格闘美神 武龍

毛家居合拳道場に所属する格闘の才能に恵まれた女子高生が、総合格闘技大会「プライムマット」のリングで戦う姿を描く格闘漫画。「週刊ヤングサンデー」2002年35号から2007年23号にかけて連載された作品。

正式名称
格闘美神 武龍
作者
ジャンル
バトル
レーベル
ヤングサンデーコミックス(小学館)
巻数
全18巻
関連商品
Amazon 楽天

世界観

毛家居合拳道場で幼い頃から格闘技漬けだった毛蘭が総合格闘技大会「プライムマット」に参戦して、強敵と戦っていくストーリー。特に毛家と因縁がある曹家八極拳道場との戦いがメインで、その中で蘭がさまざまな人と出会い、精神的にも身体的にも成長していく姿を描いている。蘭の出生の秘密や、戦いの中で知る家族の愛なども大きなテーマとなっている。

あらすじ

毛家居合拳の正統後継者で、毛家居合拳道場に所属する女子高生・毛蘭は、総合格闘技大会「プライムマット」への参戦が決まっていた。しかしプライムマットは、毛家と因縁がある曹家八極拳道場を支配している曹徳興がプロデューサーを務めていた。徳興の目的は自分の娘である曹春楊を使って曹家八極拳を世に知らしめることであり、また毛家居合拳の後継者である蘭を公の場で叩きのめすことであった。そんな逆境に置かれながらも、蘭は自分の強さを信じて厳しい修行を積み、春楊との戦いに備えるのだった。

メディアミックス

TVアニメ

2005年10月から2006年3月にかけて、テレビ東京系列でTVアニメ版が放送された。また、2006年4月から同年9月にかけては『格闘美神 武龍 REBIRTH』として、TVアニメ版第二期も放送された。スタッフはシリーズ構成を菅良幸、キャラクターデザインを岩佐裕子、音楽を池田大介が担当している。主なキャストは毛蘭役を山崎和佳奈、曹春楊役を皆川純子、曹鈴音役を早水リサが演じている。

TVゲーム

2006年6月22日にバンダイナムコゲームスよりPlayStation2用ソフトとして『格闘美神 武龍』が発売された。ジャンルは格闘アクションで、対象年齢は12歳以上。1人プレイはもちろん、2人での対戦も可能となっている。

作家情報

石川優吾は1960年2月9日生まれの男性漫画家。デザインの専門学校を卒業後、デザイン会社に就職。半年で退社後、以前からの夢であった漫画家を目指して新人賞に応募を続け、1982年に「週刊ヤングジャンプ新人増刊号」にて『革命ルート163』でデビューを果たした。代表作は本作『格闘美神 武龍』の他、『よいこ』『カッパの飼い方』などがある。

登場人物・キャラクター

主人公

毛家居合拳道場の師匠として太極拳を教えている、大阪市立とんぼり高校2年3組の女子生徒。幼少期から毛混の教えを受けており、小学2年生の時には小学6年生3人との喧嘩や猛犬との戦いにおいても勝利を収めるなど... 関連ページ:毛 蘭

総合格闘技大会「プライムマット」女子の部で売出し中の格闘家で曹家八極拳道場所属の女子高生。現役の欧州キックボクシングチャンピオンも、まったく寄せ付けずに勝利するほどの実力者。毛家に対して異常なこだわり... 関連ページ:曹 春楊

曹春楊の妹で毛家居合拳道場に所属する門下生。かなり激しい性格で好戦的。相手が老人であろうと本気で食って掛かるその性質から、道場内では「狂犬少女」と呼ばれている。今の曹家八極拳は間違っていると考えており... 関連ページ:曹 鈴音

毛家居合拳道場に所属する門下生。毛蘭と同じ大阪市立とんぼり高校2年3組の男子生徒で、もともとは空手部に所属していたが、毛家居合拳道場に押し掛ける形で入門した。その理由は、アルバイト先のコンビニにたむろ... 関連ページ:大場 政夫

