マジンガーエンジェル

マジンガーエンジェル

永井豪による巨大ロボットアクション漫画『マジンガーZ』の系譜に連なる作品に、登場したヒロインたちを主軸に据えたスピンオフ作品。作品の枠を超えた、ヒロインたちの戦いが描かれる。原作は永井豪。

正式名称
マジンガーエンジェル
原作者
永井 豪
作者
ジャンル
ロボット
レーベル
マガジンZKC(講談社)
巻数
全4巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ある夜、町の銀行のATMが、何者かによって盗まれる事件が発生。次の日、3人の女性の携帯に、一斉に連絡が入る。戦闘服に着替えた彼女たちが向かったのは、巨大ロボットの格納庫だった。普通の女性に見える彼女たちの正体は、悪をこらしめるために戦う謎の集団・マジンガーエンジェルだった。

登場人物・キャラクター

弓 さやか (ゆみ さやか)

ごく普通の女子高生。普段は高校に通っているが、裏ではアフロダイAに搭乗し、マジンガーエンジェルの1人として活躍している。マジンガーエンジェルではリーダー的存在で、癖の強い他のメンバーをまとめ上げている。高校では、多くの男子に好意を持たれているが、本人はまったく興味がない様子。

炎 ジュン (ほのお じゅん)

マジンガーエンジェルの1人。ビューナスAを操る。マジンガーエンジェルは最年長の女性。普段は、さまざまなアルバイトをしながら生活している。メンバー中で一番の身体能力を持ち、生身での戦闘でも男性に引けを取らない。またプロポーションも抜群で、女性が突如行方不明になる事件が起きた際には、おとり役になって活躍する。炎桜子と同じ孤児院で育った。

牧葉 ひかる (まきば ひかる)

マジンガーエンジェルの1人。ダイアナンAを操る。機械に関する知識が豊富な女子高生。運動は苦手だが、その知識によって仲間をサポートしている。「大介」という犬を飼っている。この犬がきっかけで、後にマジンガーエンジェルのメンバーになるマリア・フリードと出会う。

マリア・フリード (まりあふりーど)

マジンガーエンジェルの1人。ミネルバXを操る。超能力を持つ少女。人付き合いが苦手で、愛犬の「デューク」だけが唯一の友達だった。「デューク」が牧場ひかるの飼い犬である「大介」と仲良くなったことをきっかけに、ひかると友人となった。その後不慮の事故により「デューク」がケガをしたため、その原因となったマジンガーエンジェルを憎んで一時は敵対する。 ひかるの説得によって誤解を解き、マジンガーエンジェルのメンバーとして加わる。

炎 桜子 (ほのお さくらこ)

先代のマジンガーエンジェル。ファイアービューナスを操る女性。男性顔負けの筋肉を持ち、その力をもって数々の敵を倒してきた。マジンガーエンジェルに修行を課して鍛え直し、マリア・フリードには、ミネルバXの真の力を引き出すための秘訣を教える。炎ジュンとは同じ孤児院で育っている。当時は「姉さん」と呼ばれ慕われていたが、現在はあまり仲が良くない様子。

如月 ハニー (きさらぎ はにー)

伝説のマジンガーエンジェル。ハート型のブーメランを扱って戦う女性。初登場時には牧場ひかるに化けるなど、変装の達人。操縦するロボットの武器に頼りすぎるマジンガーエンジェルたちを鍛えなおすために、炎桜子と共に教官を務めた。

アイラ

古代ムー帝国を治める若き女王。自分の国が滅びるのを防ぐため、神に祈りを捧げた。それがもとで、炎ジュンと野中博士を現代から呼び寄せてしまう。初めの頃は弱気で、自分に自信もなく、ジュンにきつく言われたこともあった。しかし、結果的に民を守るための強い心を持ち、自ら先頭に立って戦う。

野中博士 (のなかはかせ)

マジンガーエンジェルの乗る機体を開発した博士の男性。彼女たちが乗る機体には、すべて博士の趣味が反映されている。普段は少し抜けた性格だが、その裏では、各機体をさらにパワーアップさせるための武器や装甲を、日々開発している。Dr.ヘルとも面識があるが、悪趣味な機体ばかり作るDr.ヘルを否定。彼のロボットに対抗するため尽力する。

Dr.ヘル (どくたーへる)

マジンガーエンジェルに敵対する男性。自らが作った機械獣軍団で、日本各地を侵略する。その目的は不明だが、野中博士は、Dr.ヘルを追い出した学会に復讐するためではないか、と推測している。普段は表に現れず、ブロッケン伯爵などに指令を出して、マジンガーエンジェルの能力を見極めている。

