「ポーの一族」シリーズ

「ポーの一族」シリーズ

永遠の時を生きる吸血鬼の一族となった少年と、彼が巡り合う人間たちの運命を描いた物語。

正式名称
「ポーの一族」シリーズ
ふりがな
ぽーのいちぞくしりーず
作者
ジャンル
その他ホラー・オカルト
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

18世紀から20世紀のイギリスとドイツを舞台に、永遠の時を生きるバンパネラの一族となった少年エドガー・ポーツネルを中心に、彼が巡り合う人間たちとの運命の交錯を叙情的に描いた物語。14本の中短編で構成されている。萩尾望都はインタビューで、石ノ森章太郎の作品『きりとばらとほしと』の吸血鬼の設定をヒントに構想を広げたと語っている。

第21回小学館漫画賞少年少女部門受賞。

登場人物・キャラクター

エドガー・ポーツネル

18世紀のイギリスで、ある伯爵家の元に生まれるが妹メリーベル共々捨てられ、バンパネラの一族に拾われる。14歳の時に一族に加えられ、その姿のまま生き続けている。

集団・組織

バンパネラ

「ポーの一族」シリーズに登場する不老不死の一族。吸血鬼と似た性質を持っているが、本人たちは同一視されることを良く思ってはいない節があり、「ポーの一族」と名乗っている。バラや人間の生気を吸って生きる。大人のバンパネラは克服しているが、年少のエドガーやメリーベルは十字架、聖書の言葉などを苦手としている様子。 鏡に映らないため、特殊能力で意識して映し出すようにしている。

関連

すきとおった銀の髪 (すきとおったぎんのかみ)

不老の少女に恋をした男の物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ1作目にあたる短編作品。 関連ページ:すきとおった銀の髪

ポーの村 (ぽーのむら)

永遠の時を生きる吸血鬼の村に迷い込んでしまった男の物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ2作目。 関連ページ:ポーの村

グレンスミスの日記 (ぐれんすみすのにっき)

吸血鬼について書かれた亡き父の日記を持ってイギリスからドイツへと嫁いだ女性の物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ3作目。 関連ページ:グレンスミスの日記

ポーの一族 (ぽーのいちぞく)

萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ4作目にして、シリーズの表題作。19世紀のイギリス、バンパネラの一家が新しい仲間を増やすため、ある町を訪れた。そのうちの一人エドガー・ポーツネルはアラン・トワイライトを... 関連ページ:ポーの一族

メリーベルと銀のばら (めりーべるとぎんのばら)

18世紀のイギリスを舞台に、バンパネラの一族に拾われた捨て子の兄妹がその一族となるまでを描いた物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ5作目。 関連ページ:メリーベルと銀のばら

小鳥の巣 (ことりのす)

バンパネラの少年エドガ・ーポーツネルとアラン・トワイライトが西ドイツのガブリエル・スイス・ギムナジウムに転入。謎めいた彼らの行動によって悲劇が起きる。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ6作目。 関連ページ:小鳥の巣

エヴァンズの遺書 (えゔぁんずのいしょ)

19世紀のイギリス、記憶喪失になってしまったバンパネラの少年エドガー・ポーツネルは、彼が人間だった時の兄オズワルド・オー・エヴァンズの子孫に保護される。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ7作目。 関連ページ:エヴァンズの遺書

ペニー・レイン (ぺにー れいん)

バンパネラの少年エドガー・ポーツネルは、自らの血を与えたアラン・トワイライトがバンパネラとなって蘇るのを待つため、かつて滞在していた館へ向かっていた。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ8作目。時系列とし... 関連ページ:ペニー・レイン

リデル・森の中 (りでる もりのなか)

永遠の時を生きる吸血鬼の少年に育てられた女性の物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ9作目。 関連ページ:リデル・森の中

ランプトンは語る (らんぷとんはかたる)

若き日にバンパネラの少年エドガーとアランに出会った老人ジョン・オービン卿は、同じようにエドガーとアランに出会った人々を集め、彼らの思い出を証言させる。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ10作目。 関連ページ:ランプトンは語る

ピカデリー7時 (ぴかでりーしちじ)

吸血鬼の少年たちが殺人・失踪事件を追う物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ11作目。 関連ページ:ピカデリー7時

はるかな国の花や小鳥 (はるかなくにのはなやことり)

永遠の時を生きる吸血鬼の少年が、影のある女性に惹かれていく物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ12作目。 関連ページ:はるかな国の花や小鳥

ホームズの帽子 (ほーむずのぼうし)

怪奇現象や魔物の研究に傾倒していた男が、本物の吸血鬼に出会ってしまう物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ13作目。 関連ページ:ホームズの帽子

一週間 (いっしゅうかん)

一週間独りで過ごすことになった吸血鬼の少年が普通の人間の振りをして女の子たちと楽しく過ごす物語。萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ14作目。 関連ページ:一週間

エディス

萩尾望都の「ポーの一族」シリーズ15作目にして完結作。時系列はシリーズ10作目『ランプトンは語る』の約10年後にあたる。バンパネラの少年エドガー・ポーツネルとアラン・トワイライトは、ロンドンでエドガー... 関連ページ:エディス

ポーの一族 ~春の夢~ (ぽーのいちぞく はるのゆめ)

新世紀「ポーの一族」シリーズ第1弾。40年ぶりの新作となる。吸血鬼のエドガー・ポーツネル達との出会いから、大きな人生の転換を迎えたユダヤ人の少女、ブランカの運命を切なく描いたファンタジー。前作では語ら... 関連ページ:ポーの一族 ~春の夢~

ポーの一族 ユニコーン (ぽーのいちぞく ゆにこーん)

2016年のドイツのミュンヘン。1976年に起きた火災で消息を断っていたエドガー・ポーツネルが再びその姿を現した。ほとんど炭と化したアラン・トワイライトを元の姿に戻すため、エドガーは、大老(キング)ポ... 関連ページ:ポーの一族 ユニコーン

ポーの一族 秘密の花園 (ぽーのいちぞく ひみつのはなぞの)

1888年、イギリス・レスター郊外。駅に向かう途中で、エドガー・ポーツネルとアラン・トワイライトは馬車から転落してしまう。助けを求めてたどり着いた館で、エドガーは、画家のアーサー・トマス・クエントン卿... 関連ページ:ポーの一族 秘密の花園

SHARE
EC
Amazon
logo