包丁人味平

包丁人味平

未熟だが才気ある若手料理人・塩見味平が、洋食、日本食、カレー、ラーメンなど、さまざまな料理勝負を通じて、成長していく物語。原作は牛次郎。題材としてグルメ/料理を扱った初めての長編漫画であり、料理バトルというスタイルを確立させた作品である。作者であるビッグ錠と牛次郎のコンビは、後に『スーパー食いしん坊』、『一本包丁満太郎』などの料理バトル漫画を発表している。

概要

中学を卒業したばかりの少年塩見味平は、日本料理の名人である父の反対を押し切って、洋食屋・キッチン・ブルドッグの見習いコックとなる。しかし、修行中のトラブルから、日本料理界に伝わる包丁試しの勝負を受けることになってしまう。さらにこの勝負をきっかけに、数々の料理勝負に挑むことになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

日本料理の名人である父を尊敬しているが、誰もが食べられる安くて美味しい料理を作りたいと考え、洋食屋・キッチンブルドッグの見習いコックとなる。実は魚が苦手で、魚に触れると蕁麻疹が出てしまう(魚料理の勝負... 関連ページ:塩見 味平

塩見味平の父で、日本料理界でも最高の権威を持つ流派・五条流を修めた名料理人であり、高級料亭かつらぎの花板を勤める。骨だけになった魚を水槽に戻し、再び泳がせるという伝説の技を会得しているが、松造自身はこ... 関連ページ:塩見 松造

塩見味平が就職した洋食屋・キッチン・ブルドッグのチーフ・コック。かつては世界を巡る豪華客船でチーフ・コックを務めたほどの料理の腕の持ち主。厳しいが、公平かつ誠実な人柄で、味平にとっての最初の師とも言え... 関連ページ:北村チーフ

初老の域に入ったベテラン料理人。キッチン・ブルドックのナンバー2であり、ストーブ前を務める。職人気質で常に気難しい表情をしているが、味平のことは認めており、包丁試しの特訓で苦しむ味平に示唆を与える。 関連ページ:留さん

キッチン・ブルドックでセカンド・コックを務める料理人。物語序盤では、先輩として味平に厳しく当たることもあったが、根は気のいい青年である。包丁試し、点心礼勝負では、留さんや川原と共に、観客席から味平を応... 関連ページ:片桐

キッチン・ブルドックで野菜場を担当する若手料理人。大学卒業後に料理の道に入ったという変り種で、料理以外にも雑多な知識を持ち、何気ない一言が味平にヒントをもたらすこともあった。 関連ページ:川原

味平が中学時代に同級生だった少女。いち早く自分の道を定め、一心に料理人として邁進する味平を見守る。 関連ページ:ミッちゃん

北村チーフ不在時の臨時チーフ・コックとして、キッチン・ブルドックに派遣されてきた料理人。キッチン・ブルドックの乗っ取りを企む。さらに味平を挑発し、包丁試しの勝負に持ち込む。かつては五条流で修行した料理... 関連ページ:仲代 圭介

キッチン・ブルドックの臨時チーフ・コックとなった仲代圭介が、手下として呼び寄せた料理人。見習いである味平にキャベツの早切り勝負を仕掛け、敗れる。 関連ページ:一の瀬

日本屈指のホテルと言われる東洋ホテル(実在する同名ホテルとは異なる)の料理長。「包丁貴族」の異名を待つ天才料理人として知られている。非常な自信家であると同時に冷徹な性格で、部下のミスや下品さを許さない... 関連ページ:団 英彦

包丁試しの決着後、キッチン・ブルドックを離れた味平が、上野の包丁塚で出会った少年。弁天堂をねぐらにする浮浪児で、一時はスリで生活費を稼いでいた。点心礼勝負および荒磯勝負で、味平のパートナーとなる。 関連ページ:熊五郎

日本料理界に絶大な発言力を持つ五条流の宗家を務める老人。点心礼勝負にて審査団が下した判定に異議を唱え、「闘六味」による決着を提案する。味平にとっては父・塩見松蔵が修めた流派のトップであり、仲代圭介や鹿... 関連ページ:神林 道風

高級レストランや料亭の料理に因縁を付け、賭け包丁(料理勝負)で大金を巻き上げるゴロツキ。「白糸バラシ」、「地雷包丁」といった独自の技を使いこなす。かつては五条流の料理人として修行していたが、胸の病によ... 関連ページ:鹿沢 練二

焼津の老舗料亭「いちはし」の娘。点心礼勝負の延長戦である「闘六味」において、偶然審査員のひとりとなり、味平に興味を持つ。さらに鹿沢練二に勝負を挑まれた味平のスポンサーとなり、掛け金1千万円を提供する。 関連ページ:一橋 久美子

焼津の老舗料亭「いちはし」の花板。「いちはし」の娘である一橋久美子と共に、味平の魚アレルギー克服に尽力。さらに荒磯勝負では立会人を務める。 関連ページ:二代目磯十郎

高級カレーチェーン「インド屋」のメニュー開発者で、6000種類のスパイスを嗅ぎ分けるという超人的な嗅覚を持つカレーの専門家。あまりにも鋭敏な嗅覚のため、平素は鼻だけを覆う特殊なマスクを付けている。カレ... 関連ページ:鼻田 香作

高級カレーチェーン「インド屋」の経営者。無一文で渡米し、わずか6年で全米に日本風肉料理のスキヤキチェーンを展開したという立志伝中の人物。日本では、カレーの天才である鼻田香作と組み、「インド屋」による全... 関連ページ:マイク赤木

横浜港で働く日雇いの中年労務者。味平が屋台カレーを始めるきっかけとなり、カレー作りの仲間として活躍する。 関連ページ:神山 佐吉

横浜を縄張りとする暴走族「ブラックシャーク」の女団長。団員と揉め事を起こした味平と出会い、その料理に対する真摯さに魅かれ味平を手伝い始める。実は大徳デパートひばりヶ丘支店長の娘であり、「インド屋」に対... 関連ページ:香川 梨花

横浜周辺の労務者やタクシードライバーに人気のラーメン屋台「大龍軒」の店主。味平とそう変わらない若さだが、客の言動から好みを判断し最適の味付けをするという「味割り」の技術を体得している。その腕を味平に買... 関連ページ:柳 大吉

全国に展開する「大徳デパート」の社長。味平が屋台で売り出した「雑煮カレー」を認め、「インド屋」を擁するライバルデパート「白銀屋」への対抗策とすべく、味平をスカウトする。 関連ページ:大徳社長

長距離トラックの運転手で、大のラーメン好き。仕事柄、全国を巡ってラーメンを食べており、東京で出会った味平に本当にうまいラーメンを食べさせてやろうと、札幌まで連れて行く。その札幌で開催されていた「第1回... 関連ページ:井上 洋吉

弟の石田石竜と共にラーメン祭りに参加した料理人。三平汁の技法をスープに活かした「三平ラーメン」で人気を博しており、ラーメン祭りでも優勝の大本命と言われている。ラーメン祭りに飛び入り参加した味平を苦々し... 関連ページ:石田 鉄竜

『包丁人味平』の原作者である牛次郎本人。ラーメン祭りの解説者を務める。料理に関する造詣は深いようだが、寒さが苦手らしく屋外イベントであるラーメン祭りでは、終始寒さに震えている。 関連ページ:牛次郎

場所

キッチン・ブルドッグ

『包丁人味平』序盤の舞台となる飲食店。東京のオフィス街にあるこじんまりとした洋食店で、庶民的ながらしっかりとした料理を出す店として知られている。 関連ページ:キッチン・ブルドッグ

包丁試し

『包丁人味平』で行われた料理勝負。日本の料理人の間で古来伝わる決着方法で、その敗者は料理の世界から去らねばならない。「氷祭り(氷の彫刻作り)」、「火祭り(アイスクリームの壷揚げ)」、「刃物祭り(水面に... 関連ページ:包丁試し

点心礼勝負

『包丁人味平』で行われた料理勝負。懐石料理の起源に端を発すると言われる料理人同士の真剣勝負。作中の点心礼勝負は、名古屋の熱田神宮境内において行われた「肉の宝分け(豚一頭分の肉を部位ごとに切り分ける)」... 関連ページ:点心礼勝負

荒磯勝負

『包丁人味平』で行われた料理勝負。駿河湾沖の海流の難所である「荒磯の板場」に浮かべた小船の上で、焼き魚を作り、その数と質を競うという危険極まりない勝負である。 関連ページ:荒磯勝負

イベント・出来事

カレー戦争

『包丁人味平』で描かれた一種の企業間競争。東京郊外・ひばりヶ丘駅の北口と南口に同時期に開店することになった2つのデパート、白銀屋(北)と大徳デパート(南)。その勝敗を分けるものとして選ばれたのが店内の... 関連ページ:カレー戦争

ラーメン祭り

『包丁人味平』で開催された野外イベント。ラーメンの本場・札幌を舞台に、全国の有名ラーメン店を集め、日本一のラーメンを決めようという趣旨のお祭りである。正式名称は「第1回全日本ラーメン祭り」。味平は、こ... 関連ページ:ラーメン祭り

SHARE
EC
Amazon
logo