ファイト一発!充電ちゃん!!

並行世界から元気のない人々を力づける「充電ちゃん」の活躍と、その裏に隠された世界の秘密を描く、セクシー風味のドラマチックコメディ。

正式名称
ファイト一発!充電ちゃん!!
ふりがな
ふぁいといっぱつ じゅうでんちゃん
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
ガムコミックスプラス(ワニブックス)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ライフ・コアと呼ばれる並行世界から、元気のない人間をリフレッシュする「充電ちゃん」。落ちこぼれの「充電ちゃん」ぷらぐは、近衛閃登との二人三脚で、人々の心を回復させてゆく。次第に閃登に惹かれてゆくぷらぐだが、依緒乃やアレスタレーカなど恋のライバルが続々現れる。一方、本来なら「充電ちゃん」になれない成績だったぷらぐが「充電ちゃん」になれたのは、ネオジム社社長・木戸類慈の隠された野望があったからであった。

登場人物・キャラクター

ぷらぐ・クライオスタット (ぷらぐくらいおすたっと)

ネオジム綜合充電社充電二課所属。ミスも多く半人前の「充電ちゃん」だが、同僚たちからは何故か愛される性格。髪型はセミロングで、ボタン電池状の髪留めを使用。頭には長いウサギの耳のように見えるコンセント端子状のアクセサリー。対象者に過剰に肩入れすることから、しばしば無茶な行動をとることがあり、一度は両手が炭化する程の充電をしたこともある。 他人を救うためには自己犠牲も厭わない性格。近衛閃登と出会ってから仕事に対する姿勢も変わり、成績も向上。閃登を巡るライバルでもある、アレスタとコンビを組むようになった後は、彼女の意識をも変えてゆく。サマリウム・コバルト社への出向を希望し、ネオジム社とは異なる環境で挫折しそうになるが、人間的に一回り大きくなって社に戻ってくる。 しかし木戸によりプラセオジムのコアの代替候補として選ばれ、世界を救うためと説得されるが拒否。プラセオジムの停止後に残った電力で閃登をパラレルに送り返し、結ばれる。両親はネオジム社の社員だったが、他のフロアでの事故により死亡。 両親や大人たちが次々と死んでゆく中、ぷらぐのみ生き残るという凄惨な過去を持つ。

近衛 閃登 (このえ せんと)

バンドをやるなど平凡な大学生。性格は一本気で筋を通す。本来ならステルス機能により見えない「充電ちゃん」たちを、見たり触れたりすることが出来る特殊な能力を持つ。バットなど持っている物も通過せずに接触することができる。ただし、閃登が持てるような大きさで、身体に接触していないとだめ。 また要充電対象者を機械を使わずに識別することもできる。インバーによりライフ・コアへと転送された際には、超人的な再生・回復能力を得る。ぷらぐが妹に充電したことで、ぷらぐの充電仕事を手伝うようになり、ライフ・コアと「充電ちゃん」たちを巡る騒動に巻き込まれる。何事にも動じない性格で突然バットで殴るなど女性といえども容赦はないが、アレスタに告白された後は、どうにも殴れなくなってしまう。

近衛 栄司 (このえ えいじ)

近衛閃登と近衛はこねの父。仕事の虫で妻が病死した際にも忙しくて立ち会えず、以来家族と距離感を持ったままだった。一時は衝動的な自殺もしそうになっていたが、ぷらぐの充電により復帰。閃登やはこねとの絆を深めようとしている。

近衛 はこね (このえ はこね)

近衛閃登の妹。母親亡きあと、家事を一人でこなしている兄に負い目があり、一時期ぎくしゃくした関係になった。閃登のことが大好きなブラコン。閃登ほどではないが、「充電ちゃん」を感じることができる特殊な能力を持つ。中等部からのエスカレーター式で高校生になる。ぷらぐが送った、無くなった母からのメールの一件以来、オカルトを信じるようになる。

朝永 依緒乃 (ともなが いおの)

近衛はこねの友人。学校では生徒会の会計を務める。近衛閃登のことが好き。

アレスタ・ブランケット (あれすたぶらんけっと)

ぷらぐの同僚。眼鏡着用の巨乳。ネオジム綜合充電社充電二課所属。ぷらぐとは正反対のクールな「充電ちゃん」。特にハッキング能力は高く、ハッカー・トーナメントでも連続世界第1位となったこともあり、インバーより技術は上。さらに若い頃にはあちこちハッキングをして回るなど悪さをしていたため、摘発されないようダミーの部屋を用意するなど周到なところもある。 ぷらぐに対してはきつく当たるS気質だが、近衛閃登にバットで殴られたことを切っ掛けにM属性が目覚め、一目ぼれ。閃登と会うためにぷらぐとコンビを組むことになる。木戸がパラレルに戻った後はネオジム社の社長となり、プラセオジム無き後の再建に奮闘する。

