一本包丁満太郎

一本包丁満太郎

主人公風味満太郎が、さまざまな料理の勝負を重ねていくという典型的な料理バトル漫画。ただし、その題材となるのは、おにぎり、すき焼き、ふぐ刺、かやくごはんなど、日本料理が中心となっている。また、全編を貫く縦糸として、ヒロインである示条味味と満太郎との恋愛模様が描かれていく点も大きな特徴となっている。

概要

東京の下町にある銀平食堂は、カツ丼とカレーだけがメニューの小さな店。その三代目である風味満太郎は、父風味金平の味を超えるため、洋食レストラン、日本料理店などで修業を続けるが、周囲の思惑や持ち前の喧嘩早さから、さまざまな料理人たちと料理勝負を重ねていくことになる。

登場人物・キャラクター

風味 満太郎

直情的で熱くなりやすいが、こと料理に関しては鋭い閃きを見せる青年。奇抜なアイデアでさまざまな料理勝負を勝ち抜いていく。

風味 金平

満太郎の父親で銀平食堂の二代目主人。商売っ気は無いが、初代から受け継いだカツ丼の味を頑固に守り続けている。

風味 幸江

満太郎の母親。肝の据わった女性で、頑固な夫や世間知らずの息子のやることには口を出さず、やさしく見守っている。

示条 味味

性別を偽って満太郎が修業するレストランBongoで働いていた女性。実は、室町時代から続く日本料理の流派示条流の跡取りである。満太郎とおにぎり勝負で対決し、後に愛し合うようになる。

田楽

満太郎の親友。リーゼントにゲジゲジ眉の大男で、料理に関してはまったくの素人だが、さまざまな場面で満太郎のために働く。

郷原会長

日本全国にレストランチェーンを展開する西商グループの創始者。風味金平が作るカツ丼の味を高く評価しており、その味を取り込み自社レストランに活かしたいと考えている。

舌庵和尚

高名な料理人たちから「味ドック」として信頼されている京都の山寺、精味寺の長。示条味味の熱意と才能を認め、彼女の修業に手を貸す。

伊賀谷 玄人

考え方の違いから示条流を破門された料理人。満太郎と示条味味のおにぎり勝負の判定に異議を唱え、新たな舞台で二人に勝負を挑もうとする。

笑月亭 松之助

大阪に味修業にやってきた満太郎が出合った売れない噺家。満太郎に大阪の味をレクチャーする。料理の道に邁進する満太郎の姿を見て改心し、落語に打ち込み始める。

千代

まだ若いが、大阪の老舗料亭吉留の女将を務める女性。満太郎の才覚に惚れ込み、自分の夫として吉留を任せたいと思うようになる。

山科

大阪の老舗料亭吉留の花板。確かな腕を持つが吉留の味を守ることに固執しており、女将である千代とは意見が合わない。その一方で千代を手に入れたいとも考えている。

郷原 秀夫

西商グループ代表の郷原会長の孫。東帝大学工学部を中退し、フランスで料理修業を積んできた若者で、日本料理とフランス料理の融合を目指して老舗料亭吉留で修業を始める。

貴船 十三

並外れた味覚と分析能力で、どんな料理の秘密も暴き出すという凄腕のテイストハンター。満太郎との勝負や、示条味味との出会いから、料理人として生き直すことを決意する。

松山 大五郎

関西財界の大物で、自身が主催した園遊会で満太郎と出会う。味覚障害から心身のバランスを崩していた孫の松山博人の食事を満太郎に任せようとする。

書誌情報

一本包丁満太郎セレクション 全8巻 〈集英社文庫 コミック版〉 完結

第1巻 おにぎり対決編 1

(2007年3月発行、 978-4086186148)

第2巻 おにぎり対決編 2

(2007年3月発行、 978-4086186155)

第3巻 おにぎり対決編 3

(2007年4月発行、 978-4086186162)

第4巻 すきやき対決編

(2007年4月発行、 978-4086186179)

第5巻 麺祭り+包丁競べ編

(2007年8月発行、 978-4086186186)

第6巻 牛丼vsハンバーガー編

(2007年8月発行、 978-4086186193)

第7巻 お好み焼き対決編 1

(2007年10月発行、 978-4086186209)

第8巻 お好み焼き対決編 2

(2007年10月発行、 978-4086186216)

SHARE
EC
Amazon
logo