丘の上でヴィンセント・ヴァン・ゴッホは

丘の上でヴィンセント・ヴァン・ゴッホは

画家ゴッホの生涯に思いを馳せながら現実を生きる工場員の日常を描いた作品。

正式名称
丘の上でヴィンセント・ヴァン・ゴッホは
作者
ジャンル
日常
レーベル
北冬書房
関連商品
Amazon 楽天

概要

絵画を趣味にする工場員が、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの生涯に思いを馳せながら、絵を描いたり、工場で働く姿を描く。約8年間の休筆後、メジャー青年誌に発表したつげ忠男の代表作の一つ。

登場人物・キャラクター

製薬会社の工場に勤めるサラリーマン。物置を改造した貸家で暮らす。絵を描くのが趣味で、ゴッホの生涯に思いを馳せながらゴッホの絵画を模写している。会社は倒産の危機にあり、恵まれた境遇とは言えない。 関連ページ:工場員

主人公の工場員の友人。学生運動家で、夜中にモツ焼きを持って工場員を訪ね、そのまま泊まる。学生も労働者も団結して統一行動をとるべきだと熱弁をふるう。翌日、一か月前の学生デモの暴行容疑で刑事に連れていかれ... 関連ページ:五郎

一か月前の学生デモの暴行事件の重要参考人として五郎を連れに来た刑事の一人。リーゼントが特徴。年が若く、五郎と怒鳴りあう。 関連ページ:リーゼントの刑事

一か月前の学生デモの暴行事件の重要参考人として五郎を連れに来た刑事の一人。眼鏡をかけた中年男性で、落ち着いた雰囲気を持つ。怒鳴りあいを始めた五郎と連れの刑事を諌める。 関連ページ:眼鏡の刑事

SHARE
EC
Amazon
logo