パノラマ島綺譚

パノラマ島綺譚

原作は江戸川乱歩の怪奇小説。舞台は昭和初期。大正天皇崩御や芥川龍之介の自殺、ニジンスキーの発狂も作中に織り込まれている。耽美主義的でエロティックな世界観を、ガロ系の劇画タッチの絵柄で体現している。

正式名称
パノラマ島綺譚
原作
作画
ジャンル
耽美、退廃
レーベル
ビーム コミックス(アスキー、KADOKAWA)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

瓜二つだった金持ちの友人に成り代わった売れない小説家・人見広介が、その財を投じて自身の美意識を体現する飽食と享楽の地上の楽園を現実に造り出す。離島に手を加えた人工のユートピアで、浮世離れした楽園生活に耽る人見。最期は探偵の明智小五郎に正体を暴かれ、盛大に花火の打ち上がるなか、そのパノラマ島と名づけた理想郷で自殺する。

登場人物・キャラクター

主人公

遊郭の近所に住む下宿代も滞りがちな貧乏文士で、エドガー・アラン・ポーに心酔している。大学の学友の菰田が三重県随一の富豪の若旦那で双子のように似ていたことから、その死を利用することを思いつき、土葬の墓を... 関連ページ:人見 広介

菰田 源三郎

人見広介と双生児と見まがうばかりにそっくりな大学時代の学友。紀州一の富豪の御曹司だったが、喘息の発作で38歳で急逝する。菰田家はレンガの大量生産で富を築き、また広大な森林・田畑・漁場や工場・ホテルを所有している。

『パノラマ島綺譚』の登場人物で、死んだ菰田源三郎の妻。人見広介の登場に、当初夫が生き返ったと喜ぶが、後に別人だと勘づく。それを不安に思った人見にパノラマ島に招待されて絞殺された。その遺体は、人見があら... 関連ページ:千代子

人見広介のよき理解者。『RAの話』を読んで、エドガー・アラン・ポーの『アルンハイムの地所』の影響や、趣味思考に走り過ぎていることを指摘。ユートピア小説よりも、身の回りのことを書いてみるよう助言する。人... 関連ページ:兎月書房の編集長

角田さん

さまざまな地元の利権が絡む菰田家の金庫番の親爺。生き返った菰田源三郎のふりをした人見広介に、夭逝の家系であることを引き合いに自分が生きた証しを残したいと説得され、パノラマ島の建設事業に協力する。

明智 小五郎

千代子に生き返った夫の調査を依頼された探偵。人見が残した遺書や、兎月書房の編集長の証言、なにより遺稿として出版された『RAの話』と、同時期に建設されたパノラマ島が酷似していることから、菰田源三郎に成り代わった人見広介の正体を見破る。

場所

パノラマ島

の人見広介が菰田家の全財産を投じて、ひなびた離島に造り出した地上の楽園で、シュールな美の国。水中回廊を備え、随所にアペニンの巨人などのレプリカをはじめとする彫刻を設えている。中には人が彫刻のふりをして... 関連ページ:パノラマ島

ベース

パノラマ島綺譚

書誌情報

パノラマ島綺譚 全1巻 アスキー、KADOKAWA〈ビーム コミックス〉 完結

第1巻

(2008年3月発行、 978-4757739697)

SHARE
EC
Amazon
logo