三原 健

天上天下唯我独尊(漫画)の登場人物。読みは「みはら けん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上天下唯我独尊(漫画)
正式名称
三原 健
ふりがな
みはら けん

総合スレッド

三原 健(天上天下唯我独尊)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

たこやき須賀ジム所属のプロボクサーで、岩城凌が信頼を寄せる先輩である。かつて硬派な暴走族のリーダーだったが、難波工業高校中退を経て20歳でボクサーを志すようになった。『矢沢永吉激論集 成りあがり』に心酔しており、浪花の成りあがりがキャッチフレーズ。27歳の時に北野宏一を予告通り1R17秒でKO、日本ウェルター級チャンピオンに。

礼子との結婚式の当日、統一世界ウェルター級チャンピオンのベニー・サドラーと対戦。正気を失ったサドラーの反則行為により、開頭手術を受けるほどの重傷を負う。必死のリハビリで後遺症を克服したが、リングには復帰できず引退を宣言。

大型トラックを購入し、自営の運転手として独立した。の対レオン・フォード戦の直前、息子・雄飛が生まれる。最終回に後日談として、プロボクサーに成長した雄飛がかつてが手にしたヘビー級タイトルを獲得する様子が描かれる。

登場作品

喧嘩で無類の強さを誇る不良中学生・岩城凌。家の借金を返すためボクシングを始めた彼は、先輩ボクサーの三原健らに感化されて真剣に打ち込み始める。だが元クラスメートの女子生徒をレイプしようとした3人を半殺し...