三代川 祐介

喧嘩稼業(漫画)の登場人物。読みは「みよかわ ゆうすけ」。反町隆広とはライバル関係。

  • 三代川 祐介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
喧嘩稼業(漫画)
正式名称
三代川 祐介
ふりがな
みよかわ ゆうすけ

総合スレッド

三代川 祐介(喧嘩稼業)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

召琳寺拳法家の男性で段位は六段。幼少時に父親が死去した後、祖父から召琳寺拳法を習っていたが、小学校の同級生に稽古を冷やかされたことが原因で一時稽古から離れ、引きこもりとなっていた。中学3年の時に祖父が死去し、遺された日記を読んで祖父がいかに自分のことを想ってくれていたかを知ると、以後15年間にわたって召琳寺拳法の稽古に明け暮れるようになる。

多重人格者であり、普段は「弱くはないが強くはない」と言われる程度の実力だが、父親の名前が付いた一人目の人格・清太が表に出た際は別人のような強さを見せた。召琳寺拳法代表として陰陽トーナメントに出場し、1回戦での対戦相手は反町隆広

登場人物・キャラクター

陰陽トーナメント出場者の一人である元総合格闘家の男性。元々は、ミスタープロレス・生野勘助に憧れ、高校を中退しカブトと同期で大和プロレスに入門したプロレスラーだったが、シナリオがある試合を嫌って総合格闘...

関連キーワード

『喧嘩稼業』の舞台となる、マカオにて開催の異種格闘大会。田島彬が、ボクシングの世界王者となって手に入れた2億ドルのファイトマネーを使って主催した。ノールールで、16人が参加するワンデイトーナメントの優...

登場作品

総合格闘家・田島彬がマカオで開催する、さまざまな格闘技の強者16人を集めて行われる異種格闘トーナメント大会・陰陽トーナメント。古武術・富田流を学ぶ佐藤十兵衛は、かつて自分が惨敗を喫した喧嘩屋・工藤優作...