うろこの顔

うろこの顔

血の繋がらない姉妹の姉が、病気で手足が動かなくなり、体に蛇の鱗ができて怪死する。姉に手の傷口から血を入れられた妹も、鱗の顔に変わり、人を襲って血を吸うようになってしまう。大の蛇嫌いの少女が、自分が蛇に変身していく恐怖を描いたホラー作品。

概要

怖い話を描く漫画家、楳図かずおの元に、ファンレターにまじって1通の手紙が送られてきた。差出人は沼田陽子という少女で、姉の沼田久留美が蛇になり、自分を殺そうとしているので助けてほしいという内容だった。大きな鱗が2枚同封されており、それは姉のものだという。楳図かずおの仕事を手伝う妹の楳図魔子が興味を持ち、差出人の住所である山梨県へ向かう。

登場人物・キャラクター

『うろこの顔』に登場する漫画家楳図かずおの妹。兄を助けるために、奇怪な話を集めるのが仕事であり趣味。楳図かずお宛に送られてきた沼田陽子の手紙を読んで、手紙の住所の山梨県に向かう。手紙には、陽子の姉沼田... 関連ページ:楳図 魔子

『うろこの顔』に登場する、怖い漫画を描いている東京在住の漫画家。楳図魔子の兄。沼田陽子から、姉の沼田久留美が蛇であり、自分を殺そうとしているという内容の手紙が届き、中には久留美の鱗が同封されていた。魔... 関連ページ:楳図かずお

『うろこの顔』に登場する少女。山梨県在住。姉の沼田久留美とは実の姉妹ではなく、6歳の時に母親と沼田家に来た。姉妹仲は良かったが、陽子が小学生の時、中学生の久留美は脳の病気で手足が動かなくなる。ある夜、... 関連ページ:沼田 陽子

『うろこの顔』に登場する沼田陽子の姉。久留美は父親の連れ子で、陽子と血は繋がっていない。中学生の時、脳の病気で手足が動かなくなり、体に鱗が浮き出るなど蛇のようになっていく。陽子が窓から落ちて大ケガをし... 関連ページ:沼田 久留美

『うろこの顔』に登場する沼田陽子の母親。6歳の陽子を連れて沼田家に来ている。陽子の父親に恨みを持つヘビ村の巫女は、久留美に続き陽子を呪いで蛇にしたのち、奈津江に「蛇になれ」と呪いをかける。 関連ページ:沼田 奈津江

『うろこの顔』に登場する、沼田久留美と沼田陽子の姉妹の父親。久留美は彼の連れ子。彼が若い頃、奥秩父に出張に行った時、好奇心から双頭のヘビ神を祀るヘビ村に入り込む。そこの草むらで双頭のヘビに遭遇し、石で... 関連ページ:陽子の父

『うろこの顔』に登場する沼田陽子の学校の友達。休み時間、陽子を屋上に連れていき、母親に買ってもらった金のネックレスを見せる。ユリカが陽子の首につけると、それが蛇に変わって陽子の首を絞めつけた。陽子は蛇... 関連ページ:ユリカ

『うろこの顔』に登場する、沼田家のばあや。しかし、その正体はヘビ村の巫女であり、沼田久留美を殺し、沼田陽子を蛇にした犯人である。沼田家の物置で、御神体である双頭のヘビを布団に寝かせ、沼田家の家人に呪い... 関連ページ:ばあや

『うろこの顔』に登場する怪事件の犠牲者。鱗の顔をした人物に襲われ、喉に不思議な咬みあとが残っていた。 関連ページ:友子

集団・組織

沢田医院

『うろこの顔』に登場。沼田家の屋敷の筋向いにある小さな医院。沼田陽子が入院していた。 関連ページ:沢田医院

場所

沼田家の地下室

『うろこの顔』に登場。沼田陽子の姉沼田久留美が死んだ後、娘を灰にしたくなかった父親が、死体を安置した場所。 関連ページ:沼田家の地下室

ヘビ村

『うろこの顔』に登場する、元は平家の落武者の村。奥秩父にあり、近隣の人間は恐れて近づかない。村は蛇が多く、御神体として双頭のヘビを巫女が祀っている。 関連ページ:ヘビ村

その他キーワード

北川 春美

『うろこの顔』に登場する怪事件の犠牲者。何者かに襲われ発狂し、傷あとはないのに血液が異常欠乏し、入院中、「鱗の顔」などと口走り、悲鳴を上げて気絶を繰り返していた。 関連ページ:北川 春美

沼田陽子の手紙

『うろこの顔』に登場する沼田陽子が、東京の漫画家楳図かずお先生宛に送った封書。生臭い変なにおいがする。中には、手紙の他に、陽子の写真と、気味の悪い大きな鱗が2枚入っていた。その鱗は、陽子の姉沼田久留美... 関連ページ:沼田陽子の手紙

魔子の恐怖ノート

『うろこの顔』に登場する楳図魔子が持ち歩く大型のノート。魔子は漫画家楳図かずおの妹で、兄を助けるために奇怪な話を集めている。それを記録するのが魔子の恐怖ノート。沼田家を襲った怪事件の経緯は、『うろこの... 関連ページ:魔子の恐怖ノート

陽子の部屋の鏡

『うろこの顔』に登場する沼田陽子の部屋の鏡。壁にかけられ、観音開きの扉が付いている。陽子の部屋には異常に蠅が多く、腐ったようなにおいがした。特に壁にかかった鏡に、蠅が多く集まる。鏡は半年前からあり、姉... 関連ページ:陽子の部屋の鏡

双頭のヘビ

『うろこの顔』に登場するヘビ村の御神体。陽子の父は若い頃、ヘビ村に足を踏み入れ、双頭の蛇の片方の頭を石で叩き潰していた。これが原因で、沼田家の人間はヘビ村の巫女の呪いを受ける。 関連ページ:双頭のヘビ

SHARE
EC
Amazon
logo