ブロッケン伯爵 (ぶろっけんはくしゃく)

温泉旅館のオーナーのドイツ人男性。弓さやかたちが遊びに行った温泉旅館のライバル店を経営。普段から軍服を着ている奇妙な人物だが、彼の経営する旅館の売り上げは上々。その旅館を足掛かりにして、いずれ独裁者になるのが夢である。裏でDr.ヘルとつながっており、一度はマジンガーエンジェルに敗れたが、その後何度も彼女たちの前に姿を現す。

サタンの足の爪 (さたんのあしのつめ)

潜水艦を使って、多くの女性を誘拐していた男性。海洋生物が好きで、数々のコレクションがある。その中に、女性の上半身とイルカの下半身をした、本物の人魚を飾るのが夢だった。たまたま友人と海水浴に来ていた炎ジュンを誘拐してため、計画が発覚。ジュンの活躍もあって、潜水艦もろとも海に沈んだ。

ヤヌス夫人 (やぬすふじん)

年齢、国籍共に不明の謎の女性。ホストクラブ経営を成功させ、マスコミから注目を集めていた。薬によって若さを保っている。老いによる妬みから、若い女性を何人も誘拐、殺害していた。炎ジュンがおとりになって、ヤヌス夫人の犯罪に終止符が打たれることとなる。

ゴーゴン

虎を連れ歩く大男。超能力を持っており、虎と会話することができる。その能力のせいで他人から否定されたことを理由に、世の中への復讐を誓った。機械獣をけしかけ、マジンガーエンジェルと戦って街を破壊。その際、マリア・フリードの飼い犬「デューク」を負傷させる。さらに、開発されたばかりのミネルバXを遠隔操作で操ったが、急激に力を使い過ぎたことがたたって死亡。

暗黒寺警部 (あんこくじけいぶ)

警視庁所属の男性刑事。日々起こる事件の解決に燃えている。ヤヌス夫人の事件の際に炎ジュンと出会い、協力して事件を解決。以後は、マジンガーエンジェルの忘年会に招待されるなど、友好的な付き合いが続いている。マジンガーエンジェルの正体を知る、数少ない人物の1人。

アフロダイA (あふろだいえー)

弓さやかが操縦するロボット。中世の貴婦人を模した、特徴的な形状の頭部を持つ。武器は胸部から発射されるミサイルのほか、敵を切り裂く「アイアンカッター」、鎖の付いた鉄球を振り回す「メガトンハンマー」など、状況に応じてさまざまな武器を使う。

ビューナスA (びゅーなすえー)

炎ジュンが操縦するロボット。ロケット艇「クインスター」と合体することにより、操縦が可能となる。武器は他の機体と同じく胸部に搭載されている。相手を貫く「ドリルプレッシャーミサイル」、竜巻を発生して相手にぶつける「ビューナスタイフーン」など、状況に合わせてさまざまな武器を使う。

ダイアナンA (だいあなんえー)

牧場ひかるが操縦するロボット。コクピットを兼ねたバイク「スカーレットモビル」と合体することにより、操縦が可能になる。武器は胸部から発射されるミサイル以外にも、敵を貫く「スクリュークラッシャーミサイル」や、敵の動きを止めたり装甲を溶かす液を発射する「リキッドシューター」など、攻撃はもちろん味方の援護も可能な、多彩な武装を誇る。

ミネルバX (みねるばえっくす)

マリア・フリードが操縦するロボット。脳波コントロールが可能。遠隔操作できるだけでなく、波長が合う操縦者が乗れば、まるで自分の手足のように動かすことが可能。飛行ユニット「シレーヌウイング」が内蔵されており、単独で空も飛べる。必殺技は、上空から雷を落とす「サンダーブレイカー」。

ファイアービューナス

炎桜子が操縦するロボット。Dr.ヘルからは旧型と揶揄されていたが、桜子自身の身体能力によって、並大抵の機械獣では相手にならない戦闘力を誇る。必殺技は「ファイアーキック」、相手に向かって体当たりをくらわせる「ファイアーアタック」など、固有の武器を使わないものばかり。

クレジット

原作

書誌情報

マジンガーエンジェル(1) 全4巻 講談社〈マガジンZKC〉 完結

第1巻

(2005年2月23日発行、 978-4063491968)

第2巻

(2005年8月23日発行、 978-4063492156)

第3巻

(2006年4月21日発行、 978-4063492415)

第4巻

(2007年2月23日発行、 978-4063492705)

SHARE
EC
Amazon
logo