世界鬼

世界鬼

鏡のようにすべてが反転する異世界ワンダーランドに集められたのは、鏡の国のアリス症候群という奇病に罹患した7人の若者たち。彼らは自分たちが集められた理由さえ知らされないまま、世界鬼と呼ばれる怪物との戦いに巻き込まれていく。「裏サンデー」に連載されたダークファンタジー。

正式名称
世界鬼
作者
ジャンル
ダークファンタジー
 
アクション一般
 
SF一般
レーベル
裏少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

叔父の家に預けられた14歳の中学生である東雲あづまは、叔父一家の全員から凄惨な虐待を受けていた。そんな中、彼女は鏡から出てきた謎の手により突然連れ去られ、すべてが左右反転した異世界ワンダーランドに召喚されてしまう。そこにいたのは自分と同じように、鏡の中の世界に幻覚を見てしまう奇病鏡の国のアリス症候群に罹患している若者たちだった。

あづまを連れ去ったチェシャ鬼と名乗る生き物は、鏡の国のアリス症候群にかかった者は世界鬼と呼ばれる怪物を殺すために選ばれた戦士「アリス」であると告げて姿を消す。そこに突如出現した、見上げるほどの巨躯の怪物。怪物は大きな腕を振り上げ、襲いかってくるのだった。集められた7人の戦士たちは、世界鬼を倒して6つの夜を乗り越える、残酷で絶望の日々に挑む。

登場人物・キャラクター

主人公

白いシャツの上から黒いワンピースを着ており、前に伸びた髪で片目を隠している少女。14歳の中学生であるが警察に小学生と見間違われるほど身長が低く、心もかなり幼めで内気な性格。父親とは死別、母親は失踪中で... 関連ページ:東雲 あづま

大学浪人中の19歳の青年で、髪を金髪に染めている。鏡の国のアリス症候群に罹患したうちの1人。チェシャ鬼に文句を言ったり、冷静に分析する宇藤耕太郎に当たったりと威勢がいいように見えるが、実際はかなりのヘ... 関連ページ:足立 輝

鏡の国のアリス症候群に罹患したうちの1人。レンズに星マークの意匠を施した眼鏡をかけジャージを着ている。漫画家になりたいという夢を親や教師から反対され編集者になったが、漫画の内容にうるさく口出しするため... 関連ページ:宇藤 耕太郎

鏡の国のアリス症候群に罹患したうちの1人。禿げ頭で大男の元自衛隊隊員で現在は都内の刑務所で服役中。元自衛官であるだけに火器の知識は豊富で、ワンダーランドでは、装甲車やロケットランチャー、戦車までも実体... 関連ページ:大倉 快人

黒髪ロングストレートの女子高校生。鏡の国のアリス症候群に罹患したうちの1人。鏡の中に見えてしまう幻覚と幼い頃の経験からセックス依存症に陥り、援助交際等をくり返している。結果的に恋人との間に望まない子供... 関連ページ:黒江 稔

佐伯 沙希

短めの髪にボーイッシュな服装の女子高校生。鏡の国のアリス症候群に罹患したうちの1人。恐ろしい幻覚に襲われるため誰かに依存する性格で、親友の美香と一緒にルームシェアをして生活している。美香は鏡を見ることのできない佐伯沙希のメイクなどを手伝っているが、世界鬼との戦いの中で彼女たちを悲劇が襲う。

瀬木 ひじり

「アリス」たちの中で唯一素性のはっきりしない赤髪の青年。世界鬼やチェシャ鬼に対しては容赦ない態度を取るが、東雲あづまに関してのみ優しく接する。戦いの最中でも常にあづまのことを気にかけ、あづまへの危険は全力で排除しようと行動する。しかし、その行動の理由は謎である。

チェシャ鬼

東雲あづまたち「アリス」をワンダーランドに送り込んだ生き物。大きな顔と離れた両腕のぬいぐるみのような姿。ただしこれは仮の姿で、本体はどこかに隠れている。ワンダーランドや世界鬼についての知識をあづまたちに授けるが、必要以上に多くを語ろうとはしない。世界鬼と敵対関係にあるが、なぜ敵対しているのかは不明。

東雲あづまが大切にしている鳥。ペットショップで間違って孵化してしまったものをあづまが譲り受けた。譲った人物が鳥に詳しくなかったため文鳥と勘違いしたようだが、見た目はセキセイインコ。つらい現実の支えとし... 関連ページ:文鳥ちゃん

あづまの叔父

東雲あづまの叔父、匡樹。家族は妻の彩香、長男の弘樹、弟のかずやで構成され、家族揃ってあづまに対して非常に残忍な虐待行為をくり返している。本人は暴力を振るうことなく優しい態度を装っているが、勉強を教えるという理由であづまの部屋に入りあづまを犯している。

第1夜で東雲あづまたちが戦った世界鬼。寄り目の大きな瞳に大きな口の、人形のようなシンプルな体で、顔からは上と左右の3方向にアンテナのようなものが突き出ている。10メートルを超すほどの巨体で、これほどの... 関連ページ:奇怪鬼

第2夜で東雲あづまたちが戦った世界鬼。大きなシルクハットにスカートを履いた魔女のような見た目。右手に持っているボールに電撃を貯めて上空の魔法陣に向けて発射し、そこから雷に似た電撃を落とす。電撃を貯めて... 関連ページ:自戒鬼

境鬼

第3夜で東雲あづまたちが戦った世界鬼。両腕、背中に大きな砲塔を持ち、腰から生えたアフターバーナーで高速移動する。砲塔は境鬼の武器であると同時に、実は自身の本体でもあり、胴体の部分は見せかけの付属品。ある理由から覚醒したあづまに、一瞬にして葬られる。

第4夜で東雲あづまたちが戦った世界鬼。これまでに登場した世界鬼に比べると体が小さく、タコのような見た目をしている。浮遊した状態で非常に素早く移動し、その速度はあづまでも追い付けないほど。強酸性の墨を吐... 関連ページ:老獪鬼

場所

ワンダーランド

チェシャ鬼が東雲あづまを連れて召喚した異世界。鏡に映したようにすべて左右が反転している。世界鬼とあづまたち「アリス」が戦う場所であり、アリスたちは精神エネルギーの状態で召喚されているため体が強化された... 関連ページ:ワンダーランド

その他キーワード

鏡の国のアリス症候群

鏡やガラス、水面など反射する鏡面上に、本来映るはずのない幻覚が見える奇病。原因は精神的な不安からくるものだといわれており、患者は思春期の人間に多い。個々によって見るものが違う。鏡に映ったものが話しかけ... 関連ページ:鏡の国のアリス症候群

世界鬼

チェシャ鬼が世界鬼と呼ぶ化け物。正体不明でなぜ地球に現れて破壊行動をするのか、どうしてチェシャ鬼と対立しているのか多くのことが不明である。巨大な体を持つものから砲塔を体に備えるものまで姿は多種多様。チェシャ鬼によれば、人間と人間世界に対して、溢れんばかりの敵意を示す異世界の住民であるという。

書誌情報

世界鬼 全11巻 小学館〈裏少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2012年12月18日発行、 978-4091241092)

第2巻

(2013年3月18日発行、 978-4091242792)

第3巻

(2013年8月16日発行、 978-4091216946)

第4巻

(2013年10月18日発行、 978-4091245298)

第5巻

(2014年1月17日発行、 978-4091245953)

第6巻

(2014年5月16日発行、 978-4091246844)

第7巻

(2014年7月18日発行、 978-4091251305)

第8巻

(2014年10月17日発行、 978-4091254771)

第9巻

(2015年3月12日発行、 978-4091257499)

第10巻

(2015年5月12日発行、 978-4091261199)

第11巻

(2015年8月12日発行、 978-4091263292)

SHARE
EC
Amazon
logo