恐るべき子どもたち

恐るべき子どもたち

現実を遮断し、夢幻の世界に生きる二人の姉弟、エリザベートとポールが破滅していく様を幻想的な筆致で描いた作品。四章に別れ、登場人物は十代前半~後半へと成長する。原作は、フランスの詩人ジャン・コクトーの同名小説『恐るべき子どもたち』。

正式名称
恐るべき子どもたち
原作者
ジャン・コクトー
作者
ジャンル
耽美、退廃
レーベル
小学館文庫(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

パリの片隅にあるコンドルセ高等中学の生徒ポールは、悪魔的な魅力を持つガキ大将ダルジュロスに心惹かれていた。しかしある冬の日、ダルジュロスに雪球を投げつけられ、倒れたポールは、彼を診断をした医者から胸が悪いのでもう学校に行ってはいけないと告げられてしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

『恐るべき子どもたち』の主人公のひとり。パリに住む空想好きな少年。エリザベートの弟。コンドルセ高等中学への通学中、胸が悪いことがわかり、通学を含む運動を禁じられる。以降、エリザベートと共に部屋に閉じこ... 関連ページ:ポール

主人公

『恐るべき子どもたち』の主人公のひとり。パリに住む空想好きな少女。ポールの姉。父親が亡くなった後、病気の母親の面倒を見ている。ポールの病気がわかった後は、彼の面倒を見るという理由のもと、自分も家に閉じ... 関連ページ:エリザベート

ポールのコンドルセ高等中学での友人で、崇拝の対象となっている少年。悪魔的なカリスマ性をもったガキ大将。ラシーヌのアタリーを女装して演じたことがある。ポールに雪球をぶつけて怪我をさせたことから、退学にな... 関連ページ:ダルジュロス

ポールとエリザベートの友人。少年時代は彼ら姉弟を心配すると共に、彼らの空想に付き合っていたが、長じると次第に感覚のズレを覚えるようになっていった。常識人。叔父の遺産を受け継ぎ、工場の経営をするようにな... 関連ページ:ジェラール

エリザベートが仕事をするようになった洋裁店の同僚。ダルジュロスに顔がそっくりで、彼女もダルジュロス同様、学生時代ラシーヌのアタリーを演じたことがある。エリザベートに連れられてポールに出会い、次第に彼に... 関連ページ:アガート

エリザベートの結婚相手。アメリカの資産家で、エトワール広場に新婚生活のための家を建てた。紳士で常識的な人物。趣味はスポーツカーでのドライブ。 関連ページ:ミカエル

クレジット

原作

ジャン・コクトー

ベース

恐るべき子供たち

SHARE
EC
Amazon
logo