今日から俺は!!

軟葉高校への転校を機に不良デビューをした三橋貴志が、相棒の伊藤真司とともに、ケンカと笑いに溢れた学園生活を謳歌していく様子を描いたコメディ漫画。 西森博之の代表作。

あらすじ 

ツッパリ少年編(第1巻)

高校1年生の三橋貴志は、軟葉高校への転校をきっかけに金髪パーマヘアに変身。そんな貴志が床屋で出会った伊藤真司は、奇しくも貴志と同じ「今日からツッパリ」だった。その目立つ外見から貴志は軟葉高校の不良達に呼び出される事となり、正義感の強い真司は貴志に加勢する。これを機に、二人は自分達が組めば無敵だと意気込み、コンビを結成する。

危機一髪編(第2巻)

伊藤真司は紅羽高校の藤田洋とのタイマン勝負で、汚い手を使われ敗北した。その後、真司は再び藤田を呼び出して勝負を挑む。一方で三橋貴志は、藤田の相棒・黒川が真司に手出しできないように、黒川とその仲間をボコボコにする。こうして真司は、正々堂々と一騎打ちで藤田にリベンジを果たすのだった。それからしばらく経ったある日、貴志と真司はヤンキーの女子高校生から強引に喫茶店に誘われる。これは執念深い黒川が仕掛けた罠であり、二人は薬で眠らされて密室に閉じ込められ、助けに来た赤坂理子と共に、一酸化中毒を装い殺されそうになる。だが、そこに貴志にライバル心を燃やす紅羽高校の番長・今井勝俊が姿を現す。そして、同じ紅羽高校の仲間を人殺しにしたくないと、貴志達を助けるのだった。

不良はこーでなきゃ編(第3巻) 

今井勝俊赤坂理子に告白するが、理子は三橋貴志に思いを寄せていたため断られてしまう。ショックのあまり、勝俊は悪名高い開久高校の不良に因縁をつけるが、これが開久高校の番長・片桐智司の逆鱗に触れる事となる。勝俊は、智司の差し向けた開久高校の二番手・相良に卑怯な手段で叩きのめされてしまうが、それを見ていた貴志は相良を一撃のもとに叩きのめす。そこに智司が現れ大乱闘となるも、警察が介入して来た事で、貴志と勝俊はその場から一目散に逃走する。その後、貴志を探し回っていた相良は、伊藤真司を汚いやり方で襲ったうえ、真司の彼女・早川京子を盾に取り、彼に詫びを入れさせる。これを知った貴志は相良の卑怯な行いに激怒し、単独で相良を打ち倒す。この一連の出来事により開久高校から追われるようになった貴志と真司は、勝俊を味方につけ、智司達とやり合う事となる。後日、先代の開久高校の番長を務めた丸田に圧力をかけられた智司は、再び貴志にタイマン勝負を挑む。だが、一個人として大暴れする貴志の姿を見て、智司は開久高校の番長の地位に満足していた自分に気づくのだった。

京都決戦の幕開き編(第4巻)

修学旅行に行くにあたり、髪型を注意された三橋貴志伊藤真司は、学生らしい黒髪姿で京都に到着した。貴志は現地で早速カツラを脱ぎ捨てふだんの姿に戻るが、黒髪姿のままでいた真司は生意気なオタクと勘違いされ、村をはじめとした茨城のツッパリ達と揉めてしまう。さらに真司は彼らの罠にはまりおびき出されるが、村達三人を相手に圧勝する。村の仲間で番長的な存在の中野は、それを聞いて収まりがつかなくなり、真司が乗る軟葉高校のバスに向かい石を投げつけるが、石は貴志に当ってしまう。やられた事は絶対やり返す主義の貴志は、中野を見つけ出して対峙するが、そこに中野と揉めている別の連中が姿を現す。中野は貴志に一時休戦を持ち掛けながらも、不意を突いて貴志を蹴り倒す。それに激怒した真司が中野を倒すと、中野と揉めた連中が、ここぞとばかりに中野と村に襲い掛かる。 

三橋、隣町カクトー編(第5巻~第6巻)

三橋貴志は、伊藤真司がコツコツ貯金して購入したスクーターを誤って破壊してしまった。弁償するために今井勝俊は貴志にアルバイトを勧めるが、その目的は店員となった貴志に嫌がらせをして楽しむ事だった。だが勝俊が介入するまでもなく、貴志はなにかと問題を起こしては次々とアルバイト先をクビになり、地元商店街には「金髪の三橋は危険人物」との連絡が行き渡ってしまう。こうして貴志は、アルバイトをするため隣町まで足を延ばす事となった。そんな中、貴志はアルバイト先で知り合ったツッパリの勇田を舎弟にするが、そのせいで勇田に目をつけていた五十嵐兄弟に絡まれてしまう。なんとかその場を逃れる貴志だったが、貴志を狙う五十嵐兄弟は軟葉高校にまで乗り込んで来る。これにより貴志の窮状を知った真司は彼のもとに駆けつけ、二人で協力して五十嵐兄弟を撃退するのだった。後日、五十嵐兄弟はお詫びのしるしだと、ケーキ持参で貴志がアルバイトする店に現れる。

恐怖の中野編(第6巻~第7巻)

最上級生になった中野は、その強さからみんなに頼りにされていたが、ヤクザの組長の息子だという転校生・本間が、中野の仲間を自分の配下に置こうと動き出した。本間の企みを知った中野は彼を殴り倒すが、これにより茨城にいられなくなり、三橋貴志のいる千葉に向かう。そこで貴志が極道会のヤクザである須藤を相手に大立ち回りをする姿を見た中野は、興奮して自らも貴志に襲い掛かるが、彼にはただニヤニヤした変態だと勘違いされて終わってしまう。この時、貴志が須藤に「今井勝俊」と名乗ったせいで、後日、勝俊は極道会の事務所に監禁されてしまう。貴志と伊藤真司は勝俊を救出するが、三人は刃物を持ったヤクザ達に追われる事となった。追い詰められた三人に凶刃が向けられる中、その場に姿を現した中野は、空気を読まずに貴志を挑発する。

オイラが中野様編(第7巻)

紅羽高校に転校した中野は、事あるごとに伊藤真司に喧嘩をふっかけるも、まるで相手にされずにいた。ある時、中野はとなりに住む親切な女子大学生にからんだ不良達を追い払うが、不良達は彼女に嫌がらせを始める。中野は、二度と彼女に手が出せなくなるよう、不良達への報復に向かうが、その途中で真司に出会う。戦闘モードに入った真司に中野は事情を説明し、彼女を見張っていてほしいと告げて先を急ぐ。その後、大勢の不良達を片付けて家に戻った中野は、彼女の家の前で真司の姿を目撃する。

対開久戦争突入編(第8巻)

開久高校の番長・片桐智司は、番長の座を狙う3年生・末永の計略に乗せられ、伊藤真司を袋叩きにしようと襲い掛かる。そんな圧倒的に不利な状況でも意地を貫き通す真司の心意気に触れ、智司は改めて真司にタイマン勝負を挑む。その後、戦いの末に二人が消耗しきったところに末永が現れ、智司から番長の座を難なく奪うのだった。それからしばらく経ったある日、開久の番長となった末永の指示で、開久高校の不良達が大挙して軟葉高校に押しかけ、ふつうの高校生活が送りたかったら100万円を払うよう要求。以降、末永の汚い作戦に翻弄された三橋貴志と真司は、今井勝俊に協力を求め、谷川安夫小山太郎と共に、開久高校に乗り込む事を決意する。貴志は単独で奪われた金を探し、ほかのメンバーは校内を正面突破する作戦に出たが、開久高校にひしめく不良達に阻まれ、真司達は前には進めない。そんな中、開久高校の下っ端が気絶した貴志を引きずって現れる。

レッツゴー軽井沢編(第9巻~第10巻)

夏休みに軽井沢に遊びに来た三橋貴志伊藤真司達は、地元の不良・矢沢達に目を付けられる。同じ頃、今井勝俊もまた、ペンションでアルバイトをするため軽井沢に来ていた。真司や勝俊が知り合いである事を知った矢沢達は、彼らを見つけては絡んでいたが、突然現れた東京のチーマーの毬や隆夫に敗北し、屈辱を味わう事となる。チーマーの圧倒的な強さを見せつけられた矢沢は、恥を忍んで真司達に助けを求める。これを受けて真司と勝俊はチーマーのもとへ向かうが、卑怯な手を使われ捕らえられてしまう。そこへ酒に酔った貴志が現れ、さらに赤坂理子早川京子も駆けつけてチーマー相手に奮闘。追い詰められた毬は、歪んだ性格を全面に出して開き直るが、その姿が道理を重んじる京子の逆鱗に触れる。

愛と感動のタコヤキ編(第10巻)

片桐智司が訪れたタコヤキの屋台では、ヤクザからの場所代請求を断ったせいで、タコヤキ屋の店主が嫌がらせを受けていた。智司はそのヤクザを倒して店主を助けるが、その後、店主は報復を受けて腕を折られてしまう。社会に出れば大切なのは信念だと語る店主の言葉に感銘を受け、智司は同じ場所でタコヤキを焼き始める事となった。そこに偶然、三橋貴志伊藤真司が訪れる。事情を聞いた真司は感動し、翌日も貴志と共に智司の店に行くが、そこでは智司がヤクザに襲われながらも、あえてやられっぱなしになっていた。腹を立てた真司と貴志は、変装して暴力を使わずヤクザに報復する。

新たな敵がやってきた編(第10巻~第11巻)

地元で極悪と評判の北根壊高校が、姉妹校である代亥高校の敷地内に移って来た。北根壊高校の不良のトップに君臨する柳鋭次と大嶽重弘はさっそく代亥高校を牛耳り、周辺の他校も制圧しようと目論む。同時に、なにかあった時の身代り要員として、森川悟に目をつける。そんな中、悟のいとこの森川凉子は悟がついた嘘のせいで、三橋貴志に勝負を挑み、これを機に貴志や伊藤真司、そして今井勝俊も、この騒動に巻き込まれていく。一方、忠実高校の不良をナイフで刺した柳は、警察官をも殴り倒してしまう。柳の怒りは悟に向けられ、悟は柳達に捕らえられてしまう。だが、真司に悟を救出されたうえ大嶽までも倒され、柳は追い詰められていく。怒りに任せた柳は、田中良榊原雄一を人質に取り、貴志と真司を呼び出す。柳を倒すため、街を爆走する貴志達に勝俊、中野も合流。さらに、柳はナイフでの攻撃を貴志に封じ込められてしまい、恐れをなして警察に駆け込む。

白熱!!埼玉バトル!!!編(第12巻)

ある日、三橋貴志は図らずも裏拳を当てて男を気絶させてしまうが、その相手である高崎秀一が、軟葉高校に転校して来る。高崎は柔道の腕前と持前の正義感から学校中の人気者になるが、何かにつけて貴志と対立していた。そんな中、高崎はかつて埼玉にいた頃の友達・和泉から、街の権力者の息子・北川頼秋の横暴を止めてほしいと助けを求められる。しかし、それは北川の罠であり、高崎は北川の手下にボコボコにされてしまう。そんな高崎の様子に異変を感じた真司が手を差し伸べ、高崎、貴志と共に北川を倒すべく埼玉へと乗り込む。だが街は北川の支配下にあり、三人は街を挙げて追われる身になってしまう。そんな中、三人は罪悪感を感じていた和泉にかくまわれるが、和泉はそれを知った北川の報復を受ける事となる。怒りに燃える高崎に、なんとか北川への報復を果たさせたい貴志と真司は、北川までの露払いを引き受け、高崎は拳銃を構える北川に向かっていく。

東京者(とかいじん)の千葉遠征!!編(第13巻~第14巻)

軽井沢で伊藤真司に負かされた豊は、「本気でふざける悪党」と名高い紅野と共に、田舎の不良をやっつけようと、千葉遠征に赴いた。手始めに開久高校の不良を襲った紅野達は、一人暮らしの男性の家に押し入り、そこに居候を決め込む。しばらくして三橋貴志と真司に狙いを定めた紅野達は、高崎秀一を襲撃しさらに貴志にも襲い掛かるが、そこに紅野達を追う開久高校の不良達が現れた事で、貴志は難を逃れる。一方の紅野は、貴志達に捕らえられた仲間を置き去りにして逃走する。仲間を見捨てた紅野を許す事ができない豊はグループを離れ、改めて真司にタイマン勝負を挑む。貴志や開久の不良達が見守る中、豊は真司に完敗。その後、豊は紅野達に完膚なきまでに叩きのめされ、貴志の自宅の前に置き去りにされる。その所業に怒りを隠せない貴志は真司と共に紅野を追うが、紅野は再び仲間を捨て駒にして逃走。その後、悪知恵を働かせて東京の紅野の居場所を探し出した貴志は、紅野の学校の友人達の前で、彼の狂気じみた本性を暴くのだった。

