乾 十三

ノー・ガンズ・ライフ(漫画)の主人公。読みは「いぬい じゅうぞう」。

  • 乾 十三
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ノー・ガンズ・ライフ(漫画)
正式名称
乾 十三
ふりがな
いぬい じゅうぞう

総合スレッド

乾 十三(ノー・ガンズ・ライフ)の総合スレッド
2016.07.28 18:46

概要

拡張者(エクステンド)に関する事件の処理を生業とする男。全身拡張者(エクステンド)であり、頭部がリボルバーとなっているほか、右手拳にもリボルバーが組み込まれている。殺傷能力のある拡張体を禁ずるEX(エクステンド)法に抵触する過剰拡張者(オーバーエクステンド)であるため、復興庁から免状を得て活動を許可されている。

ベリューレン社の人間からは、大戦中の大艦巨砲主義の産物の一つである「ガンスレイブユニット」と言われている。拡張処理以前の記憶はなく、身寄りもない。戦闘能力は高く、並みの拡張者数名を相手取り、真正面から列車を止めるほど。ただし、代償として神経系への負担を軽減する薬を定期的に服用しなければならない。

そのため、薬が含まれる拡張者用の煙草「種ヶ島」を愛飲している。また、頭の銃も発砲可能だが、自分自身で引き金を引くことはできず、認めた者にしか引き金を預けない。趣味は部屋の掃除。嫌いなものは子供と湿気。

登場作品

先の大戦の結果、肉体を機械に置換する「身体機能拡張技術」が普及した世界。「拡張者」(エクステンド)と呼ばれる拡張技術を施された者たちが跋扈する街で、拡張者絡みの問題の処理を生業とする男・乾十三。頭がリ...