マチルダ・コーベット

マチルダ・コーベット

人間兇器(漫画)の登場人物。

登場作品
人間兇器(漫画)
正式名称
マチルダ・コーベット
ふりがな
まちるだこーべっと
関連商品
Amazon 楽天

概要

バティスタ政権とつるんでいたマフィア、ロッコ・サバラスの情婦で「マンハッタンの牝ヒョウ」と呼ばれていたクラブシンガー。バティスタの情婦でもあったが、革命後はマフィアのもとに戻る。アメリカに強制送還される途中、バティスタ政権の要人であるギャピランの夫人を強姦した美影義人に対して報復の拷問を加えるが、アメリカ到着後に美影の逆襲を受ける。

その際に彼の男根の虜となってしまい、マフィアを裏切ってギャピランが残した膨大な財産を美影といっしょにかっさらおうと画策する。しかし、すんでのところでマフィアに捕まり、激しい拷問を受ける。一命は取り留めたが、地下プロレスで死を求めるかのような闘いをし続け、最後は相手の絞首吊りをくらってそのまま死んだ。

登場作品

人間兇器

美影義人は実践空手空心会に入門し、師匠の大元烈山に見込まれる。アメリカ支部へ転属し、支部長へ昇格の野望を持つも、果たせず烈山と対立して犯罪を繰り返す。暴力と女に溺れて追われる身となった美影を幾度となく... 関連ページ:人間兇器

SHARE
EC
Amazon
logo