中野はナゼに暗いのか編(第14巻)

近所で騒いでいた三橋貴志赤坂理子を、ひょんな事から家に招き入れた女子大学生は、中野も家に招く。女子大学生の手前、暴れるわけにもいかない中野は、貴志達とトランプのババ抜きに興じる事になる。中野は、何度も貴志に負かされ、ののしられながらも、淡々と勝負を重ねていく。そしてラストでついに勝利した中野は、嬉しさのあまり感情を爆発させる。

南の島は男の夢編(第15巻~第16巻)

商店街の抽選で特賞を当てた三橋貴志伊藤真司、自力で旅費を貯めた今井勝俊と親頼みの谷川安夫の四人は南の島サイパンへ旅立った。安夫は飛行機の中で知り合ったOLの美奈子と宏美と仲よくなるが、機内では柄の悪い岸川達も彼女達に目をつけていた。そんな中、安夫は偶然、岸川達が彼女達を襲う計画を立てているのを知ってしまう。安夫は体を張ってそれを阻むが、裏で岸川達をあやつっていたのは、サイパンでバーを経営する松村純だった。後日、美奈子は純に騙され、岸川達に襲われそうになる。それが発端となり、安夫や貴志達は岸川と敵対関係となり、さらには拳銃で脅される。そこで貴志と真司は綿密な作戦を練り、純を打ちのめす。すると、そこへ純が密売している葉っぱを持ち出した安夫が登場し、その葉っぱを海に投げ捨てる。新境地を開いた安夫は、翌日思い切って美奈子に告白するのだった。

狙われた三橋・伊藤編(第17巻)

いつもの熱帯魚の店に行くという伊藤真司と共に、三橋貴志は電車である街にやって来た。そこで、熱帯魚の店から出て来る人間を標的にカツアゲしている二人組と揉めた貴志と真司は、彼らを仲間もろともボコボコにする。地元最強を自認する不良・多河は、その報告を受けて手下と共に貴志と真司を襲うが失敗してしまう。ケンカは頭でやるものという持論を持つ多河は、続いて貴志と真司を仲間割れさせるべく、個別に接触して二人を対立させる。多河の思惑通り、貴志と真司は決闘する事になるが、激闘の末に二人は同時に相手に勝ちを譲ろうとパンチを空振りさせるのだった。「友情」というものに不信感を持っていた多河はそんな二人の姿に感動し、自らの計画をすべて暴露して、貴志と真司を手放しで称賛する。

相良、蠢動編(第18巻)

三橋貴志への復讐を目論む相良が、酷悪な男・北山を連れて地元に帰って来た。森川凉子の仲間が北山の恐喝の被害に遭い、それを知った今井勝俊は、北山に挑むも病院送りにされてしまう。谷川安夫から助けを求められた貴志は、北山を追い詰めるも、拳銃を向けられる。すると貴志は北山にガソリンをかけ、自分を銃で撃つよう挑発する。これを機に相良は北山を見限り、貴志の味方になりそうな片桐智司達を次々に襲撃。さらに、開久高校の末永に軟葉高校の貴志の仲間を襲わせる。追い詰められる貴志と伊藤真司だったが、中野の応援もあり、末永を退ける事に成功する。その頃、相良は赤坂理子を誘拐していた。それを知った貴志は、真司や中野と共に指定された場所に向かうが、三人は相良が運転する車に跳ねられてしまう。その後、相良は理子を幽閉している工場に貴志だけを引きずり込み、手錠で鉄柱に縛り付け、その目の前で理子の顔に焼けた鉄棒を近づけるのだった。

メディアミックス 

TVドラマ

本作『[今日から俺は!!]』のTVドラマ版が、2018年10月から日本テレビ系列「日曜ドラマ」枠で放映された。全10話。脚本・演出は福田雄一、チーフプロデューサーは池田健司が務めている。三橋貴志を賀来賢人、伊藤真司を伊藤健太郎、赤坂理子役を清野菜名、早川京子役を橋本環奈、今井勝俊役を太賀がそれぞれ演じている。

Vシネマ

1993年1月に本作『今日から俺は!!』がVシネマ化され、続いて第2作が1993年7月、第3作「電撃の17歳」が1995年1月、第4作「ガッツだぜ17歳」が1997年4月、第5作「嵐を呼ぶ17歳」が1997年5月に製作された。監督は鹿島勤、脚本は田部俊行が務めている。三橋貴志を三橋貴志、伊藤真司を中倉健太郎が演じている。

映画

本作『今日から俺は!!』の実写劇場版が1994年2月に公開された。監督は鹿島勤、脚本は田部俊行が務めている。三橋貴志を三橋貴志、伊藤真司を中倉健太郎が演じているなど、スタッフ・キャストはVシネマ版と同じ。同時上映は『BE-BOP-HIGHSCHOOL』。

登場人物・キャラクター

三橋 貴志 (みつはし たかし)

軟葉高校の生徒で自称・総番。転校をきっかけに不良デビューした。パーマをかけた金髪がトレードマーク。同じ日に軟葉高校へ転入してきた伊藤真司とコンビを組む。勝つためなら手段を選ばない卑怯者で、街中に悪名を響かせている。ワガママで金に汚く、やられたら必ず仕返しに行く性格。父親の一郎は彼と正反対の性格であり、よく部長にイジめられている普通のサラリーマン。同級生の赤坂理子とは、お互いに憎しからず思う仲。アルコールが入ると過度に人がよくなり、礼儀正しくなるが、軽くたたいた程度で狂暴になる。相手に自分より不愉快な思いをさせた事をもって勝利とするが、時折相手に情けをかける人間的な一面もある。だが、喧嘩した相手の顔を忘れている事が多いなど、少々天然気味。幽霊などは苦手だが、殴れるものであれば怖れを感じる事はない。また、一度眠ると容易に起きない。理子からは「サンちゃん」と呼ばれている。

伊藤 真司 (いとう しんじ)

軟葉高校の生徒。転校をきっかけに不良デビューした。髪を逆立てたトンガリ頭がトレードマーク。同じ日に軟葉高校へ転入してきた三橋貴志とコンビを組む。曲がったことが大嫌いな律儀者で、男女を問わず生徒たちからの信頼は厚い。元ツッパリの早川京子と交際している。また、実家は金持ちであり、それゆえに貴志に奢らされる事も多い。趣味は熱帯魚で、遠くの街の熱帯魚店まで足を運んでいる。ちなみに酒を飲むとすぐに寝てしまう。

今井 勝俊 (いまい かつとし)

紅羽高校の大番長。軟葉高校の三橋貴志より卑怯であることを目指す熱血漢だが、どこか抜けており失敗することが多い。190センチ近い恵まれた体格を持ち、男ばかり四人兄弟の長男として育つ。父親の髪が薄いため、将来ハゲないかと心配している。三橋の同級生である赤坂理子のことが好き。

赤坂 理子 (あかさ かりこ)

軟葉高校の生徒。高校1年生の途中から、軟葉高校へ転入。三橋貴志や伊藤真司らのクラスメートとなる。赤坂流道場の娘。本人も武道の心得があり、開久高校の相良を投げ飛ばしたこともある。三橋をたしなめられる数少ない人物であり、お互いに悪しからず思う仲。

早川 京子 (はやかわ きょうこ)

女子校に通う元ツッパリの女の子。学校の正門前で嫌がらせをする不良たちを追っ払ってもらうため、軟葉高校の三橋貴志を訪問。結果的に、相棒である伊藤真司の男気に惚れ込んで交際を開始する。伊藤に言われてから禁煙を始め、不良もやめている。

片桐 智司 (かたぎり さとし)

開久高校の頭。中学時代、軽くメンチを切っただけのチンピラを全員即日整形外科送りにしたエピソードを持つ。紅羽高校の今井勝俊を一撃で倒すほどのパンチ力を誇り、軟葉高校の三橋貴志や伊藤真司もその強さを認める実力者。開久高校を卒業後は、屋台のたこやき屋となる。

相良 (さがら)

開久高校の生徒。中学時代に少し絡んで来ただけの相手を道路へ蹴り出し、車にハネさせたエピソードを持つ。紅羽高校の今井勝俊や軟葉高校の伊藤真司に対していきなり死角から道具で襲う非道ぶりを見せたが、卑怯者である三橋貴志には通用しなかった。後日、復讐のために三橋たちの前に姿を現す。

中野 (なかの)

紅羽高校の生徒。ケンカの強さは軟葉高校の三橋貴志クラス。親に見捨てられているらしく、一人暮らしをしている。もともとは茨城県の高校に通っており、修学旅行中に三橋たちとモメていた。その後茨城県の高校でとある事件を起こし、今井勝俊のいる紅羽高校へ転入する。当初は貴志や伊藤真司をつけ狙っていたが、となりに住む女子大学生をチンピラから守るのに手を貸してくれた真司に借りを返すという口実のもと、貴志達のケンカに助っ人を買って出た。クールな性格で群れる事を嫌っているが、本来は負けず嫌いで、たまに喜怒哀楽を爆発させる事もある。反射神経に優れており、パンチのスピードは貴志以上で、刃物を素手で受け止めるという荒技が得意。修学旅行中には真司と勝負し、その重いパンチと根性に敗北を喫している。貴志には「タレ目」「チビ」呼ばわりされている。

谷川 安夫 (たにがわ やすお)

紅羽高校の生徒。身長158センチ。番長である今井勝俊のことを尊敬しており、いつも行動をともにしている。ケンカは自ら認めるほど弱いが、どんな強い相手でもタメ口をきける度胸を持つ。暗い奴が嫌いなため、同じ紅羽高校の生徒である中野にはキツく当たることが多い。

田中 良 (たなか りょう)

赤坂道場に通う少年。正義感がとても強いが、小柄で返り討ちに合うことが多い。気が強く、軟葉高校内で三橋貴志を呼び捨てに出来る数少ない人物。

高崎 秀一 (たかさき しゅういち)

大企業の社長子息である北川頼秋に町を追い出され、軟葉高校に転校してきた男子生徒。正義感も人一倍強く、柔道の腕前も立つ。美男子だが、足が短いために三橋貴志にはダックスフンドとからかわれる。貴志と伊藤真司と共に北川を倒した埼玉遠征以降、二人に友情を感じるようになる。曲がった事が嫌いな熱血漢で、セリフがクサいため、貴志や真司から引かれる事が多い。

小山 太郎 (こやま たろう)

元々番長を張っていた高校を退学となり、紅羽高校へと転校した少年。身長は2メートル近く、体重は100キロを超すという巨体を持つ。転校後今井勝俊と番長の座を争ってタイマンを張るも、投げ飛ばされてしまう。それ以降、今井を尊敬して彼の忠実な家来となっている。

桐村 (きりむら)

三橋貴志の中学時代の同級生。当時はまだ不良でなかった三橋に絡むも返り討ちに遭い、その際に顔面に巻いたT字型の包帯からフンドシマスクという屈辱的なあだ名を付けられてしまう。その後、復讐のために軟葉高校に乗り込むが三橋からは完全に忘れられていた。

榊原 雄一 (さかきばら ゆういち)

三橋貴志らより二学年下の少年。「中学の三橋」と呼ばれるほど卑怯であり、三橋、伊藤真司、今井勝俊の三人を落とし穴にハメて小便を掛けた。しかし、三橋からの報復に遭い、更にはリンチに遭っていたところを三橋に助けてもらったことから、彼を尊敬するようになる。その後軟葉高校に入学。

井上 (いのうえ)

軟葉高校の男子生徒。部員が二人しかいない空手部に所属している。三橋貴志と伊藤真司に部活動を邪魔されて憤っている。授業で凧葉の弟子の強さを目のあたりにして、凧葉の道場に入門する。ほかに生徒を集めるよう強要されるが、誰も入会させる事ができず、凧葉の弟子に酷いしごきを受ける事になる。

ゲーム好きの教師 (げーむずきのきょうし)

軟葉高校の教師を務める独身男性。オールバックの髪型をしている。ゲーム好きで、人気ゲームソフト「クエクエⅤ」を予約していたが、街の不良に巻き上げられる。偶然出会った三橋貴志に奪い返してもらうものの、家に夕食をご馳走になりに来た貴志に、ゲーム機本体を持って帰られてしまう。

本間 (ほんま)

中野と同じ茨城県の高校に転校して来た不良の男子高校生。リーゼントヘアで、顔の真ん中を横切る傷がある。ヤクザ「悪辣組」の組長の息子で、中野とつるんでいた不良をすべて自分の配下に置こうとした。村をアイスピックで脅したあと、中野にメッタ打ちにされる。ちなみに、この一件で中野は茨城から千葉に移り住む事になった。

紅野 (こうの)

東京の男子高校生。「本気でふざける悪党」と恐れられている。岩田とつるんでいるが、お互い素性は知らない関係。左の鼻に銀のピアスを付け、茶髪のセンター分けの髪型にしている。身長は180センチで、眉がなく下まつ毛が濃い。もともと粗暴だったが、小学校の時に問題児扱いされてからは、別の街で暴れるようになった。本名は「白原富夫」。豪邸に住んでおり、家族には自分の本性を隠している。豊から三橋貴志と伊藤真司の話を聞き、面白がって千葉遠征を思いつく。

女子大学生 (じょしだいがくせい)

中野のとなりの部屋に住む女子大学生。シャギーの入った黒髪ロングヘアの美人で、陰がある中野の事を放っておけず、なにかと親切に接している。弟が昔グレていたせいで、不良はみんな本当は気のいい奴等だと思っているピュアな性格の持ち主。弱い者イジメをしていた不良達と揉めているところを中野に助けられ、迷惑をかけてしまったと近所に引っ越す。以降もどこか寂し気な中野を気にしており、ひょんな事から自宅に招いた明るい性格の三橋貴志と赤坂理子を中野に引き合わせようとした。

岩田 (いわた)

紅野の仲間の男子高校生。スキンヘッドで丸いサングラスをかけている。紅野と共に千葉遠征に参加し、三橋貴志を襲うが、顔を殴られて歯が折れてしまう。のちに、貴志と伊藤真司に追われた際には、紅野が一人で逃げるための捨て駒にされてしまう。

中本 (なかもと)

紅羽高校の男子生徒。オールバックの髪型をしている。やる事なす事すべて悲惨な結果になる不運な人物。三橋貴志が蹴とばした缶が頭に当たり、階段から転げ落ちてつぶれたイチゴを弁償させられる。それを気の毒に思った貴志が罪滅ぼしのために、不良達から中本を守る事になる。

大熊 (おおくま)

リーゼントヘアで口髭を生やしている男子高校生。硬派で知られている。髪を染めている不良が大嫌いで、電車で眠っていた三橋貴志に絡むが、眠り続ける貴志に腹を立て、貴志の紙袋に落書きをした。だが、貴志が「千葉で最も危険な男」だと知ってしまい、眠っているあいだに落書きを消すために、貴志に絡む不良達を次々倒した。その行動から男色の変態という噂が広まり、貴志の住む街に雪辱を果たしにやって来る。

真鍋 (まなべ)

代亥高校3年生の男子生徒。番長を務めている。オールバックの髪型で、非常に体格がいい。本気で闘ったら三橋貴志と五分で渡り合えると大口を叩いているが、実は喧嘩はあまり強くない。代亥高校の敷地内に一時的に校舎を構えた北根壊高校の大嶽重弘に一発で倒されてしまい、番長の威信を失う。それからは、持っていれば北根壊高校の不良に襲われないというキーホルダーを、代亥高校の生徒に売る事を命じられる。

白井 (しらい)

地獄会に出入りしているヤクザの男性。剃り込みの入ったパンチパーマで、細長いサングラスをかけている。白井の後輩が三橋貴志と揉めている際に現れ、貴志に面子を潰されたと激昂する。貴志に追い詰められた際には、地獄会に出入りしているだけでまだ盃をもらっていないと白状し、ボコボコにされる。

辰子 (たつこ)

早川京子の知り合いの女子高校生。前髪が長めのショートヘアにしている。街でカツアゲしているところを京子に目撃され、悪い仲間と付き合うなと諭される。京子は伊藤真司が傍にいるから強気な態度に出られると思っていたが、自分のために悪い仲間に一人で立ち向かって筋を通した京子を、改めて尊敬するようになる。

多河 (たがわ)

伊藤真司が通う熱帯魚の店がある街に住む不良の男性。短髪で派手なサングラスをかけている。ケンカは頭でするものだという持論を持つ悪人で、最強喧嘩コンビとして有名な三橋貴志と伊藤真司を倒すべく、二人を対立させる策を講じる。些細な行き違いで、親友との友情が壊れた過去があり、それからは友情というものを信用しなくなった。仲間には「ターちゃん」と呼ばれている。

ジャンボ

北川頼秋がアメリカで出会ったレスラーの男性。前髪を一束垂らしたオールバックの髪型で、身長は2メートル以上ある巨漢。三橋貴志と戦い、マラソンバトルに持ち込まれて敗れる。

赤坂 (あかさか)

赤坂流道場を営む赤坂流武術の師範の男性。赤坂理子の父親。鼻の下に髭を生やした、ウェービーな角刈りヘアの男性。三橋貴志に思いを寄せる理子を非常に心配しており、門をくぐった時から武道は始まっていると、貴志のスキあらば攻撃する。貴志の策にハマり、ジャイアントスイングをかけられて以降、貴志と犬猿の仲になる。一方で男らしい伊藤真司への評価は高い。

大沢 (おおさわ)

軟葉高校の男子生徒。中学時代に今井勝俊の1学年下だった後輩。毛を逆立てたトゲトゲ頭をしている不良で、三橋貴志に喧嘩を挑むものの相手にされず、偽ラブレターを送って貴志を呼び出す。だが、貴志にプラスチックバットでボコボコにされてしまう。

黒崎 鉄矢 (くろさき てつや)

黒崎道場を営む師範の息子。リーゼント風の髪型をした男性。赤坂流道場に生き残りをかけて5対5の勝負を挑む。拳法歴14年で、怪力で技もキレるが、不遜で横暴な性格をしている。三橋貴志に負かされたあと、改心して史上最強の空手家とといわれるように、日々修行に励んでいる。のちに、柔道で貴志を負かしたという凧葉の道場に真剣勝負を申し込むが、凧葉の弟子に袋叩きにされる。

藤田 洋 (ふじた ひろし)

紅羽高校の男子高校生。テカらせた髪をオールバックにしている。ボクシング経験者で、相手に目つぶしをするため、いつもライムを持ち歩いている卑劣漢。伊藤真司とのタイマン勝負に敗れ、復讐心を募らせている。

熊男 (くまおとこ)

学生でもないのに学ランを着た大男。剃り込みの入ったオールバックの髪型に口髭を生やしている。生意気な高校生が嫌いで、手あたり次第に暴力を振るっている。軟葉高校の生徒を殴った事から、女性人気を獲得したい三橋貴志と勝負する事になる。

長井 (ながい)

忠実高校の男子高校生。坊主頭。福田の幼なじみで、今は手下のような存在の人物。福田から強い奴を集めろと命令されるが、その連中が三橋貴志と伊藤真司にはまったく歯が立たなかったため、福田の逆鱗に触れる。そのため忠実高校に居づらくなり、軟葉高校に転校した。福田のスパイとして、軟葉高校の情報を得るために伊藤真司にまとわりつき、人の好い真司の信頼を勝ち得る。のちに、先輩が参加している鉄骨工業チームの野球大会に差入れに行った際、相手チームに貴志と真司がいるのを先輩に伝えて逃げ帰る。

大嶽 重弘 (おおたけ しげひろ)

北根壊高校の男子生徒。柳鋭次に次ぐNo.2。南米系の顔立ちの巨漢で、シャツから胸毛をのぞかせている。三橋貴志に「ゴメス」、「ロドリゲス」と呼ばれて嘲笑されている。喧嘩が強く、1度は伊藤真司を倒すものの、怒りでパワーアップした真司に2度目の対戦で完敗する。

美子 (よしこ)

セミロングヘアの女子高校生。転校前の赤坂理子と同じ高校に通っていた。理子とは中学時代からの友達で、山田のガールフレンドでもある。三橋貴志といっしょに来ていた理子とボーリング場で再会する。

ヨワオ

文学好きの男子高校生。いじめられっ子。いじめられているところを、文学に目覚めた三橋貴志に助けられ、自分に酔った貴志の、暴力を否定するかのような言葉に感動し、貴志を心の師匠と尊敬するようになる。しかし不良にしつこくからまれ、あっさり暴力を振るう貴志の姿を目の当たりにしてしまう。

松村 純 (まつむら じゅん)

南国サイパムでバーを経営している男性。ツートーンカラーの短髪で、日に焼けたさわやかなイケメン。実は岸川達のリーダー格で、相当な悪人。裏稼業は危険な葉っぱの密売で、岸川に運び屋を強要している。また美奈子をデートで誘い出し、岸川達に襲わせようと企んでいた。拳銃で三橋貴志と伊藤真司を脅迫した事から、二人から容赦なき報復を受ける。

末永 (すえなが)

開久高校3年生の男子高校生。高校のトップの座を狙っている。開久高校の仲間が伊藤真司をはじめとした軟葉高校の生徒にやられたと、片桐智司を騙して智司と真司がやり合うよう仕向ける。真司とタイマン勝負をした智司を襲い、開久高校の番長になるが、三橋貴志や真司達に攻め込まれ、貴志に一撃で倒された事で番長としての面子を失う。のちに相良に命令され、軟葉高校の生徒達を多勢で襲うが、またしても貴志に倒される。その際には自分の小心さを認め、相良が赤坂理子を狙っていると貴志に告げた。

美奈子 (みなこ)

OLの女性。南国サイパムに向かう飛行機の中で、谷川安夫となかよくなった。茶髪のロングヘアで、宏美という黒髪セミロングヘアの友人の連れがいる。美人の二人組である事から、岸川に狙われて卑劣な手段で襲われそうになる。がさつな性格ながら、かわいい容姿に惹かれた安夫が、身体を張って美奈子を守ろうと奔走する。

杉山 由佳理 (すぎやま ゆかり)

ミディアムヘアのかわいらしい女子高校生。強い男を紹介してほしいと小山太郎に頼み、今井勝俊とデートする。実は不良にたかられ、暴力を振るわれている彼氏の淳一から、強そうな男を引っかけて、自分を助けてほしいと頼まれている。勝俊を騙している事に罪悪感を覚えるが、情けない淳一と別れる事は考えていない。

(むら)

茨城県の不良男子高校生。中野の友達。前髪を一束垂らしたリーゼントヘアで、顔が長い。修学旅行先で出会った、ふつうの髪型の伊藤真司を三橋貴志のコバンザメだと思い込み、喧嘩をふっかけるが一発で叩きのめされる。中野にも一発で倒された事がなかったため、以降は真司に一目置くようになる。中野のよき理解者でもあり、狂犬のような中野をうまく制御している。のちに、中野から番長の座を奪おうとした本間に呼び出され、アイスピックで脅される。

淳一 (じゅんいち)

杉山由佳理の彼氏の男子高校生。軟弱なうえにこずるい性格で、一度金を払った不良にからまれ続けており、強い男を引っかけて自分を助けてほしいと由佳理に頼み込んでいる。由佳理が引っかけた今井勝俊は、あとで由佳理が適当に振ればいいと考えている。

病弱な少年 (びょうじゃくなしょうねん)

体が弱い重病患者の6歳の少年。ゴールの近くの病院に入院するので、市民マラソン大会に出て優勝してほしいと、伊藤真司と三橋貴志にお願いする。マラソン大会終了後、歯医者に行くのが怖かっただけだと判明する。

黒川 (くろかわ)

紅羽高校の男子高校生。短髪をオールバックにしており、細いメガネをかけている。喧嘩の時は細いナイフを使う卑怯者。理屈っぽい性格で、執念深い。藤田洋と組んでおり、紅羽高校の番長の今井勝俊をバカにしている。三橋貴志と伊藤真司を目の敵にしており、彼らを罠にハメるために不細工なヤンキー女を差し向けて来る。のちに、ブスな彼女がいる事が判明する。

五十嵐兄弟 (いがらしきょうだい)

三橋貴志がアルバイトを始めた隣町の喫茶店に来た客の男性達。実は双子だった事がのちに判明する。黒髪のツンツン頭で、非常に狂暴だと勇田に恐れられている。兄の方が手技を出すのが速く、弟は足技が速い。一人がピンチになった際には、もう一人が直感で駆けつける。貴志にやられたあとも、下剤入りのケーキを持って頻繁に喫茶店を訪れる。

岸川 (きしかわ)

松村純の手下の男性。危険な葉っぱの運び屋を頼まれている。南国サイパムに向かう飛行機の中で、宏美を襲おうとしたところを邪魔した谷川安夫を殴るが、伊藤真司にボコボコにされる。しかし純の入れ知恵で、今度は美奈子を襲おうとするが、三橋貴志に阻まれる。

伊藤 圭子 (いとう けいこ)

伊藤真司の妹。真司より2歳下。長めのボブヘアのかわいい女の子。何にもとらわれない自由な感じがかっこいいと、派手で軽薄なヤス達とつるんでいる。交友関係を真司に心配されていたが、三橋貴志が自分が気に入らないという理由だけで、その仲間達を殴り飛ばすのを見て、我が道を行く貴志をかっこいいと思うようになる。

一服泥棒 (いっぷくどろぼう)

泥棒の男性。横分けヘアでスーツを身につけ、ニヒルを気取っている。泥棒に入った現場で必ず一服する事から、一服泥棒と呼ばれ、スリルこそが我が人生だと考えている。桁外れの運動能力と高い頭脳を誇り、3284件目の記念に三橋貴志の家に泥棒に入ってしまい、極限まで追い詰められる事になる。ちなみに、金持ちの家には盗みに入らないというポリシーがある。

山田 (やまだ)

マッシュ系ヘアの男子高校生。転校前の赤坂理子と同じ高校に通っていた。美子のボーイフレンドで、美子と行ったボーリング場で赤坂理子と再会した。ヤンキーの世界観をまったく理解していないため、三橋貴志を見下したような態度を取るが、周囲の噂話から、貴志が「千葉で最も危険な男」だという事実を知る。

京子の両親 (きょうこのりょうしん)

早川京子の両親。京子を心配し、付き合っている伊藤真司を紹介しろとクリスマスパーティーを催す。しかし、当日訪れた真司と三橋貴志のどちらと付き合っているのか、はっきりわからないでいた。そのパーティーで貴志が大暴れするが、貴志が彼氏でない事にひどく安心する。

佐川 直也 (さがわ なおや)

軟葉高校の男子生徒。三橋貴志と同学年ながら舎弟的な存在。ソバカス顔でパーマ風リーゼントヘアをしている。お調子者の不良で、貴志と伊藤真司といっしょにいる時だけ威張っていると陰口を叩かれている。しかし、開久高校に絡まれた時には、殴られつつも時間を稼いで、貴志と真司が助けに来るまで待つ策を取り、その一貫した行為が称賛される。将来の夢は板前になって自分の店を持つ事。

洋館に住む老人 (ようかんにすむろうじん)

山中の古びた洋館に住む高齢の男性。洋館に訪れた人間を驚かす事を密かな楽しみにしており、絵画の授業でやって来た三橋貴志と伊藤真司を驚かせようと、色々なトリックを仕掛けるが、真司に見破られてしまう。口から飛び出した入れ歯が真司に嚙みついたせいで、二人を死ぬほど驚かせる事に成功する。

隆夫 (たかお)

マッシュ系の刈り上げツーブロックヘアをしている男性。東京のチーマーで、仲間と軽井沢の別荘に遊びに来ており、遊び半分で人を襲って財布を巻き上げるというゲームを楽しんでいる。身体能力も非常に高い。伊藤真司の蹴りを喰らうものの、毬の卑怯な助太刀に助けられる。のちに悪党の紅野とつるむようになった豊を案じている。

凧葉の弟子 (たこばのでし)

凧葉の弟子の男性達。イガグリ頭の二人組で、高身長の田井と、屈強な身体の樹茂(きも)。軟葉高校の空手の授業で、田井は伊藤真司と、樹茂は三橋貴志と対決して勝利する。凧葉には内緒で、道場に入会しに来た生徒達や街の不良達を襲い、入会金を巻き上げている。二人共に空手は3年の経験ながら、喧嘩は10年選手の元不良で、真剣勝負を申し込んで来た黒崎鉄矢を、ほかの弟子達と共に袋叩きにする。

津田 (つだ)

榊原雄一の通っている中学の卒業生の男子。当時最も危険と言われていた不良。剃り込みが深く入った短髪で、目が据わっている。雄一が三橋貴志にやられた事を知り、貴志を痛い目に遭わせてやると、雄一に金銭を要求した。人の弱点をつくのが得意で、赤坂理子を人質に取り、貴志を襲おうとする。

田所 (たどころ)

北根壊高校の男子生徒。柳鋭次と大嶽重弘の手下。ドレッド系のツーブロックヘアで、喧嘩の際にはチェーンを用いる。三橋貴志にあっさり叩きのめされ、貴志が南米顔の大嶽を「ゴメス」と嘲笑った際に吹き出した事から、大嶽に病院送りにされる。

カツアゲしている二人組 (ふたりぐみ)

伊藤真司が通う熱帯魚の店で、金を持ってそうな人達からカツアゲをしている不良二人組。マッシュ系短髪の男性とロングヘアを一つにまとめた男性。多河の子分で、真司と三橋貴志に一度は倒される。しかし多河の作戦のもと、真司に取り入って悪人に金を脅されていると泣きつく。

勇田 (いさだ)

隣町の喫茶店でアルバイトする男子高校生。剃り込みの入った短髪で、浅斬高校の番長を務めている。新米アルバイトとして入った三橋貴志に悪態をついたせいで、ボコボコにされる。地元の不良の五十嵐兄弟を恐れており、貴志と組んで兄弟を倒そうとするが、貴志の足手まといになって失敗してしまう。その後、五十嵐兄弟に狙われた貴志を家に泊める事になる。

カップル

悪漢に襲われていたところを三橋貴志に助けられた高校生カップル。人には絶対言わないでほしいと前置きしたうえで、女性が乱暴された写真を撮られてしまい、お金を巻き上げられていると、貴志に助けを求めた。実は男性はサングラスを外して変装した多河で、女性は女優を目指している「彩花」という人物。

須藤 (すどう)

「極道組」のヤクザの男性。剃り込みの入った短髪で、鋭く細い目をしている。街のヤンキーに幅を利かせており、街中で今井勝俊と三橋貴志と揉めるが、貴志を尾行していた中野に倒される。貴志が勝俊の名前を出したため、以降は勝俊をつけ狙うようになる。