毛 混

毛蘭の祖父。酒飲みでスケベだが、毛家居合拳道場の創始者にして蘭の師匠でもあり、その戦闘能力の高さは折り紙付き。蘭に対しては、地元のチンピラやヤクザとけんかさせたりするなど、時に奇怪な行動を強いることがある。ただし、これらはしっかりと蘭の血肉となっており、指導法としては理にかなっている。

毛 毛元

毛混が教えていた3人の弟子の1人で、毛蘭の父親。当時の弟子の中では2番目に強かった。技では剛力に劣るものの、剛力にはない優しさを持っており、絶えず他人を思いやり弱き者を助けようとするその人間性は、周囲からの評判も高かった。

毛混が教えていた3人の弟子の1人。弟子の中では最も強い男性で、混が授けた居合拳のすべてを体得するだけの技量の持ち主だった。しかし、強さに溺れる傾向にあり、居合拳を体現する精神に欠ける部分が当時から問題... 関連ページ:剛力

毛混の友人の老人。曹家八極拳道場の創始者で、曹春楊の祖父。人を傷つけることなく戦い終えるという理想の拳法を追い求め、混とともに日本へやって来た。その後は互いに理想の拳法を極めた際に再会することを誓って... 関連ページ:曹 福生

曹 徳興

曹春楊の父親。総合格闘技大会「プライムマット」のプロデューサーで、マイクパフォーマンスの際には小指を立ててマイクを握る癖がある。また、曹家八極拳道場の方向性を捻じ曲げ、実質的に実権を握っている人物でもある。曹家八極拳を世に知らしめる場として、プライムマットに莫大な資金を投じている。

曹家八極拳道場に所属する男性で、曹家の付き人のような立ち位置にある。幼い頃から曹春楊と曹鈴音のことを知っており、特に鈴音に肩入れして可愛がっていた。もともとは毛混が教えていた3人の弟子の1人で、その中... 関連ページ:加藤

陳 曼青

山奥に住む気功師の老人。曹福生とも顔見知りで「古き友人」と語っている。当時から「気」を操る力に長けており、現在は気功の達人となって自分の後継者となる三代目を育てている。ちなみに、三代目の前に看板を背負わせようとした二代目からは裏切られている。

陳 麗

陳曼青の孫娘で、三代目となる気功師の後継者。まだ小学1年生ながらその運動能力は素晴らしく、気功の力もしっかりと曼青から受け継いでいる。しかし、まだ気功を完全に制御をするには至らず、普段はマフラーで「気」を抑えている。

陳 時珍

陳麗の父親で、陳曼青を継ぐ二代目となるはずだった人物。しかし、気功師としては未熟者であり、曼青からは破門を言い渡されている。現在は学んだ「気」を商売に使っており、金で雇われればなんでもする下賤の輩に成り下がっている。

新聞社「ヤマトスポーツ」の風俗記者を務める男性。一時期は子供の頃からの夢だったプロレスラーだったが、そこで夢と現実の違いを見せつけられ、プロレスの現場から離れて現在に至っている。偶然に見かけた毛蘭の戦... 関連ページ:鏑木 拓郎

シン

カメラマンを務める男性。鏑木拓郎の知り合いで、毛蘭のことを調べて欲しいとの拓郎の要請に快く応じた。物事を調べる能力に長けており、たった1枚の蘭の写真を見ただけで、彼女の通う学校を突き止めた。ちなみに同性愛者である。

毛蘭が通う、大阪市立とんぼり高校の男子生徒。学校で一番強いことを自称している番長で、子分も従えている。総合格闘技大会「プライムマット」に出場して脚光をあびるようになった毛蘭に食ってかかり、どちらが強い... 関連ページ:山田

第一回の総合格闘技大会「プライムマット」女子の部一回戦で毛蘭と対戦した現女子プロレスWBMの世界チャンピオンの女性。188センチの長身と115キロの重量から繰り出すパワーはすさまじい。戦闘スタイルは単... 関連ページ:シェリー・ローラー

アナベラ・ジルベルト

第一回の総合格闘技大会「プライムマット」女子の部二回戦で毛蘭と対戦したブラジリアン柔術の黒帯所有者の女性。2002年のブラジリアン柔術中南米大会で優勝した実績を持つ。組み合ってからの寝技が得意だが、立ち技もこなす器用さを持っている。

チャン・ツィ・リー

第一回の総合格闘技大会「プライムマット」女子の部一回戦で八木めぐみと対戦した中国福健省出身の18歳の女性。幼少の頃から少林券を学び、10歳にして全国少林拳大会にも参加し、女子として初めて優勝を飾った。ただし、それは型の部門での優勝であった。

デビィ・クロファット

第一回の総合格闘技大会「プライムマット」女子の部二回戦で八木めぐみと対戦したオランダのキックボクシングチャンピオンの女性。プライムマットの女子部において曹春楊の初めての対戦相手となった人物で、春楊との試合では敗れている。

星野 望

第二回の総合格闘技大会「プライムマット」女子の部一回戦で毛蘭と対戦した、極空流空手を極めたといわれている女性。しかし、実際は空手のオープントーナメントや総合の大会でも一回戦で姿を消すほどの完全な無名選手であり、実力も蘭を相手取るには力不足。だが、やる気だけはあって非常に好戦的。

ルビー・タルワンチャイ

第二回の総合格闘技大会「プライムマット」女子の部一回戦で八木めぐみと対戦したタイ・ルンピニー女子ミドル級チャンピオンの女性。総合格闘技は初挑戦だが、立ち技とそのキックの切れ味には定評がある。しかし、寝技の経験がなく、グラウンドでの攻防に持ち込まれると不利と目されていた。

第二回の総合格闘技大会「プライムマット」女子の部二回戦で毛蘭と対戦したキックボクシング・ルンピニー女子チャンピオン。その美しいリングネームに反し、身長2メートル、体重150キロ、筋骨隆々で外見は男性そ... 関連ページ:マリー・アントワネット

嵐乃海

総合格闘技大会「プライムマット」男子の部に出場した第69代横綱の男性。横綱として相撲界に君臨していた当時は飛鳥山を土俵の上で何度もねじ伏せた実力者。現在は相撲界を引退しているが、これからのプライムマットを担う看板選手として小林孝二からは期待されている。

総合格闘技大会「プライムマット」の会場で、試合の解説を務める男性。好みのタイプは曹鈴音で、強さという点では毛蘭に心酔している。格闘技全般の深い知識を有し、格闘技の解説はお手の物。第二回のプライムマット... 関連ページ:小林 孝二

ユンボ・ナニワ

ナニワ女子プロレスに所属する女子プロレスラー。バラエティー番組などにも出演している知名度の高い恰幅のいい選手。得意技としているドロップキックは、ここ一番の大勝負の時しか出さないと決めている。

ナニワ女子プロレスに所属する女子プロレスラー。前歯が差し歯になっており、ユンボ・ナニワとの練習中によく歯が飛んでしまう。毛蘭がナニワ女子プロレスにやって来たせいで練習がキツくなったと感じており、蘭のこ... 関連ページ:下田

ナニワ女子プロレスに所属する女子プロレスラー。まだデビューしたての選手で、毛蘭の身の回りの世話をする役を担っている。総合格闘技大会「プライムマット」女子の部への参戦が決まっているが、いわゆる咬ませ犬的... 関連ページ:八木 めぐみ

花田

ナニワ女子プロレスの社長を務める男性。八木めぐみを新世代のエースとして売り出すために、リアル感あふれる演出を考案して観客を興奮させるように仕向けるなど、かなりのやり手。また、総合格闘技大会「プライムマット」で初勝利し、取材陣から追い掛け回されていた毛蘭を匿うなど、蘭に対して協力的な一面もある。

関取の男性。格闘技オタクで、時間が許す限りあらゆる格闘イベントを観戦している。総合格闘技大会「プライムマット」も見ており、毛蘭を「ちょっとしたブーム」として特に注目している。相撲では小柄な体格ながらそ... 関連ページ:飛鳥山

全日本大学フィギュア選手権で3位の成績を残した女性スケーター。第二回の総合格闘技大会「プライムマット」に参加する毛蘭の修行相手をさせようと企んだナツキに、そのスケーティングを「猿回しの猿みたい」と煽ら... 関連ページ:山田 三津子

バレーボール全日本代表に選ばれている女子高生。ナツキが、第二回の総合格闘技大会「プライムマット」に参加する毛蘭の修行相手をさせるために連れて来た選手。高い身長から繰り出されるアタックの弾速は時速100... 関連ページ:大谷 香

神龍組の若頭

武闘派として名を轟かせている暴力団・神龍組の若頭を務める男性。ヤクザの情報が載っているアウトロー雑誌では武闘派ベスト1に輝いている。使用武器は刀で、雑誌でもその刀さばきの脅威について触れられている。その動きは、毛混の目をもってしても「見えない」と言わしめるほどの速さを誇る。

ナツキ

街中の「ゴミ男」を叩きのめす女子高生集団のリーダーを務める女子生徒。空手の黒帯で格闘技の心得がある。かつて中西に騙されて中西の仲間に強姦されて以来、中西の行方を追っている。

街中の「ゴミ男」を叩きのめす女子高生集団のメンバーの1人で、毛蘭の通う大阪市立とんぼり高校の女子生徒。当時、一方的に付き合っていると思い込んでいた男に騙され、その人物の仲間数人に強姦されている。校内で... 関連ページ:リカ

ナツキやリカが探している最も忌むべき「ゴミ男」。元ボクシングの学生チャンピオンにしてライト級日本ランカーまで上り詰めた男で、喧嘩は滅法強い。しかし、学生相手にクスリを売っているのがバレて警察に捕まって... 関連ページ:中西

場所

毛家居合拳道場

毛蘭が師匠を務める道場で、創始者は毛混。一般人にも、簡化太極拳を教えている。流派としては専守防衛をうたっており、対外試合はご法度。極意はただ1つで「相手の一撃をかわし、一撃をもって倒すこと」のみとなっている。

曹家八極拳道場

毛混の友人である曹福生が創設した八極拳道場。しかし、現在は福生が病床に臥している影響で、他流派の輩が多く八極拳の名は消滅したも同然となっている。現在の実権は曹徳興が握っており、毛家に対抗意識を燃やしている曹春楊が鍛錬する場となっている。

ナニワ女子プロレス

毛蘭が毛混に言われるがまま入門したプロレス道場。女子プロレスの世界ではメジャーといえるが、決して大手というわけではない。現在はなかなか新人が育っておらず、有望な新人を探している最中。

イベント・出来事

プライムマット

総合格闘技大会の中では最もメジャーな大会で、男子部門だけでなく女子部門も開設されている。プロデューサーは曹徳興で、女子部門のエースとして、曹春楊のことを売り出そうとしている。「武器の使用禁止」はもちろ... 関連ページ:プライムマット

その他キーワード

心眼

相手の「気」を感じることで、目が見えなくても攻撃をかわすことができる能力。毛蘭がスキを見せた時に毛混に攻撃されるという日常生活を3年間続けた結果、防衛本能として身に付けた。しかし、特に目を瞑らなくとも使用は可能。

書誌情報

格闘美神武龍 全18巻 小学館〈ヤングサンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2002年12月発行、 978-4091530110)

第2巻

(2003年3月5日発行、 978-4091530127)

第3巻

(2003年6月5日発行、 978-4091530134)

第4巻

(2003年9月30日発行、 978-4091530141)

第5巻

(2003年12月5日発行、 978-4091530158)

第6巻

(2004年3月5日発行、 978-4091530165)

第7巻

(2004年6月4日発行、 978-4091530172)

第8巻

(2004年9月3日発行、 978-4091530189)

第9巻

(2005年1月5日発行、 978-4091530196)

第10巻

(2005年4月5日発行、 978-4091530202)

第11巻

(2005年8月5日発行、 978-4091532411)

第12巻

(2005年11月4日発行、 978-4091532428)

第13巻

(2006年2月3日発行、 978-4091510488)

第14巻

(2006年5月2日発行、 978-4091510839)

第15巻

(2006年8月4日発行、 978-4091511096)

第16巻

(2006年12月5日発行、 978-4091511393)

第17巻

(2007年3月5日発行、 978-4091511645)

第18巻

(2007年6月5日発行、 978-4091512086)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo