ルームメイツ

ルームメイツ

還暦を迎え、共同生活を始めた三人の女性、時世、ミハル、待子が主人公。彼女たちとその家族、知人を含む人々の平凡な日常の中で起こる、友情、恋愛、結婚、離婚、経済問題、嫁姑関係等々を描き出した人間ドラマ。

正式名称
ルームメイツ
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

小学校の同級生で還暦を迎えた元教師の坂本時世と、元芸者の菅ミハルは、同窓会で再会したことをきっかけに共同生活を始める。そこに、やはり同級生だった潮田待子が長年連れ添った夫に愛想を尽かして転がり込んできた。熟年女性トリオの共同生活の中で起こる友情とささやかな対立、そして彼女たちの家族、知人などの周辺の人々が遭遇する平凡だが、それだけに深い問題を浮き彫りにしていく。

登場人物・キャラクター

主人公

『ルームメイツ』に登場する3人の主人公の1人。元小学校教諭。独身。同窓会で再会した、やはり独身の菅ミハルと資金を出し合って、新興住宅地けやき台のマンションを購入。共同生活を始める。近所の塾で子供たちを... 関連ページ:坂本 時世

主人公

『ルームメイツ』に登場する3人の主人公の1人。元芸者の小桃。長らく二号をやっていた榊原が死去し、時世とマンションを共同購入して同居することになる。芸事が好きで、現在でも長唄の師匠を続けている。 関連ページ:菅 ミハル

主人公

『ルームメイツ』に登場する3人の主人公の1人。時世、ミハルとは違い、結婚し、子供も二人産み、平凡な主婦を続けていた。しかし、定年退職した夫に我慢ができなくなり、家出して時世たちのマンションに転がり込み... 関連ページ:潮田 待子

名前は不明。待子の夫。昭和のサラリーマン親父の典型的タイプで仕事第一、家庭は妻まかせ。仕事を頑張ることが家族のためになるという考え方。自分と妻との間の溝が広がっていることも知らず、定年後、突然の離婚話... 関連ページ:潮田

潮田夫妻の長男。美千代の兄。妻の淳子との間に一人息子の慎太郎がいる。離婚を言い始めた母親の気持ちが理解出来ず、父親に同情する。父ほどではないが、仕事第一で家庭は妻が守るという意識が残っている。しかし、... 関連ページ:潮田 聡

潮田夫妻の長女。聡の妹。岩崎康と結婚しているが、旧姓を使っている。子供を作らず、互いに経済的にも自立し、仕事を犠牲にせずに新しい夫婦の形を作っていこうとしているが、そう簡単には運ばない。 関連ページ:潮田 美千代

聡の妻。4人目の主人公とも言えそうな人物。結婚前は仕入れ担当の社員で評価も高かった。それを見込んだ旧友の加也子から輸入雑貨店の仕事のオファーを受けるが、二人目の子供を懐妊し、社会復帰は先延ばしになる。... 関連ページ:潮田 淳子

聡、淳子の一人息子。 関連ページ:潮田 慎太郎

名前は不明。ミハルを二号として囲っていた金持ちの旦那。故人。 関連ページ:榊原

名前は不明。榊原の正妻。墓参りでミハルと出会う。 関連ページ:榊原夫人

ミハルの「旦那」である榊原の正妻、榊原夫人の娘。ミハルを面罵するために会いに来るが、実は自分も不倫中で悩んでいた。 関連ページ:榊原 冴子

名前は不明。時世の元同僚教師。喫茶店ぶどうを経営する息子夫婦と同居中。時世と再会しプロポーズして、同棲を始める。 関連ページ:安藤

安藤の一人息子。喫茶店ぶどうを経営。子供の頃、父と時世の再婚を邪魔したと思っている。それが負い目になっているが、父の再婚には賛成できない。 関連ページ:安藤 和男

安藤和男の後妻。子連れで結婚したが、和男の子供が産めないことを悩む。 関連ページ:安藤 信子

安藤の孫娘。和男の妻の連れ子。 関連ページ:安藤 まりな

時世が教える塾の生徒。 関連ページ:内山 佑太

姓は不明。時世が勤める塾の事務員。 関連ページ:きよみ

名前は不明。きよみが再会したかつての片想いの彼氏。親の農家を継ぐために地元に戻ってきた。 関連ページ:松田

ミハルが通う「シルバー世代の健康料理教室」の講師。管理栄養士。杓子定規で肩肘を張っている。ミハルと次第に打ち解け、角が取れていき、長唄の弟子になる。ボーイフレンドの売れない役者の中条と、見合い相手の建... 関連ページ:鈴木 笑子

名前は不明。鈴木笑子の六歳年下の彼氏。農協職員で農家の長男。 関連ページ:石井

名前は不明。鈴木笑子と付き合っている売れない役者。笑子に甘えている。 関連ページ:中条

名前は不明。鈴木笑子の見合い相手の建築士。 関連ページ:宮本

美千代の夫。研究職。妻の独立した人格を認める今時の夫だが、完璧ではない。やはり、仕事と家庭の問題で悩む。 関連ページ:岩崎 康

姓は不明。潮田淳子の学生時代の友人。和食店のオーナーで、輸入雑貨の店を始めるにあたり、淳子に手伝わないかともちかける。 関連ページ:加也子

待子が介護している老女。気むずかしいところがあり、名前ではなく「おばあちゃん」と呼ばれるのが不愉快。 関連ページ:久本 なを

ひょんなことからミハルと知り合って、母親のように慕う青年。優秀な家族の仲で劣等感が強く、高校を中退して一人暮らしだった。 関連ページ:山下 勉

名前は不明。子供会の会長。メガネの老婦人。 関連ページ:中島

潮田と一緒に子供会の役員を引き受けた元・帝都ホテルのコック長。 関連ページ:藤枝 元次

潮田淳子の初恋の人。同窓会幹事の打ち合わせで再会する。バツイチで十歳年下の彼女がいる。 関連ページ:杉山 明

名前は不明。待子が指導する後輩女性ヘルパー。熟年離婚者で待子と似た立場。財産分与など離婚について助言する。 関連ページ:遠山

名前は不明。待子が指導する後輩男性ヘルパー。退職後の社会参加である。待子のボーイフレンドになる。 関連ページ:都築

名前は不明。ミハルが長唄教室を始めたコミュニティセンターで出会った短大教授。自分史の講座を担当していて、ミハルを個人指導することに。ミハルは、石上が亡くなった旦那の榊原に似ていることもあって惹かれてい... 関連ページ:石上

SHARE
EC
Amazon
logo