ポーの一族

ポーの一族

19世紀のイギリス、バンパネラの一家が新しい仲間を増やすため、ある町を訪れた。そのうちの一人エドガー・ポーツネルはアラン・トワイライトを仲間にするため、学校に転入する。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ4作目にして、シリーズの表題作。

概要

19世紀のイギリス、人間の生気を吸って生きる不老の一族バンパネラの一家が新しい仲間を増やすため、ある町を訪れた。そのうちの一人エドガー・ポーツネルは馬場で行き会った少年アラン・トワイライトを仲間にするため、セント・ウィンザーに転入する。だがジャン・クリフォードエドガーの母シーラがバンパネラであることを知られてしまい、一家は追い詰められていく。

登場人物・キャラクター

エドガー・ポーツネル

バンパネラの少年で、外見は14歳。養父母であるフランク・ポーツネル、シーラ・ポーツネル、妹のメリーベル・ポーツネルと共にポーの村から町へ出てきた。馬場で怪我をしたアラン・トワイライトを助け、彼に興味を持つ。

メリーベル・ポーツネル

エドガー・ポーツネルの妹。体の弱いバンパネラの少女。

アラン・トワイライト

町の顔役である貿易商の跡取り息子で、セント・ウィンザーの生徒や町の人びとに大きな影響力を持っている少年。だが既に父は亡くなり、叔父に財産管理をされ、ゆくゆくは従姉妹のマーゴットとの結婚を望まれている。昔亡くなった婚約者に良く似たメリーベルに恋をする。

ジャン・クリフォード

プレイボーイな青年医師。ジェインという婚約者がいるが、彼女そっちのけで遊んでいる。シーラに恋心を抱くが、同時にポーツネル家の人びとに対する疑惑も持つ。

シーラ・ポーツネル

エドガーとメリーベルの養母。フランクの妻。バンパネラの女性。ジャン・クリフォードをバンパネラの仲間に加えるため、彼を誘惑する。また、クリフォードの婚約者ジェインも気に入っており、彼女への接近を図る。

フランク・ポーツネル

エドガーとメリーベルの養父。シーラの夫。バンパネラの男性。家族と共に、新たにバンパネラの仲間を増やすため町にやってきた。自分たちの正体が決して暴かれることのないよう、エドガーには特に厳しく接している。

レイチェル

アランの母親。体が弱く、ベッドから離れられない生活をしている。アランを心から心配している様子を見せるが、夫亡き後、財産管理のために家に入ってきた夫の弟と男女関係にある模様。

マーゴット

アランの従姉妹。16歳。アランの父が残した財産を手に入れるため叔父がむりやりアランと結婚させようとしている。本人は年下のアランのことを「チビ」とバカにしており、歯牙にもかけていない。

ジェイン

クリフォードの婚約者。自分の地味な容姿を気にしており、クリフォードの浮気を仕方のないものと考えている。シーラに気に入られる。

書誌情報

ポーの一族 全3巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(1998年8月発行、 978-4091912510)

第2巻

(1998年8月発行、 978-4091912527)

第3巻

(1998年8月発行、 978-4091912534)

ポーの一族 全3巻 小学館〈フラワーコミックススペシャル〉 完結

第巻

(2017年7月10日発行、 978-4091395603)

第1巻

(2007年12月発行、 978-4091312198)

第2巻

(2007年12月発行、 978-4091312204)

SHARE
EC
Amazon
logo