フランケン・ふらん

フランケン・ふらん

人知を超えた医療技術を持つ人造人間・斑木ふらん。敬愛する制作者・斑木博士の教えに基づき、人々の悩みを手術で解決しようとするが、倫理観の欠如から悲惨な結果を招くのだった。ブラックジョーク的なムードを持つ、医療猟奇コメディ漫画。

概要

斑木ふらんは、斑木博士に作られた人造人間。斑木博士研究所を悪人達から守りつつ、手術によって人々の悩みを解決しようとする。しかし、彼女は一般常識と倫理観に欠けているため、その患者は悲惨な結末を迎えてしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

高校生位の少女に見えるが、実際の年齢は不明。斑木博士の研究所に住み、留守を守っている。一見すると普通の少女だが、実は斑木博士に作られた人造人間。頭に巨大なネジが埋め込まれている、予備の腕が生えている、... 関連ページ:斑木 ふらん

年齢不詳の男性で、本名は斑木直光。人知を超えた生化学技術を有する生物学者である。斑木ふらんやヴェロニカといった人造人間や、ガブリールのような生物兵器、さらには様々な人工生物すら作り出すことが可能。戦争... 関連ページ:斑木博士

年齢不詳の少女。戦闘用の人造人間で、斑木博士が自分を護衛させるために作った。常に黒い帽子を被り、顔には×字型の縫い目が走っている。斑木ふらんの後に製造された、妹にあたる存在。赤外線や高周波を感知する能... 関連ページ:ヴェロニカ

年齢不詳の女性。斑木博士が手がけた生物兵器で、斑木ふらんやヴェロニカより前に作られたため姉に相当する。略奪集団を率いるリーダーで、優れた統率力と高い戦闘能力を誇る、残虐で粗暴な人物。斑木博士の研究所を... 関連ページ:ガブリール

猫の身体に端正な青年の頭を持つ人面猫で、斑木ふらんと行動を共にする。元々は人間だったが、猫じゃらしや雌猫に反応してしまうなど、猫としての生理には逆らえない。涙もろく情に流されやすい斑木ふらんとは対照的... 関連ページ:沖田

年齢不詳の女性で、全身に包帯を巻いたミイラのような姿をしている。かつては臓器を奪われて死んだ若い女性だったが、斑木博士に助けられ、自由に臓器を着脱できる肉体となって甦った。復活後は移植用の臓器を体内に... 関連ページ:アドレア

小柄な老人男性。斑木博士の友人で、かつて行われた戦争でも行動を共にしていた。斑木博士が手がけたガブリールの身体をメンテナンスできる技術力を持ち、様々な組織から狙われている。しかし、その実力は斑木博士に... 関連ページ:天使博士

将来を嘱望される女性刑事。出世が約束されたキャリア組だが、市民を守るため積極的に捜査活動を行う。斑木ふらんによって、10km四方のフェロモンを感知する能力を付与されたばかりか、敵をためらわずに殺す処刑... 関連ページ:久宝 るみ子

成人男性。改造人間で、センチネル一号とも呼ばれる。正体は東堂タケシという選手生命を絶たれた陸上選手で、一度は斑木ふらんの治療で競技復帰するも、悪質な人体改造と見なされて迫害されてしまう。その後、復讐の... 関連ページ:センチネル仮面

成人男性。改造人間で本名は十文字という。センチネル仮面に助けられたことから、彼のようなヒーローになりたいと切望するように。斑木ふらんの改造手術を受けて、通常人を越える身体能力を手に入れた。戦いを求めな... 関連ページ:センチネル二号

改造人間で、本名は風切支郎という。VⅢはVENGEANCE IIIの略。センチネル仮面とセンチネル二号に母親と妹を殺されたことから、彼らへの復讐を誓う。同じような境遇の人々から支援を受け、自ら志願して... 関連ページ:センチネルVIII

本名は結城丈太郎といい、センチネル四号とも。正義感の強い人物で、ブラックロータスの怪人に生身で立ち向かったことからセンチネルVIIIに見いだされた。斑木ふらんによって再生用幹細胞のタンクを右腕に移植さ... 関連ページ:センチネルマン

集団・組織

ブラックロータス

『フランケン・ふらん』に登場する組織。奇怪な姿をした怪人や戦闘員たちを擁し、世界各国に支部を持つ。悪の組織を自称しているが、その活動は砂漠の緑化や人道支援、生活インフラの整備など、人々の役に立つものば... 関連ページ:ブラックロータス

場所

研究所

『フランケン・ふらん』に登場する施設。斑木研究所とも。斑木博士が設立した研究所で、人里離れた深い森の中に存在。斑木ふらん・ヴェロニカらの住居であると同時に、様々な研究開発を行うラボでもあり、さらに患者... 関連ページ:研究所

SHARE
EC
Amazon
logo