ボーイフレンド

類まれなバスケの才能をもつ高校2年生の高刀柾と、2歳年上で病弱なクラスメイト、結城可奈子が織りなすピュアで切ない恋愛物語。シリアスな場面で、吹き出すような笑いを上手に織り交ぜ、思春期の揺れ動く心情を繊細に描いた長編。第33回小学館漫画賞少女部門受賞。惣領冬実の代表作。

概要・あらすじ

中学時代、バスケ全国大会優勝経験を持つ高刀柾。父を見返すため、バスケを辞めて有名進学校に入学するが、傷害事件を起こして退学になってしまう。転入した若葉台東高校に通学中、電車で酔っ払いに絡まれたクラスメイトの結城可奈子を助ける。それがきっかけとなって二人はお互いのことが気になりはじめる。そんな中、可奈子の幼なじみで、陵北高校をバスケの強豪校にした仲津川荘が体育教師として赴任してくる。

高刀の才能とバスケをしたいという本音に気付いていた仲津川は、高刀をバスケ部に入部させ、キャプテンに任命する。

登場人物・キャラクター

高刀 柾

『ボーイフレンド 』の主人公のひとり。若葉台東高校に通う高校2年生。2年生ながらバスケ部のキャプテンを務める。4人兄弟。高刀家の三男。中学時代、バスケ全国大会優勝経験者。瞬発力や柔軟性、頭の回転の速さなど、バスケ選手としての才能は申し分ない。負けず嫌いで攻撃的なため、味方にも敵を作ってしまうタイプ。ストレートな表現で、よくキツいことを言ってしまう。 お互いに不器用なため、父親とはよく衝突する。父を見返すため、高校は有名進学校に入学するが、傷害事件を起こし、退学に。その後若葉台東高校に転入してきた。背が高く、ハンサムで女子のファン多数。結城可奈子と付き合っていくうちに人間的にも成長していく。

結城 可奈子

『ボーイフレンド 』の主人公のひとり。若葉台東高校に通う高校2年生。高刀柾のクラスメイト。心臓に先天的な疾患があり、緊張や激しい運動で発作を起こす。入退院を繰り返し、クラスメイトより2年遅れの19歳。ふわふわなくせ毛で、髪の長さは腰まである。優しく美人で嫌味がない。男子からも女子からも好かれ、頼られている。 人が良く、周りに常に気を使う。赴任してきた体育教師・仲津川荘は幼なじみで、初恋の相手。6年前、姉を交通事故で亡くし、何でも持っていた姉に嫉妬し、いなくなればいいと思ってしまった自分を悔やんでいる。高刀柾と相思相愛になり、しだいに自分らしさを取り戻す。戸川亜季の誘いで男子バスケ部のサブマネージャーになる。

仲津川 荘

若葉台東高校に赴任してきた体育教師。大学1年の時にバスケットの全日本チームに選ばれ活躍する。その後、アキレス腱を切り、選手を断念。大学卒業後、バスケの指導者として陵北高校を春夏全国優勝させた。結城可奈子とは幼なじみ。可奈子の姉の乃里子と付き合っていたが、乃里子は6年前、交通事故で死んでしまう。 病弱な可奈子の面倒をみたいと若葉台東高校に赴任し、卒業したら結婚したいと可奈子の両親に伝える。バスケを断ち切るつもりで選んだ高校だったが、類まれな才能を持ち、自分のプレイスタイルにも似ている高刀柾に出会い、インターハイ出場を目指す。

曽笛 亜樹良

陵北高校2年生。バスケ部のエース。コーチだった仲津川荘を尊敬している。高刀柾の最大のライバルで水と油。会うたびに衝突している。アメリカ人の母と日本人の父のもとに生まれたハーフ。髪の色素は薄く、骨格も日本人には見えない。中学までアメリカで暮らしていたため、バスケは本場仕込み。 派手で目立つのが好き。わがままな自信家でスター性もある。父が結城可奈子の主治医で、入院していた可奈子と知り合う。3歳の時に実母を亡くし、父が日本女性と再婚したため、日本語は上手。実母が死んだときに男性と一緒だったことや、父がすぐ再婚したことで、男女の恋愛が信じられない。女遊びはしても、本気で好きになったことはない。

林野 まみ

若葉台東高校の2年生。女子バスケ部。ショートカットで元気な女の子。人懐っこく、素直な感情表現をする。高刀柾が好きで告白するが、「好きな子がいる」という理由で振られてしまう。それでも諦めず、高刀に迫ったり、嫌われるような発言をして印象付けようとする。群れをなす連中が大嫌い。 かわいさとなれなれしさをはき違え、一部の女子に嫌われるタイプ。

結城 乃里子

故人。結城可奈子の姉。仲津川荘とは幼なじみで恋人だった。可奈子が荘のことを好きだと気付いており、心を痛めていた。活発で明るく、サバサバしていて、優しい女性。可奈子に八つ当たりされ、壊れてしまった人形を買いに行った際に交通事故に巻き込まれ、死んでしまう。

古賀

高刀柾のクラスメイトで友人。若葉台東高校の2年生。バスケ部。弱小だったバスケ部の廃部を免れるため、明和学園との練習試合に出て欲しいと高刀に頼む。高刀のバスケの才能に嫉妬し、本人に伝えてしまうが、自分のひがみだったと反省する。細かい気配りができる人物で、高刀のフォロー役。

戸川 亜季

結城可奈子の友人でクラスメイト。若葉台東高校の2年生。サバサバした性格で、しっかり者。高刀柾に頼まれ、男子バスケ部のマネージャーになる。兄と弟がいるため、合宿の時、パンツ姿で寝ている男子を見ても驚かない。掃除当番をしろと高刀柾を叱りつけ、言いたいことをスバスバ言う。

高刀 正彦

4人兄弟。高刀家の四男。左利き。眼鏡をかけている。周りに気をつかうませた小学生。父親とぶつかる兄の柾を「社会に出たら損をするタイプ」と冷静に分析する。母が父とケンカして家を出て行った時、平静を装っていたが、実は心細く、帰ってきた時には大泣きする。

高刀 正雄

4人兄弟。高刀家の次男。大学生。高刀柾より4歳年上で外見は良く似ている。眼鏡をかけ、タバコも吸う。察しが良く、また要領もいい。弟の柾や正彦の面倒を良く見ている。

高刀 正

4人兄弟。高刀家の長男。オールバックで、眼鏡をかけている。社会人。真面目で、家庭内のいさかいを見ていると胃が痛くなる。子供のように食べ物の好き嫌いが多い。婚約者の田中美智子を親に紹介しようとするが、激しい親子ゲンカの現場を見られ、破談しかける。

羽生 恵

若葉台東高校の3年生。女子バスケ部のキャプテン。弱小の男子部をバカにしており、「対外試合に勝ったらコートの使用権を譲ってもいい」と男子部コーチの仲津川荘の挑発にのってしまう。負けず嫌いで、気が強い。仲津川荘のことが気になり、好きになっていく。

尾木 透

若葉台東高校バスケ部の一年生。アイドルのようなかわいらしい風貌。人が良く、自分を抑えてしまうタイプ。高刀柾のプレイに憧れて、バスケ部に入部する。一瞬の判断力が良く、一年ながらレギュラーに選ばれる。高刀と付き合う前から結城可奈子のことを好きだったが、結局何もできなかった。 その後、一途に高刀を思う林野まみが気になり始める。

集団・組織

若葉台東高校

主人公の高刀柾と結城可奈子が通う高校。進学校で、運動部にはあまり力を入れていない。赴任してきた体育教師の仲津川荘が男子バスケ部コーチを務める。

陵北高校

『ボーイフレンド 』に出てくる高校。神奈川の男子校。近年、強くなったバスケットボールの強豪校。米軍キャンプが近く、外国人相手に練習試合をしている。全国大会で春夏制覇しており、その時、仲津川荘がコーチを務めていた。自由な校風。曽笛亜樹良が通っている学校。

アニメ

ボーイフレンド

天才的な個人技で中学校のバスケットボール部を全国優勝に導きながら、入った高校をドロップアウトし、親のコネで別の高校に編入していた高刀柾。バスケットボールを捨て、荒れた学校生活を送っていた高刀柾は、心臓... 関連ページ:ボーイフレンド

書誌情報

ボーイフレンド 全10巻 小学館〈フラワーコミックス〉 完結

第1巻

(1985年12月発行、 978-4091321619)

第2巻

(1986年2月発行、 978-4091321626)

第3巻

(1986年8月発行、 978-4091321633)

第4巻

(1986年11月発行、 978-4091321640)

第5巻

(1987年2月発行、 978-4091321657)

第6巻

(1987年6月発行、 978-4091321664)

第7巻

(1987年9月発行、 978-4091321671)

第8巻

(1988年1月発行、 978-4091321688)

第9巻

(1988年4月発行、 978-4091321695)

第10巻

(1988年5月発行、 978-4091321701)

ボーイフレンド 全6巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(1995年1月発行、 978-4091910219)

第2巻

(1995年1月発行、 978-4091910226)

第3巻

(1995年1月発行、 978-4091910233)

第4巻

(1995年1月発行、 978-4091910240)

第5巻

(1995年1月発行、 978-4091910257)

第6巻

(1995年1月発行、 978-4091910264)

ボーイフレンド 全6巻 講談社〈講談社コミックスフレンドB〉 完結

第1巻

(1997年10月発行、 978-4063030792)

第2巻

(1997年10月発行、 978-4063030808)

第3巻

(1997年11月発行、 978-4063030815)

第4巻

(1997年11月発行、 978-4063030822)

第5巻

(1997年12月発行、 978-4063030839)

第6巻

(1997年12月発行、 978-4063030846)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo