メドッサ

メドッサ

魔王ダンテ(漫画)の登場人物。別称、魔女メドッサ。

登場作品
魔王ダンテ(漫画)
正式名称
メドッサ
別称
魔女メドッサ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『魔王ダンテ』に登場する悪魔。人間の姿をしてダンテとなった宇津木涼に接触し、ダンテの記憶を刺激して、紀元前百万年の地球で栄えた古代都市ソドムゴモラで起こった出来事を思い出させた。元々はダンテとともにソドムで平和に暮らしていた古代人だったが、の力を吸収して悪魔となり、他の悪魔とともにと争い続けていた。

関連人物・キャラクター

宇津木 涼

山岳部に所属する高校生。イスカリオテのユダに操られ、悪魔王ダンテの封印を解いてしまう。その後、ユダに捕食されるが、逆に意識を支配してダンテの肉体とその能力を得る。その後は日本に戻り、変身能力を使ってかつての生活に戻るが、人間社会に敵対する存在となってしまったことで苦悩する。

関連キーワード

ソドム

紀元前百万年の、太古の地球に栄えた古代都市。優れた科学力を持ち、人々は平和に暮らしていたが、宇宙から飛来した神の超能力によって破壊される。さらにソドムの住人たちは神によって虐殺されるが、逆に神の持つエネルギーを吸収して体を変化させ、悪魔へと変貌した。

登場作品

魔王ダンテ

ヒマラヤ山脈に封印されていた悪魔王ダンテと融合した少年宇津木涼に焦点をあて、太古から続く神と悪魔の戦いを描く。永井豪の代表作『デビルマン』の原型といわれる。 関連ページ:魔王ダンテ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ダンテ
集団・組織
場所
ゴモラ
logo