久具津 源次郎

DOLL MASTER(漫画)の登場人物。読みは「くぐつ げんじろう」。別称、爺ちゃん。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
DOLL MASTER(漫画)
正式名称
久具津 源次郎
ふりがな
くぐつ げんじろう
別称
爺ちゃん
別称
先生
別称
お屋形様

総合スレッド

久具津 源次郎(DOLL MASTER)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

久具津巧・摩耶・樂の祖父。日本人形を製作する人形師で、練り頭の雛人形を作ることのできる日本有数の頭師である。彼の父も人形師で、本来は彼の兄が継承者となるはずであったが、戦争で利き腕を痛めたため断念。源次郎が跡を継ぐ事となった。それまで、人形作りは手伝い程度で、指先があまり器用でないせいで苦労した。

が、父の留守時に、父の作った「生きている人形」の修理を引き受けてしまい、以後「生きている人形」と縁が生じる。「お前は人形たちに好かれるようだ」と父から言われ、修業の後に「生きている人形製作の術」(久具津の術または「傀儡の口伝」)を教わる。源次郎の二人の息子には人形制作の才能がなかったため、自分限りで久具津の術は封印してしまうつもりだったが、の造形の腕を見て、一子相伝の秘術を伝える。

鍾馗・菅原道真・源義経・弁慶などの生きている人形を使役する。特に鍾馗・源義経を、可愛い孫娘の樂に悪い虫がつかないように付けていた。

生きている人形たちからは、お屋形様と呼ばれている。政治家などから、政敵を呪う器具として生きている人形の製作を頼まれることがあるが、そのつど追い返しては塩を撒いている。

登場作品

手芸専門店でバイトをしている女子大生・辻本雛子の趣味は人形作り。ある日客として訪れた凄腕のフィギュア・モデラーの久具津巧と知り合った彼女は、偶然彼が生き人形を作れることを知り、無理やり弟子入りしてしま...