ミルモでポン!

身長10センチくらいの小さくてかわいい「恋の妖精」でありながら、言葉遣いが乱暴でわがままなミルモと、中学生の女の子南楓を中心とした恋愛模様を描いたコメディ色の強い長編少女マンガ。当初読み切り作として発表され、後に5年以上の期間に渡って続く連載作品となった。本編の他に番外編として短編エピソードも多い。作者にとって初めての長期連載作で、連載中の2003年には第27回講談社漫画賞の児童部門と、第49回小学館漫画賞の児童向け部門を受賞している。

正式名称
ミルモでポン!
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
フラワーコミックス ちゃお(小学館)
巻数
全12巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

クラスメイトの男の子結木摂に片思いをするごく普通の女子中学生南楓は、ある日突然マグカップから現れた「恋の妖精」ミルモと出会う。魔法の力に頼るばかりではなく、自らの力で想いを伝えようとがんばるだったが、想い人のやライバルの日高安純らにもパートナーとなる妖精が現れ、妖精たちによってさらなる騒動に巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

南 楓 (ミナミ カエデ)

ツインテールにした金髪が特徴の、明るく元気な中学生の女の子。クラスメイトの結木摂に恋しているが、まともに話すこともできないでいたところで「恋の妖精」ミルモと遭遇。最初は魔法の力で仲良くなろうとしたが、卑怯なことだと思い直し、自分の力でアタックするようになる。チョコとカレー粉を間違えるなど、ドジな面が目立つが前向きな頑張り屋さん。 感受性が強く他人の恋愛話を聞くのも好きで、事情を知ると恋愛が成就するよう力いっぱい応援する。ミルモの持っている魔法のアイテムの力で妖精になることもある。

結木 摂 (ユウキ セツ)

『ミルモでポン!』の登場人物で、南楓のクラスメイト。中学に入学した春にひとめぼれして以来、楓が想いを寄せる相手。趣味は読書で、ドストエフスキーなど文芸作品を好んで読んでおり、家族にもひた隠しにしているが小説家を目指している。整った顔立ちにクールな性格、成績優秀で運動能力にも優れていることから、楓や日高安純をはじめ女子に好意を持たれることは多いが、ストレートに感情をぶつけられることを苦手としている。 生真面目な性格で、多分に照れ屋でもある。

日高 安純 (ヒダカ アズミ)

『ミルモでポン!』の登場人物で、南楓のクラスメイト。楓にとっては結木摂をめぐる恋のライバルで、黒髪ストレートロングの美少女。勝気な性格で、楓に対してはケンカ腰で接することが多く、蹴りを繰り出すなどのイジワルをすることも少なくない。摂に対しては常に積極的に自己アピールする押しの強さを持っており、恋を成就させるためならば卑怯な作戦を実行することも厭わず、楓に好意を持つ松竹香を利用することも多い。 パートナー妖精であるヤシチに対しては常に高圧的な態度で、家事を押し付けるなどこき使っている。意外とマメな性格でもあり、楓を撃退するための「作戦ノート」や、「いい男チェックノート」などを作っている。

松竹 香 (マツタケ カオル)

『ミルモでポン!』の登場人物で、南楓とは同じ中学校の同学年。ルックスのよさで女子にモテモテな男子生徒。金持ちのお坊ちゃんで、学校でも常に使用人の平井が付き従っており、学校もボディガードとしてそれを認めている。人前では爽やかに振舞っているが、実は泣き虫で平井の前ではそれをさらけ出している。楓に好意を持っており、結木摂を独占しようとする日高安純の作戦に加担したり、独自に妖精ムルモの魔法で楓と摂の関係を悪化させようとすることがある。

住田 光一 (スミタ コウイチ)

『ミルモでポン!』の登場人物で、南楓とは同学年で別のクラスの男子生徒。楓が結木摂が好きだと知りつつも、一生懸命アタックしている姿がかわいいと好意を持っていた。陸上部のエースで、ルックスも性格もいいため女子に人気があり、日高安純の「いい男チェックノート」にはAランクと評価されている。パートナー妖精となるパピィからは「住ちゃん」と呼ばれる。

ミルモ

『ミルモでポン!』に登場する妖精たちの中心的存在で、妖精界の王子。ベビー服のような衣装を身につけ、魔法を使う際にはマラカスを使用する。南楓の母親が旅行中にアンティークショップで見つけた、「恋のおまじない」ができるというマグカップから出現した「恋の妖精」。負けず嫌いかつ意地っ張りな性格で、優しいところもあるのだが楓に対し突き放した態度を取って衝突することが多い。 当初は魔法を頼ろうとする楓が気に食わないミルモは願いをかなえることを拒んでいたが、なにごとにも一生懸命で失敗ばかりしている楓のため力を貸すようになった。人間界に来て食べたチョコレートが好物となり、それも人間界に居つく理由のひとつとしなっている。 得意な攻撃は「ケツアタック」。身長は10センチで、体重はいちご5個分とされている。変装する際など、意外と女装する機会が多い。

リルム

『ミルモでポン!』に登場する妖精のひとり。サンタクロースのようなピンクの帽子を被っており、魔法を使う際にはタンバリンを使用する。妖精の王国から出て行って半年間帰らない婚約者ミルモを追って人間界へやってきた女の子妖精。結木摂の自宅の机に自身のマグカップを出現させ、「小説家になりたい」という願いがかなうとして召喚させた。 自身がミルモと接近する目的もあって、南楓と結木摂の関係進展には協力的。魔法が苦手で使おうとすると力んで怖い顔になってしまい、初歩的な魔法も満足に使うことができない。その代わり腕力は強いのだが、怒ると我を忘れて相手をボコボコにしてしまうクセがあり、何度も被害に遭っているミルモには恐れられている。 身長は9.5センチ、体重はいちご4個分で、シュークリームが好物。

ヤシチ

『ミルモでポン!』に登場する妖精のひとり。忍者風の装束を身につけ、みずからを「拙者」と言う古風な性格をしている。魔法を使う際の楽器はトライアングル。妖精界にいた頃からミルモとはライバル同士の関係で、ミルモを見つけたリルムを尾行して人間界にやってきた。日高安純の家にマグカップが出現させ、結木摂と仲良くなった南楓を「ジャマ者として消す」ために召喚させている。 女の子のスカートをめくってパンツの柄をメモしたり、下着を収集するなどスケベな性質も持っている。妖精界にサスケとハンゾーというふたりの手下がおり、度々人間界にもやってきている。

ムルモ

『ミルモでポン!』に登場する妖精のひとりで、ミルモの弟。ミルモの半分くらいしかない小さな子供で、同じようにベビー服のような衣装を身につけており、かわいこぶったり泣き落としを得意とする。マシュマロが好物。舌足らずな喋り方が特徴で、ミルモのことは「お兄たま」と呼び、南楓のことは「楓しゃん」と呼ぶ。兄を追って家出同然に人間界へやってきたが、ひとつの家にはひとりの妖精しか住みつくことが許されていないため、相性占いで100%と診断された松竹香の家に住みつくことになる。 頭の触覚からビームを放つことができる。魔法を使うときは、マーチング・バンドに見られる腰につけるスネアドラムを使用する。

パピィ

『ミルモでポン!』に登場する妖精のひとり。妖精界ではムルモのクラスメイトで、ムルモに好意を持っているが本人を前にすると暴力的なイタズラをしてしまい、いつもケンカになってしまう。人間界では住田光一の家に住みつき、一人称は「あたち」だが基本的に上から目線の物言いで恋に奥手な光一を叱咤激励する。ウサギのような耳のついた帽子を被っており、魔法を使う際は鈴を使用する。

城戸 悦美 (キド エツミ)

『ミルモでポン!』の登場人物で、南楓の親友。髪を両サイドでおだんごにまとめているのが特徴。バレー部に所属し忙しく活動しているが、クラスでも委員長を務めている。楓の結木摂に対する想いを知っており、なにかと協力してくれる。ミルモたちと話す楓を度々目撃しているが、悦美自身には妖精が見えず声も聞こえないため、独り言にしか見えない。 パピィが人間界で暮らす先を探す際にパートナー候補とも目されたが、小動物が苦手であることが判明しパートナーとはならなかった。

森下 はるか (モリシタ ハルカ)

『ミルモでポン!』の登場人物で、南楓たちのクラスにやってきた転校生。ショートボブのヘアスタイルが清楚な印象の女の子で、おっとりしているように見えて意外としっかり者。そして、小さな頃から怒ると怖いタイプでもある。結木摂とは幼稚園から小学二年生まで一緒だった幼なじみで、互いに初恋の相手だったことを松竹香が知り、楓と摂の関係を悪化させるため見つけ出して転校したフリをさせていた。

ダアク

『ミルモでポン!』に登場する妖精のひとりで、ミルモの命を狙う悪者。ヤシチやその師匠が「あの方」と呼んで服従している存在で、ミルモを亡き者にするため南楓やその周囲にいる人間をもターゲットに含めており、楓自身も命の危機に直面しているほか、結木摂や住田光一も標的になっている。。

アニメ

わがまま☆フェアリー ミルモでポン! わんだほう

恋の妖精ミルモとパートナーの南楓たちの元に、タコスを名乗るタコ型ロボットが現われ、人間界に散らばっている伝説の7つのクリスタルを集めることになる。おなじみの妖精とそのパートナーの人間たち、新たなキャラ... 関連ページ:わがまま☆フェアリー ミルモでポン! わんだほう

わがまま☆フェアリー ミルモでポン!

中学2年生の南楓は、同級生の結木摂に片思いしていた。ある日不思議なファンシーショップで手に入れたマグカップから飛び出したミルモの助けにより、恋に積極的になり、ライバルの転校生日高安純とケンカしながらド... 関連ページ:わがまま☆フェアリー ミルモでポン!

わがまま☆フェアリー ミルモでポン! ちゃあみんぐ

中学3年生になった南楓は、大好きな結木摂とクラスが離ればなれになってしまい落胆する。そんな折、同じクラスになった住田光一に好意を寄せられたり、結木摂の幼なじみの森下はるかが転校してきたりと、波乱の恋模... 関連ページ:わがまま☆フェアリー ミルモでポン! ちゃあみんぐ

書誌情報

ミルモでポン! 全12巻 〈フラワーコミックス ちゃお〉 完結

第1巻

(2002年3月発行、 978-4091350138)

第2巻

(2002年7月発行、 978-4091350145)

第3巻

(2002年10月発行、 978-4091350152)

第4巻

(2003年3月発行、 978-4091350169)

第5巻

(2003年8月発行、 978-4091350176)

第6巻

(2004年1月発行、 978-4091350183)

第7巻

(2004年6月発行、 978-4091350190)

第8巻

(2004年11月発行、 978-4091350206)

第9巻

(2005年3月発行、 978-4091300904)

第10巻

(2005年8月発行、 978-4091301581)

第11巻

(2005年11月発行、 978-4091302571)

第12巻

(2006年5月発行、 978-4091303981)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo