リングにかけろ1世界大会編

車田正美による同名漫画『リングにかけろ』をアニメ化。ボクシングJr.世代の世界一を決めるジュニア世界大会が開催された。名実ともに世界一になるため、各国の代表である強敵と黄金の日本Jr.との激闘が描かれる。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
リングにかけろ1世界大会編
ふりがな
りんぐにかけろ わん せかいたいかいへん
原作者
制作
東映アニメーション
放送期間
2011年4月10日 〜 2011年6月12日
放送局
CS
話数
6話
ジャンル
ボクシング
 
バトル

総合スレッド

リングにかけろ1世界大会編(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

高嶺 竜児(リングにかけろ1世界大会編)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31
高嶺 菊(リングにかけろ1世界大会編)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31

新着関連スレッドもっとみる

概要

影道一族との闘いを終えた黄金の日本Jr.の次の目標は、ボクシングJr.世代の世界一を決めるジュニア世界大会の優勝。しかも一敗もせず、完全勝利の上の世界完全制覇という大目標を掲げる。

しかし、主人公高嶺竜児は、影道総帥との闘いで最後に放った新パンチが繰り出せず、漠然とした不安を抱えていた。高嶺竜児の左腕に宿った新パンチの目覚めはいつとなるか、一抹の不安を感じたまま黄金の日本Jr.は3回戦のイタリア戦に挑むことになる。

登場人物・キャラクター

主人公
『リングにかけろ1 世界大会編』の主人公で、黄金の日本Jr.の一員。優しくボクシングには不向きな性格だったが、姉である高嶺菊からボクシングのいろはを叩き込まれ、次第にその才能を開花させていき、ついには...
主人公高嶺竜児の実の姉。幼い頃から高嶺竜児にボクシングを仕込み、その成長を陰ながら見守っている。性格は勝気で行動的、男勝りな面が目立つなど高嶺竜児とは正反対だが、一方で人情に厚く、優しい一面を見せるこ...
『リングにかけろ1 世界大会編』の登場人物で、黄金の日本Jr.の一員。自他ともに認めるボクシングの天才で、主人公高嶺竜児の永遠のライバル。性格は尊大にしてかなりの自信家。自身を「天才」といってはばから...
『リングにかけろ1 世界大会編』に登場する、黄金の日本Jr.の3回戦の対戦相手。対戦相手を試合前に襲撃し、それを事故に見せかけて棄権させるなど、非情の手段を用いて勝ち上がってきた。その襲撃でタイJr....
『リングにかけろ1 世界大会編』に登場する、黄金の日本Jr.の準決勝の対戦相手。リーダーであるスコルピオンに、IQ300を誇る参謀ヘルガがツートップとしてチームを牽引。そして、素顔を包帯で隠したゲッペ...
『リングにかけろ1 世界大会編』の登場人物で、黄金の日本Jr.の一員。ボクシングセンスは一級品の天才肌なボクサー。反面、女性と見間違うほどの美貌の持ち主でもある。常に丁寧な言葉使いであり、それは仲間だ...
『リングにかけろ1 世界大会編』に登場する、黄金の日本Jr.の準々決勝の対戦相手。長兄のナポレオン・バロアを筆頭に、ティファニー、シルビイ、クロディーヌ、フェリスタの5つ子で構成されたチーム。かろうじ...
『リングにかけろ1 世界大会編』の登場人物で、黄金の日本Jr.の一員。顔の左側にある大きな傷跡が特徴。ボクサーとしては小柄な体格ながら、トリッキーかつ変則的なスタイルで対戦相手を翻弄する。性格は激情家...
『リングにかけろ1 世界大会編』の登場人物で、黄金の日本Jr.の一員。黄金の日本Jr.では最年長で、大人びた雰囲気と大きなリーゼントが特徴。その風貌から、香取石松から「志那虎のダンナ」と呼ばれている。...
『リングにかけろ1 世界大会編』に登場する、黄金の日本Jr.の決勝戦の対戦相手。神の血(イーコール)という超能力の他、スーパーブロー「ゴッドディメンジョン」を駆使するリーダーのアポロンを筆頭に、メンバ...

クレジット

原作    
シリーズディレクター 池畠博史    
シリーズ構成    
総作画監督 市川慶一    
音楽 上田益    
アニメーション制作 東映アニメーション    

原作

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい...