二太の両親

二太の両親

ヒカリとツエのうた(漫画)の登場人物。読みは「にたのりょうしん」。

登場作品
ヒカリとツエのうた(漫画)
正式名称
二太の両親
ふりがな
にたのりょうしん
関連商品
Amazon 楽天

概要

ゴゼの三味線の弟子になった、10歳の盲目の少年・二太の父親と母親。双方とも苗字・名前・年齢などは不明。父親は個人タクシーの運転手をやっており、妻が死んだあと男手ひとつで二太を育てていた。二太に芸を身につけさせるため、ゴゼに三味線を仕込んでもらうよう頼む。

しかし、そのあとに車の事故で死んでしまう。母親はずっと前に死んでいたが、霊が見える板子(イタコ)の少女ツエの前に現れ、コミュニケーションをとろうとする。二太が流行り病で死にかけたとき、ツエの「口寄せ」で二太と心を交わすことができた。そのせいか、二太は生き延びる。以後、母は現れなくなる。

登場作品

ヒカリとツエのうた

目の見えない少女ゴゼが、一人で自由に生きようと身につけた三味線の技で、苦労して北の地方で暮らしていく。やはり盲目の年下の少年・二太とゴゼとの出会いや、二太自身の板子(イタコ)の少女との出会いも語られる... 関連ページ:ヒカリとツエのうた

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ゴゼ
親方
トミ
二太
ツエ
オサム
貧しい家の娘
男子大学生
教師
ヒカリ
集団・組織
その他キーワード
仏おろし
logo