ビューティー ハニー

モテ系美容師に心乱され、振り回されっぱなしの女子高生の日常を描いた年の差ラブストーリー。「ララ」平成19年2月号から平成20年12月号にかけて不定期に掲載された作品。

正式名称
ビューティー ハニー
ふりがな
びゅーてぃー はにー
作者
ジャンル
ラブコメ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

男運の悪い一家に生まれ育った小日向二子は、恋愛に困難を感じる女子高生。ある日二子は担当の凄腕モテ系美容師である遠山馨に頼まれて、お店の広告専用のサロンモデルを引き受けることになる。馨と一緒に過ごす時間が増えるなか、調子よく近づいてくる馨に、二子は図らずもどんどんのめりこんでいってしまう。始終心乱されっぱなしの二子は、自分が彼に釣り合うようになったら正式に彼女にしてもらうべく、「彼女」のポストを予約するのだった。

登場人物・キャラクター

小日向 二子 (こひなた にこ)

小日向家の、近所で「慰謝料御殿」と噂されている豪邸で暮らす17歳の高校2年生。男運の悪い家系に生まれ育ち、恋愛の失敗ばかりを目の当たりにしてきたため、できることなら恋愛に心乱すことなく人生を送りたいと考えている。担当美容師の遠山馨に対してしだいに心惹かれていくが、恋愛初心者のため素直になれない部分がある。

遠山 馨 (とおやま かおる)

小日向二子を担当しているいわゆるカリスマ美容師。お調子者でつかみどころのない性格だが、カットの腕前は誰もが認めるレベルの高さ。美容師の魚南とは婚姻関係にあったが、離婚したためバツイチとなった。その頃から二子の魅力に惹かれ、美容師として後押しするようになる。

魚南 (なななん)

遠山馨の元妻。一見気品のある美女だが、会話の内容がいつも下ネタばかりのため、口を開くとえげつないと評されている。圧倒的な技術力の高さで定評のある美容室「HELENA」を経営しており、雑誌などでも活躍するカリスマ美容師。

小日向 零子 (こひなた れいこ)

小日向家の長女であり、小日向二子の姉。物静かながらも迫力のあるたたずまいの女性。高校教師で、27歳にして小学5年生の娘、小日向三妃を抱えたシングルマザーである。「慰謝料御殿」で小日向一家と生活をともにしている。

小日向 一子 (こひなた いちこ)

小日向家の次女であり、小日向二子の姉。19歳の時に結婚するも、離婚しバツイチとなり、現在は家族とともに「慰謝料御殿」で生活している。職業は板前で、25歳にして親方も認める腕前の持ち主。畑山法王とは中学時代に1日だけ付き合っていた元恋人同士である。

小日向 三妃 (こひなた みき)

小日向零子の娘で、小日向二子の姪。「鉄の小学生」「氷の小学生」の異名を持つ資格検定好きな小学5年生。ダメな恋愛を数々経験する家族の中で育ったせいで、必要以上に現実的なところがあり、子供らしくない部分が目立つ。

小日向 百代 (こひなた ももよ)

「慰謝料御殿」で暮らす小日向二子、小日向一子、小日向零子の母親。夫は遊び好きの大酒飲みで、借金のせいで2度籍を抜いた経緯があるため、48歳にしてバツ2である。なお、元夫は借金を返し終わったら会いに来ると言い残して出ていき、音信不通のまま現在に至っている。

小日向 千代 (こひなた ちよ)

小日向百代の母で、小日向二子を含む三姉妹の祖母。彼女たちとともに「慰謝料御殿」で暮らしている。柔道をするため道場に通っており、その強さから「仏の小日向」と呼ばれていた。17歳の時に45歳年上の男と縁談があり嫁ぐも、5年後に死別。その後2度の再婚を経て百代を出産するがやはり夫に先立たれ現在に至る。すべての夫と死別し、現在ではバツ3となっている。

伊堂 (いどう)

小日向零子が勤務している高校の男子生徒。遅刻欠席多数で、補導歴があり、手のかかる問題児。零子を「店長」と呼び間違えたことで、禁止されているアルバイトをしていることが明るみになってしまう。この事実を学校に知らせないことを条件に零子の補習を受けることを承諾し、彼女にしだいに心惹かれていく。

畑山 法王 (はたけやま のりお)

小日向一子が中学時代1日だけ付き合った元彼氏。サドっ気が強いため、当時のあだ名は「公爵」だった。現在は弁護士で、一人暮らしをしている。その忙しさゆえ、食事には気を遣わないことがほとんどで、もっぱらカップラーメンに頼る日々を送っている。

北野 (きたの)

小日向三妃のクラスメイトの男子。野球、サッカー、格闘ゲームが得意で、三妃とは対照的に実に小学生らしい。最初は三妃を敬遠するが、一緒に行動するうちに次第に心惹かれていく。

新田 (にった)

布団や掃除機などの生活用品から、ジュエリーまで取り扱う(株)ミラクル&リッチで訪問販売を行っている。人相が悪いため、この職種では苦労が絶えない。そんななかで小日向家に訪問するようになり、小日向百代の温かさに触れて惹かれていく。

酒田 貴嗣 (さかた たかし)

小日向千代の同級生。実家が写真館で、高校卒業後は家業を継いだが、報道写真を手掛けたことをきっかけに、紛争地域にも足を向けるようになる。千代に密かな想いを寄せているが、彼女の人生をそっと見守る。

椎原 (しいはら)

青山でも屈指の人気美容室「HELENA」に勤めることになった新人美容師。少女と見まごうような美少年で、はかなげに見えるが意外としっかりしていて、簡単にはへこたれない芯の強さを持っている。

千秋 (ちあき)

小日向二子とは中学時代から同じ学校に通う同級生の男子で、いわゆる腐れ縁。遠山馨のことで心が不安定になりやすい二子を、何かと近くで支える存在。ゴツイ外見とは裏腹に、韓流ドラマのファン。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo