ラーメタル

ラーメタル

新竹取物語 1000年女王(漫画)に登場する惑星。

登場作品
新竹取物語 1000年女王(漫画)
正式名称
ラーメタル
関連商品
Amazon 楽天

概要

長大な楕円軌道を持つ十番目の惑星。1000年に一度の周期で地球に接近する。その度に恐竜の絶滅やヒマラヤの大造山など地球の運命を変えてきた。直径は10万9404キロで地球の約9倍だが、重力や大気組成は地球とほぼ同じ。太陽系外周を巡る際はその表面は氷漬けで、太陽に近づくことで氷は融解、1000年に一度の春が来る。

太陽系内通過軌道は不安定で予測不能に見えるが、その動きはラーメタル人によって完全にコントロールされており、周到な地球移住計画が画策されている。

登場作品

新竹取物語 1000年女王

西暦1999年。1000年に一度地球に接近する謎の遊星ラーメタル。接近の度に地球に天災や大事件をもたらしてきたラーメタルだが、今回は地球に壊滅的な破壊をもたらすという。時を同じくして、謎の爆発事故で両... 関連ページ:新竹取物語 1000年女王

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo