三郎

三郎

おろち(漫画)の登場人物。読みは「さぶろう」。大森 千絵とは親族関係にある。

登場作品
おろち(漫画)
正式名称
三郎
ふりがな
さぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『おろち』の「骨」に登場する千絵の夫。伊豆の稲取で幸せな夫婦生活を送るが、ひき逃げ事故に遭う。回復に3年かかると言われるが、妻の甲斐甲斐しい看病で予想より早くよくなり、少しずつ歩けるようになる。ところが、散歩中に足を滑らし、崖から転落死してしまう。看護師になっていたおろちは、いつまでも嘆き悲しむ千絵を見て同情し、三郎そっくりに作った人形に命を与える儀式を行う。

しかし、儀式は失敗し、代わりに墓場から腐りかけた三郎の死体が蘇る。千絵は横浜の大森と再婚し転居していたが、2年後、三郎は千絵の前に現れ、赤ん坊のジュンを誘拐する。

関連人物・キャラクター

大森 千絵

『おろち』の「骨」に登場する女性。初婚の相手三郎を事故で亡くし、再婚して男児ジュンをもうける。東北の子吉村で生まれ、貧しくて不幸な少女時代を送る。産後すぐ母親を亡くし、父親は愛情がなく、継母にいじめら... 関連ページ:大森 千絵

登場作品

おろち

「姉妹」「ステージ」「カギ」「ふるさと」「骨」「戦闘」「秀才」「眼」「血」の9話からなるオムニバス・ホラー。ミステリーの要素も強い。不老の少女おろちがこの世をさまよいながら、時に不幸な人に寄り添い、そ... 関連ページ:おろち

SHARE
EC
Amazon
logo