きなこ屋のばあさん

きなこ屋のばあさん

路地裏に引っ越した青年が垣間見る、「きなこ屋」という駄菓子屋の様子を描いた作品。

正式名称
きなこ屋のばあさん
作者
ジャンル
日常
関連商品
Amazon 楽天

概要

路地裏に引っ越してきた青年を語り部に、駄菓子屋「きなこ屋」のばあさんやその孫娘の身の上話を描いた作品。

登場人物・キャラクター

主人公

路地裏の下宿に引っ越してきた会社員。会社の帰りに「きなこ屋」で駄菓子を買う常連。下宿のおばさんに「きなこ屋」の歴史やばあさん、孫娘の国子のことなどを聞く。 関連ページ:青年

駄菓子屋「きなこ屋」を営むおばあさん。孫の国子と2人暮らし。店先の木箱に正座し店番をしている。皺が深くて表情に乏しく、起きているのか眠っているのか、笑っているのか怒っているのかよくわからない。 関連ページ:ばあさん

小学三年生ぐらいの女の子。学校から帰ると、お使いや店番をするどこか大人びた少女。父を交通事故で亡くし、母は他の男と駆け落ちしてしまったため、ばあさんと2人暮らし。 関連ページ:国子

場所

きなこ屋

元はばあさんの夫が考案したきなこ菓子を売っていたが、時代の移り変わりと表通りにできた新しい店のために、現在は子供向けの駄菓子屋になっている。店を引き継いだ長男は交通事故で死亡、その妻は娘・国子を置いて... 関連ページ:きなこ屋

SHARE
EC
Amazon
logo