マグダラ修道会

マグダラ修道会

登場作品
クロノクルセイド(漫画)
正式名称
マグダラ修道会
ふりがな
まぐだらしゅうどうかい
関連商品
Amazon 楽天

概要

悪魔や化け物など、さまざまな超自然現象による被害を防ぐための組織。本部はニューヨークに存在し、各地に支部を作りアメリカ全土の超自然現象と日夜戦っている。組織の発端は宗教改革の時代の魔女狩りに起因するため、プロテスタント系キリスト教教団の影響を色濃く残しており、シスターや牧師が多数所属している。各方面への強い影響力を持ち、悪魔や悪霊によってもたらされた被害の後始末を行ったり、福音弾など独自の装備を制作したりしている。また、修道会に所属する悪魔祓い(エクソシスツ)には実力に応じて階級(クラス)を設定しており、上から1ST(ファースト)「修道騎士(ミリティア)」、2ND(セカンド)「修練士(ノービス)」となっている。各地の支部にはエドワード=ハミルトンのように「長老(エルダー)」と呼ばれる役割を持つ者が存在し、修道会の意思決定に大きな影響を与えている。最終決戦では魔界が目覚めた際の余波で起きた津波でニューヨーク本部は壊滅。復活した魔界に対抗するため、ケイト・ヴァレンタインが結界船メタトロンで各地の戦力を率いてロゼット=クリストファクロノの援護を行った。

登場作品

クロノクルセイド

近代アメリカを舞台としたマグダラ修道会と悪霊や悪魔たちとの戦いを描いた森山大輔の漫画デビュー作。序盤のスチームパンク風世界観から、地球存亡にかかわるサイバーパンクな悪魔同士の戦いへと発展していく。 関連ページ:クロノクルセイド

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
クロノクルセイド
logo