レイチェル・ブライアント

レイチェル・ブライアント

レイチェル・ダイアル(漫画)の登場人物。別称、レイチェル。

登場作品
レイチェル・ダイアル(漫画)
正式名称
レイチェル・ブライアント
ふりがな
れいちぇるぶらいあんと
別称
レイチェル
関連商品
Amazon 楽天

概要

勝ち気な少女で、思い込んだらすぐ行動に移る性格。唐辛子と毛虫と、幼なじみのサブリナ・バルタンが苦手。「チャーリー・プラント社」の社長チャーリー・ブライアントの娘。幼少期に、かつて世界有数の工業都市だったチェレスターバレーに家出をし、工業アンドロイドのアレックスマックスに出会う。

機械として、鉄を食べた後、溶鉱炉に飛び込んで回収されるアンドロイドを哀れに思い、鉄を食べていた2人に、食べるなと命令をくだした。アンドロイドの溶鉱炉での金属溶解回収を、父のチャーリー・ブライアントがやめてからは、アレックスマックスがお守り兼用心棒となり、共に成長していく。

15歳になってからは、バロウズ財団の御曹司プルートー・バロウズと政略結婚させられそうになり、度々家出を繰り返す。独り立ちして「レイチェル・モータース」を開業してからも、2人のアンドロイドと共に働き続ける。仕事は丁寧で、以前から機械工だったベネットにも認められ、友人になる。成人してからは、幼なじみのサブリナが勝手に「レイチェル・モータース」の横に家を建て、プルートー・バロウズが度々工場に訪れるようになったため、ストレスで逃げ出そうとした。

面倒事には首を突っ込むタイプで、アレックスマックスと共に国の存亡に関わる事件に立ち向かっていく。

登場作品

レイチェル・ダイアル

チャーリー・プラント社の一人娘、レイチェル・ブライアントは、工業用アンドロイドのアレックスとマックスに出会う。鉄でできたものを食らうことができる2人は、レイチェルの用心棒として行動するように。15歳に... 関連ページ:レイチェル・ダイアル

SHARE
EC
Amazon
logo