ラーメン発見伝

ラーメン修業として会社に内緒で屋台を引く、ラーメンマニアの商社マン、藤本浩平が、創作ラーメン勝負や、不人気店のコンサルタント業務を経て、成長していく経緯を描いたラーメンビジネス漫画。味の優劣だけでなく、ラーメン店経営にまつわるビジネス全般を取り上げている。原作は久部緑郎、作画は河合単、協力は石神秀幸。同じコンビによるスピンオフ作品として、芹沢達也を社長とするフード・コンサルティング会社「(株)清流企画」を舞台にした『らーめん才遊記』がある。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ラーメン発見伝
作画
原作
ジャンル
料理バトル
 
ラーメン

総合スレッド

ラーメン発見伝(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

篠崎 友哉(ラーメン発見伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04
祐介(ラーメン発見伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04

新着関連スレッドもっとみる

概要

ラーメンマニアの商社マン、藤本浩平は、自分の店を持つまでの修業として、会社に内緒で、夜はラーメン屋台を引いている。秘密を共有する同僚の佐倉祥子とともに、好敵手となる「らあめん清流房」オーナーの芹沢達也との創作ラーメン勝負や、不人気店のコンサルタント業務、ラーメン店の運営にまつわるさまざまなトラブルを解決するうち、単なるラーメンマニアを脱却し、人間として成長していく。

登場人物・キャラクター

27歳男性。ダイユウ商事(株)営業一課に勤務するサラリーマン。ラーメン店を持つという子供の頃からの夢をかなえるため、開店資金稼ぎと修業を兼ねて、勤務終了後、会社には内緒でラーメンの屋台を引いている。残...
23歳女性。藤本浩平の同僚としてダイユウ商事(株)に勤務する。社内ではラーメンフリークとして知られており、藤本のラーメン屋台に出くわしたことで、藤本のラーメン修業を知る。それからは秘密の共有者として、...
40歳男性。ダイユウ商事(株)大阪支社より新課長として営業一課に赴任してきた。何を考えているか掴みどころがないところがあるが、自然食レストランチェーンの立ち上げ計画を一ヶ月でまとめるなど、商社マンとし...
32歳女性。ダイユウ商事(株)大阪支社より主任として赴任してきた藤本浩平の上司。自信家で、歯に衣着せぬ物言いをすることでトラブルは多いが、ビジネスの手腕は高い。「ラーメン・テーマパーク・プロジェクト」...
34歳男性。ダイユウ商事(株)営業一課に係長として勤務する藤本浩平の上司。ラーメン以外はまるでダメな藤本を苦々しく思っている。考えなしに思ったことを口に出す傾向があり、それがトラブルの種となることもし...
42歳男性。超人気店「らあめん清流房」のオーナーとして複数店舗を経営する傍ら、フード・コーディネーターとしてラーメン店のプロデュースも請け負う、ラーメン・ビジネスを知り尽くした男。かつて鮎の煮干しをふ...
「ラーメンこいけ」の店主。脱サラしてラーメン店を始めた、藤本浩平の先輩と呼べる存在。外部の意見を取り入れすぎて自分の味を見失っていたところを、テレビ番組の企画でラーメン評論家の有栖涼に痛烈に批判され、...
28歳男性。「東京ラーメン花輪亭」の店主。市役所を退職して独学でラーメン店を始める。気弱で周囲に流されやすい性格の男として登場するが、その性格が次第にエスカレートしていき、突拍子もない行動で周囲を唖然...
43歳男性。「らーめん厨房どきゅん」の店主。早明大学ラグビー部出身で、脱サラして母校近くに店を構える。体育会系の学生にもウケるように尋常でないボリュームのラーメンを作る。粗暴かつ横柄な人柄で、気に入ら...
21歳男性。東大を中退した後、ラーメン修業に入る。店のレシピをコピーする天才で、既存店の近くのラーメン屋台で、本物以上のコピーラーメンを出し、店から客を奪い取ると姿を消すということを繰り返していた。ラ...
魚介ダシ系ラーメンの大行列店「神麺亭」の店主。ラーメン好きが高じて自ら店を始めた妥協なきラーメン職人。知識・技術ともに芹沢達也が認めるほどの実力の持ち主。常連客がらみのゴタゴタで店を潰した過去があり、...
売れっ子ラーメン評論家。雑誌のコラム連載などのほか、テレビ番組にも登場し、ラーメン完食の後、美味しいラーメンは「大仏顔」で、不味いラーメンは「大魔神顔」で応える、というパフォーマンスを行う。ラーメンに...
両親が共働きで、夕食代わりにラーメン店を食べ歩くうち、ラーメンマニアとして確かな舌を持つようになった小学生。食べたラーメンに遠慮無く点数をつける。
30歳男性。新進気鋭の料理評論家。駆け出しの頃、ラーメンに関する知識の無さを芹沢達也に指摘され、料理評論家としての活動を休止した過去がある。そのことが原因で、現在も芹沢には苦手意識を抱いている。佐倉祥...

クレジット

協力