ヨコハマ買い出し紀行

ヨコハマ買い出し紀行

現代より遥かに進んだテクノロジーが栄えた後、文明社会は急激に衰退しつつあった。ロボットの初瀬野アルファは海沿いでカフェアルファを営みながら、周辺の人々やほかのロボットたちとやさしくふれ合いながら時を過ごす。十数年の時間経過を通じて子供たちが成長する過程と、人類が滅亡に向かう情景がおだやかに描かれる。

正式名称
ヨコハマ買い出し紀行
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全14巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

滅亡に向かう人類が「人の夜」を迎える少し前、後に「夕凪の時代」と呼ばれる束の間の平和な時代。初瀬野アルファかながわの国の西の岬で、初瀬野が残した喫茶店カフェアルファを1人で営んでいた。アルファは過去のテクノロジーが作り出した女性型のロボットだが、開発の経緯はもう忘れられている。

生活物資の供給が滞るようになっており、近隣の南町でコーヒー豆がなくなるたびスクーターで横浜まで買い出しに出かけるアルファ。ある日アルファと同じロボットの鷹津ココネが、初瀬野が送ったカメラを届けに来る。カメラはロボットに撮影時の記憶を蘇らせる特殊な仕様だった。

アルファはそれで日々の思い出をとどめていこうと決める。いっぽう海面の上昇などで人々の生活圏は年々狭まり、町が少しずつ消えていった。そうしたなかアルファと親しかった少年タカヒロは大人になり、故郷を後にする。アルファはカフェアルファにとどまりながら、人々が去っていくのを見守り続ける。

登場人物・キャラクター

主人公

かつて3体作られたアルファタイプロボットA7量産試作機M2(A7M2型機)の1体。外見、思考、行動は人間の若い女性とほぼ同じだが、年を取らない。周囲の人間もロボットだからと特別扱いせず、地元の暮らしに... 関連ページ:初瀬野アルファ

タカヒロ

カフェアルファの近くの一軒家でおじさんと2人で暮らししていた少年。初瀬野アルファに淡い恋心を抱く。やがて成長しておじさんの下を離れ、エンジンの都・浜松へと去っていく。しばらくして後を追ってきたマッキと結ばれ、娘サエッタをもうけた。

カフェアルファの近くでガソリンスタンドを営む初老の男性。タカヒロと2人暮らしをする。若い時は子海石の後輩のプータローとして、しばしば行動をともにしていた。よくカフェアルファを訪れ、何かと初瀬野アルファ... 関連ページ:おじさん

A7M3型機の女性型アルファタイプロボット。ムサシノの国のアパートに住み、ムサシノ運送・世田谷支店で宅配の仕事をしていた。カメラを届けた縁で初瀬野アルファと親しくなり、好意を抱くように。いっぽうロボッ... 関連ページ:鷹津 ココネ

マッキ

タカヒロの幼なじみだった少女。本名は真月。子供の頃からタカヒロに恋していた。タカヒロが去った後、カフェアルファの手伝いを経てムサシノ運送に就職。5年勤めた後、浜松のタカヒロのところへ転がり込む。

小網代の入り江に出没する正体不明の存在。外見は全裸の女性だが、口に牙があって言葉を話さず、人間離れした身体能力を持つ。子供が好きで、大人の前には姿を現さない。タカヒロ、アヤセ、マッキらは、幼い頃にミサ... 関連ページ:ミサゴ

初瀬野アルファが自分のオーナーと呼ぶ人物。劇中には直接登場しない。西の岬に立つ住宅の一角を喫茶店に改造し、アルファと暮らす。物語序盤時点から数年前、アルファに店を預けて姿を消した。鷹津ココネが届けたカ... 関連ページ:初瀬野

カフェアルファの近くに小さな病院を構える初老の女医。おじさんの元先輩。大学の医学部職員だったが、ロボット開発とつながりの深い飛行艇開発にも携わったことがある。子海石が操縦した試験機はミサゴと命名されて... 関連ページ:子海石

初瀬野アルファ、鷹津ココネらと同じ女性型アルファタイプロボットの1体。ムサシノの国の田園調布のアトリエ丸子で、絵を描いていた。アルファのようにオーナーの姓を名乗ることを嫌い、自分で丸子マルコと名乗るよ... 関連ページ:丸子 マルコ

アルファー室長

ターポンに乗っている女性型アルファタイプロボット。地上の島で生まれ、自分の弟や妹がたくさん作られたと述懐する。地上の町の明かりが消えて街灯の木の青い灯に変わっていく様子を、ターポンから見守る人物。地上の明かりが全て青い灯となった時、降下ボートで地上に降りようかと考えている。

アヤセ

トビカマスと呼ばれるトビウオのような生物を使って魚を獲る。マッキとトビカマスの相性がいいのを見て弟子にならないかと勧誘した。

ナイ

男性型ロボット。プロペラ小型機「あつぎ2号」のパイロット。丸子マルコの知り合い。男性型ロボットは弱く、早いうちにみんな死んだと語る。後にタカヒロと知り合いに。

子海石アルファ

A7M1型機。劇中には登場しない。かつて子海石と暮らした女性型ロボット。子海石によれば「鷹津ココネさん達の直系のお姉さん」にあたる。最初はまばたきくらいしかできなかった。服を着るのを嫌い、青い物を好む。子海石の元から連れて行かれ、その後の消息は不明に。

場所

カフェアルファ

『ヨコハマ買い出し紀行』に登場する喫茶店。昔の米軍住宅風の白ペンキの家を喫茶店に改造した。客はたまにしか来ない。台風で店舗部分が壊れるが、初瀬野アルファは1年の旅の後に少しずつ手作業で修復した。だが海面の上昇でほどなく水没する運命にある。

かながわの国

『ヨコハマ買い出し紀行』に登場する国。初瀬野アルファ、おじさん、タカヒロ、マッキ、子海石らが暮らしていた。現代の神奈川県周辺。一部の町以外は野原に覆われ、人の多い浜松に比べて閑散としている。かつての相模平野が水没して湖になった湘南湖がある。

その他キーワード

ターポン

『ヨコハマ買い出し紀行』に登場する巨大な人工の飛行物体。地上で起こった何らかの異変で着陸できなくなり、果てしなく高々度軌道を回り続ける。地上の人々は、まだなかに人が閉じ込められていると話していた。掃除... 関連ページ:ターポン

書誌情報

ヨコハマ買い出し紀行 全14巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(1995年8月発行、 978-4063210507)

第2巻

(1996年2月発行、 978-4063210552)

第3巻

(1996年7月発行、 978-4063210613)

第4巻

(1997年3月発行、 978-4063210668)

第5巻

(1998年2月発行、 978-4063210811)

第6巻

(1999年2月発行、 978-4063210958)

第7巻

(2000年2月発行、 978-4063211108)

第8巻

(2001年2月発行、 978-4063211207)

第9巻

(2002年3月発行、 978-4063211344)

第10巻

(2003年3月発行、 978-4063211474)

第11巻

(2004年3月発行、 978-4063211597)

第12巻

(2004年11月発行、 978-4063211658)

第13巻

(2005年7月発行、 978-4063211719)

第14巻

(2006年5月発行、 978-4063211764)

SHARE
EC
Amazon
logo