一橋 久美子

包丁人味平(漫画)の登場人物。読みは「いちはし くみこ」。

  • 一橋 久美子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
包丁人味平(漫画)
正式名称
一橋 久美子
ふりがな
いちはし くみこ

総合スレッド

一橋 久美子(包丁人味平)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

焼津の老舗料亭「いちはし」の娘。点心礼勝負の延長戦である「闘六味」において、偶然審査員のひとりとなり、味平に興味を持つ。さらに鹿沢練二に勝負を挑まれた味平のスポンサーとなり、掛け金1千万円を提供する。

登場人物・キャラクター

日本料理の名人である父を尊敬しているが、誰もが食べられる安くて美味しい料理を作りたいと考え、洋食屋・キッチンブルドッグの見習いコックとなる。実は魚が苦手で、魚に触れると蕁麻疹が出てしまう(魚料理の勝負...

関連キーワード

『包丁人味平』で行われた料理勝負。懐石料理の起源に端を発すると言われる料理人同士の真剣勝負。作中の点心礼勝負は、名古屋の熱田神宮境内において行われた「肉の宝分け(豚一頭分の肉を部位ごとに切り分ける)」...

登場作品

中学を卒業したばかりの少年塩見味平は、日本料理の名人である父の反対を押し切って、洋食屋・キッチン・ブルドッグの見習いコックとなる。しかし、修行中のトラブルから、日本料理界に伝わる包丁試しの勝負を受ける...