ラー

ラー

マーズ(漫画)の登場人物。別称、第六の神体。マーズとはライバル関係。

登場作品
マーズ(漫画)
正式名称
ラー
別称
第六の神体
関連商品
Amazon 楽天

概要

『マーズ』に登場する超兵器・巨大ロボット。六神体の一つ。黒い球体型の神体。飛行能力を持ち、オーストラリアのキンバリー山脈から出没した。球体の表面の6個の突起から触手を伸ばしたり、電磁兵器を発射して、敵を攻撃する。核爆弾も装備している。視界が限定されているという弱点があり、多数の探知ロボットを使うことでこれを補っていた。

この弱点をつかれ、操縦者である監視者が確認のため外に出たところをマーズに狙われ、内部のシステムを破壊され、機能停止に陥った。名前はエジプト神話の太陽神ラーに由来する。

関連人物・キャラクター

マーズ

秋の島新島で全裸の状態で発見された謎の少年。その正体は地球を破壊するために宇宙人に作られた人造人間(無性生殖人間)であった。桁外れの身体能力の持ち主で、髪の毛を針のように硬直化させて飛ばす能力も有して... 関連ページ:マーズ

六神体

監視者たちの操縦する6体の超兵器・巨大ロボット。地球人類を危険視する宇宙人によって、太古に作られ、地球の各地に隠されていた。タイタンがアメリカ軍の核ミサイルで破壊された事がきっかけとなり、活動を開始し... 関連ページ:六神体

登場作品

マーズ

海底火山の活動によって生じた秋の島新島で謎の少年マーズが発見される。マーズは人類を危険視する宇宙人が地球破壊のためにキーとして、遙かな昔にセットした人造人間(無性生殖人間)だった。記憶を失ったマーズに... 関連ページ:マーズ

SHARE
EC
Amazon
logo