スーパーくいしん坊

小さな洋食店の一人息子である中学生が、持ち前の才覚を生かして、プロの料理人たちと料理勝負を繰り広げるという料理漫画。少年誌における料理勝負ものの先駆けとも言える作品である。月刊誌連載であったためか、連載前期は一話完結式の作品だったが、後期になると2~3話をまたぐ長編エピソードが中心となっていった。原作・原案は牛次郎。

  • スーパーくいしん坊
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
スーパーくいしん坊
作画
原作
ジャンル
料理バトル
レーベル
講談社コミックスDX(講談社) / 中公文庫コミック版(中央公論新社) / 講談社プラチナコミックス(講談社)

総合スレッド

スーパーくいしん坊(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

信悟(スーパーくいしん坊)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
辻 信太郎(スーパーくいしん坊)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

概要

洋食屋くいしん坊の一人息子の鍋島香介は、人一倍の大食いであると同時に大人顔負けの料理の才覚の持ち主。生来の喧嘩早さから、毎回さまざまな料理人たちとの料理勝負に挑戦することになり、その都度奇抜なアイデアで勝利を収めていく。

登場人物・キャラクター

主人公
スーパーくいしん坊の異名を取る中学生。あだ名通りに丸々と太った大食漢で、料理に関してはプロ顔負けの才覚を持つ。熱くなりやすい性格で、料理の腕を鼻にかける相手には食って掛かることもしばしば。その結果、料...
香介の父で、洋食店くいしん坊のオーナーシェフ。香介のアイデア料理の試作に付き合い相棒役を務める。グルメとして名高い辻信太郎からは、ベテラン料理人として信頼を得ているが、香介のアイデアや食材に対する知識...
香介の母でごく普通の主婦。劇中では名前は明かされない。夫の職場であるくいしん坊の厨房には足を踏み入れないが、家庭料理は得意でレパートリーも豊富である。彼女が作った料理から、香介が新しいアイデアを思いつ...
香介のクラスメイトの女の子。家もくいしん坊の近所にあるらしく、ご近所さんとして気軽に出入りしている。香介の料理勝負の場では、常に応援に回っているが、出番のないエピソードも多い。
香介のクラスメイトの男の子。中学校では、ほとんどの場合、香介と一緒におり、時には食材探しにも付き合うほどの仲である。カッとなりやすい香介の抑え役。
香介のクラスメイトの女の子。やや太めでケーキ作りが得意。香介にあからさまな好意を示すが、香介の方は彼女のことが苦手らしい。
くいしん坊があるみどりヶ丘の町内会長。いくつかのエピソードに登場し、香介と料理人との口喧嘩を両者の料理勝負イベントへと仕立て上げる。
料理関係の書籍や雑誌を扱う出版社の社長。グルメとしても有名な人物で、自らを「味覚人」と名乗る。くいしん坊を雑誌で紹介してほしいと頼む香介に対して、紹介するにふさわしい料理を作れと勝負と挑む。
香介が通う中学校の給食調理担当の職員。「給食の魔王」の異名を取り、自らの料理に誇りを抱いている。限られた予算内で作ったハンバーグを香介に否定されたことで怒り、ハンバーグ勝負を挑んだ。
「タコ焼きデスマッチの巻」に登場した的屋の男性である。香介の中学校の学園祭当日に、校門の前に屋台を出しており、同じくたこ焼きの模擬店を出していた香介たちとトラブルを起こした。
「おにぎり合戦の巻」に登場した料理人で、「おにぎりにぎって十三年!」と自称するおにぎりのプロ。おにぎりそっくりの顔をしている。長年の修練で手の皮が厚くなっており、炊きたてのごはんから素手でおにぎりを作...
「テレビDEヤキソバの巻」に登場した人気俳優。料理の腕は玄人はだしで、司会を務める公開料理番組「ビバ! ごちそう」では自ら腕を振るう。カメラがない場所では非常に愛想が悪く、香介たちを冷たくあしらったこ...
「親子丼勝負の巻」などに登場した料理人。三代続いた鳥料理専門店「鳥源」の跡取り息子で、鶏肉と卵の扱いに詳しい。親子丼を課題とした調理師協会のコンテストで、香介のライバルとして立ちはだかる。
「親子丼勝負の巻」などに登場した料理人。フランス料理専門店「ドヌーブ」の二代目。パリで料理修行をした経験があり、卵料理だけでも百種類のレパートリーを持つと噂される。親子丼勝負で香介、鳥源の息子との三つ...