レーカ・ガルヴァーニ (れーかがるゔぁーに)

ネオジム綜合充電社監査室特務部所属で、社の技術漏えいを防ぐ「漏電ちゃん」。クランの先輩で巨乳。髪型は縦ロールだが、実はストレートで毎日カールさせている。後にインバーの後任で室長となる。近衛閃登のことを弟のように思っており、パラレルに戻る際は思わず抱きしめるなど意外に情熱的。

クラン・シャント (くらんしゃんと)

ネオジム綜合充電社監査室特務部所属。レーカの後輩で巨乳。髪型はポニーテール。目は細く糸目だが、しばしば見開く時がある。

インバー

ネオジム綜合充電社監査室室長。女性っぽい言葉を使うレーカたちの上司。度々充電に失敗するぷらぐを見て、その不祥事の多さから漏電分を密売し着服していた。しかし近衛閃登やアレスタと出会ってからは失敗することも減り、インバー自身の密売が目立つようになり、ぷらぐとその関係者に罪を被せて処分しようとするが失敗。 一度は逮捕されるがその後は秘密裏に暗殺された模様。ハッカー・トーナメント5年連続世界第2位。夫婦仲はよくないらしい。

リーク

監査室の新入社員でインバーの愛人。社内に監視カメラを仕掛けるが、特務部のレーカにより見破られる。電力の密売をし、その責任をぷらぐたちに押し付けるというインバーの謀略に加担していたが、途中で逃亡し内部告発して事実を暴露する。

木戸 類慈 (きど るいじ)

泪の兄で、妹が大好きなシスコン。科学者としての才能はあるが、どこか子供っぽいところがある。ネオジム綜合充電社代表取締役社長。西暦2198年に電気を精製して人間の気力を回復するという理論を開発するが、実験は妨害され装置が爆発。600年前のライフ・コアへと転送されてきた地球人。 以降電力不足の世界を救うため、太陽電池などを開発し、最終的にプラセオジムによる生体発電に辿り着く。瞳の白目部分が黒いなど一部「変異」の影響で特異な相貌を持つが、一番の影響は不老となったこと。ネオジム社を設立し、生体発電因子を持つぷらぐに注目して社に残すよう命じた。ぷらぐを妹・泪の替わりにプラセオジムのコアとして使用しようとするが、ぷらぐと泪の拒否によりプラセオジムは停止。 妹の死後、近衛閃登と共に再び元の世界に戻り、近衛家に居候しているが、なかなか働こうとしなかった。

場所

ライフ・コア (らいふこあ)

『ファイト一発! 充電ちゃん!!』に登場する架空の世界。ぷらぐたちの住む並行世界。近衛閃登たちのいる人間世界は「パラレル」と呼ばれる。同一座標上に存在する位相の異なる別空間。過去に起きた原発事故のため、北半球を放棄し南半球に移住して生活している。赤道付近の気流をコントロールして放射性物質が南下しないように喰いとめているが、脱原子力発電のため、電気の供給は十分とは言えず、度々断電が起きている。 しかしネオジム社は世界の7割を超える電力を供給する最大手の発電会社であり、プラセオジムと呼ばれる巨大発電施設を持つ。位相転移や充電などでふんだんに電力を使っている。

その他キーワード

リフレッシャー

コンセントプラグを差し込むことで、人間の魂に生気を打ちこむ装置。文字通りコンセントのような形をしており、ネオジム社では、電柱のトランスや変電所などの送電設備からエネルギーを取り込み、人間に充電する。充電の際にはインシュレイター・スーツを着用し、尻部のアースを地面に刺す。 サマリウム・コバルト社ではケーブルを使わず充電拠点から数回分の電力を人力で運ぶという手段をとる。

インシュレイター・スーツ (いんしゅれいたーすーつ)

「充電ちゃん」がリフレッシャーを使って充電をする際に着用する。絶縁体で作られ、身体に密着するために身体の線が出てしまう。尻部からは尻尾状のアースが伸びており、これを設置させないと感電することもある。

位相転移 (いそうてんい)

『ファイト一発! 充電ちゃん!!』で使われる技術。並行世界間の移動に使用する。実際には量子変換が行われており、ライフ・コアからパラレル(人間世界)への転送時に身体の一部が変質することがある。具体的には空を飛べるようになったり、ステルス化などの能力を会得するが、ライフ・コアへの再変換時に元に戻るため、パラレルのみで仕える特殊能力という認識である。

充電ちゃん (じゅうでんちゃん)

『ファイト一発! 充電ちゃん!!』に登場する役職。ネオジム綜合充電社やサマリウム・コバルト社による、生命力の低下したパラレル住人への回復行為を行う者の通称。インシュレイター・スーツを着用の上、リフレッシャーで電力を生命力に変換して対象に注入する。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo