楓パープル

楓パープル

北高のバスケ部エースの流川楓と、同校の不良たちの争いを描いたギャグテイストの青春物語。井上雄彦のデビュー作であり、のちの代表作『SLAM DUNK』の原点でもある。

概要

北高の番長赤木に絡まれていた女子高生のあやを、バスケットボール部主将の流川楓が偶然にも助けてしまう。その腹いせに流川が所属するバスケ部に赤木が殴り込みをかけるが、流川の発言により毒気を抜かれその場は退散。しかし、腹の虫の収まらない赤木は、バスケ部の試合に乱入、流川の相手チームを乗っ取り、バスケ勝負を挑む。

登場人物・キャラクター

主人公

北高バスケットボール部の主将にしてエース。卓越した技術を持ち、また顔も整っている為にファンも多い。一見冷めた性格をしているが、バスケットボールへの情熱は人一倍強く、バスケを侮辱することを許さない。喧嘩... 関連ページ:流川 楓

あや

北高に通う一年。熱しやすく冷めやすい性格をしており、最初は赤木に惚れているも、すぐに幻滅し拒絶。その後は流川楓に思いを寄せるようになる。

赤木

北高の番長。バンカラを気取りっているものの、その実は欲望に正直な高校三年生。中学時代はバスケットボール部のエースで、名門高校から特待生の声が掛かっていたが、流川楓の前に敗れたために取り消し、以降やさぐれて不良となっていた。あやに強引に迫っていた所、流川に阻止されたのをきっかけに、復讐を目論む。

小暮

北高の元バスケットボール主将。引退後も流川楓の事を気にし、部活に顔を出している。赤木とは中学の同級生であり、バスケットボール部のチームメイトだった。

SHARE
EC
Amazon
logo