リッペベフゼル夫人

リッペベフゼル夫人

罪と罰(漫画)の登場人物。

登場作品
罪と罰(漫画)
正式名称
リッペベフゼル夫人
関連商品
Amazon 楽天

概要

マルメラードフ一家が住んでいる長屋の口うるさい家主。舌が回らず、濁音が発音できない。

関連人物・キャラクター

マルメラードフ

七等官吏。売春婦ソーニャの父。かつては裕福な家柄であったが、今では酒におぼれ、娘に売春婦をさせて生活していることで自分を憎み、そのためにまた酒を飲む。 関連ページ:マルメラードフ

登場作品

罪と罰

ロシア革命前夜の帝政ロシアで起きた強盗殺人事件。犯人であるラスコルニコフは、自分を、善悪を超越した天才であると信じていたが、やがて、否定したはずの罪の意識に追い詰められていく。そんな折、彼は飲んだくれ... 関連ページ:罪と罰

SHARE
EC
Amazon
logo