていた。先輩として凡田夏之介によくアドバイスしており、トクさんと呼ばれて慕われていた。色黒で面長の顔、鷲鼻が特徴。

向井

仙台ゴールデンカップスの監督の男性。仙台ゴールデンカップスのコーチから監督に就任。自分がつなぎの監督であることを理解している。山梨県出身。坊主頭に長いもみあげ、大きな団子鼻、つながった太い眉、タラコ唇が特徴。

老山 花子

仙台パーフェクTVの女性アナウンサー。仙台ゴールデンカップスを取材し、厳しい質問を選手や監督、コーチに浴びせる。山梨県出身。ワンレングスの長い髪で、顔立ちのはっきりした美人。ズケズケとしたキツイ質問をするものの監督やコーチと仲が良く、よく飲みに行っている。

集団・組織

仙台ゴールデンカップス

パ・リーグの球団。FA宣言した凡田夏之介を3年4億5000万で獲得した。監督は向井、ピッチングコーチは徳永。向井、徳永、凡田は山梨県出身のため、「山梨ライン」「山梨閥」と呼ばれ、向井が権力を使って同県人を集め出したと噂される。

SHARE
EC
Amazon
logo