鳶島 (とびしま)

スリの男性。横野市に水槽セットを買いに来た伊藤真司の財布を掏(す)った。ツンツンに立たせたツーブロックヘアで、派手な柄シャツを着ている。スリとしてのプライドが高く、自分の腕を否定する三橋貴志に実力を見せつけようと、貴志が指定した人物の持ち物を盗(と)れるかどうかという勝負を挑む。それがきっかけとなり、ヤクザがらみの事件に巻き込まれてしまい、世界一のタコヤキ屋になる道を選ばざるを得なくなる。

勝俊の母 (かつとしのはは)

今井勝俊の母親で、勝俊の父の妻。ゴリラ顔をしたショートヘアの中年女性。四人の息子がおり、長男は勝俊、次男は勝好、三男は勝矢、四男は勝和。見るからに強そうな猛女で、誰も逆らえない雰囲気を醸し出している。その剛腕で、息子達に一撃を加える事もある。

矢沢 (やざわ)

長野県の軽井沢に住む不良。パーマヘアのリーゼントで、頭が大きい。長野の不良は怖いと他県の不良に思わせたい気持ちが強いが、矢沢自身はあまり喧嘩は強くない。手下の佐藤と中村が新幹線で三橋貴志達に目をつけた事から、当初は貴志を狙っていた。貴志にたびたび絡むが、東京のチーマーである隆夫や豊にボコボコにされる。ちなみに、チーマーの事をチーママと思い込んでいる。

骨川 (ほねかわ)

軟葉高校の化学教師を務める男性。肩まで伸ばしたロングヘアにしている。痩せた体型で性格も暗く、自分にもっと体力があればバカな生徒達に人生を教えてやれると本気で思っている。偶然、失職したヤクザの剛田を助けた格好となり、さらに彼に助手の仕事を紹介した事から、剛田から崇拝される。剛田という最強の用心棒を得て人格が豹変し、今までの鬱憤を晴らすように生徒の頭をバリカンで刈り始める。

丸田 (まるた)

開久高校の番長を務める男性。髪型は丸く剃り込みの入った短髪。軟葉高校に開久がなめられている現状に腹を立て、前の番長だった自分の立場がないと、片桐智司を威圧する。喧嘩は智司ほど強くないため、のちに開久高校の頭にこだわる事をやめた智司に一発で叩きのめされる。

トム

軟葉高校に転校して来た、金髪で青い目をしたハンサムな外国人の男子。三橋貴志と野球対決をして勝利を収め、校内で人気者になった。しかし同じ金髪な事から貴志と間違われて大勢の不良に襲われ、貴志のアドバイスを受けて黒髪に染める。

森川 悟 (もりかわ さとる)

代亥高校2年生の男子生徒。森川凉子のいとこにあたる。小柄で喧嘩は弱いが、正義感は非常に強い。持っていれば北根壊高校の不良に襲われないというキーホルダーを、真鍋が売りさばいているのを教師に報告してからイジメに遭うようになる。その後、イジメから助けてくれた柳鋭次と大嶽重弘を慕うようになる。イジメで受けた傷を凉子に問い詰められた際、三橋貴志にやられたと噓をついたせいで、凉子は貴志への報復に向かう。

タコヤキ屋の店主 (たこやきやのてんしゅ)

屋台のタコヤキ屋の店主の男性。痩せた体型で、頭に手ぬぐいを巻いている。暴力や脅しには絶対負けない、社会に出たら暴力ではなにも解決しない、という信念を持っている。場所代を請求して来たヤクザに店を壊された際には、客の片桐智司に助けられる。だが、その報復として腕を折られてしまう。その責任を感じた智司が、一時的にタコヤキ屋を引き受ける事になる。

佐々木 (ささき)

軟葉高校の教師の中年男性。生活指導の主任を務めている。剃り込みが深く入った額に前髪をパラリと垂らしている。三橋貴志と伊藤真司のせいでチンピラのような生徒が多いとの苦情が相次ぎ、貴志達に髪型を直さないと修学旅行に連れて行かないと圧力をかける。修学旅行に出発の際、駅のトイレで貴志達にズボンを盗まれ、新幹線に乗り遅れる。のちに、生活指導に口を出して来た骨川の助手の剛田と対立し、生徒の期待を一身に受けるが、殴られて貴志に助けを求める。

ヤス

伊藤圭子の友達の男性。派手な色の短髪で、ソバカス顔の垂れ目が特徴。悪ぶった仲間とつるんでおり、上から目線でモノを言う。伊藤家の庭で顔が気に入らないと、三橋貴志からいきなり飛び蹴りを食らう。後日貴志に報復するために、道端で待ち伏せするが、貴志の圧倒的な自分勝手さを目の当たりにして逃げ出してしまう。

圭一の妹 (けいいちのいもうと)

伊沢圭一の妹。ショートヘアの女子高校生。イケメン男子高校生とラブホテルに入ろうとしていたところを、圭一に目撃されて説教される。男女交際についてはドライな考えを持っているが、伊藤真司に、子供だからまだ愛がわかっていないと諭される。

凧葉 (たこば)

軟葉高校の理事長の甥。軟葉高校の生徒に空手の基礎を教える事になった男性で、短髪で頑強な身体の持ち主。軟葉高校近くに凧八流軟葉道場を構えたばかりで、軟葉高校理事長から軟弱な生徒に喝を入れてほしいと頼まれている。三橋貴志と伊藤真司をクズ呼ばわりするが、凧葉の弟子の悪行が明らかとなり、貴志に豪勢な食事を奢らされる羽目になる。

三橋 誠一 (みつはし せいいち)

三橋貴志のいとこで、三橋一郎の弟である二郎の息子。オールバックの髪型をした男子高校生。剣道と空手を嗜んでおり、K大学を志望している文武両道の自信家。貴志とはあまり会った事がなく、法事の席で金髪の貴志を見て、虚勢を張るのはやめろと注意したものの投げ飛ばされる。その見た目から、貴志に「青ラッキョウ」と呼ばれている。

根本 (ねもと)

軟葉高校の男子生徒。シャギーがかったロングヘアにしている。顔色が悪く、不気味な雰囲気を漂わせている。性格は超ネガティブで、呪いを武器に存在感を発揮する。自分をまったく怖がらない三橋貴志に興味を抱き、彼につきまとう中で生きている実感を味わう。そして貴志の仲間になりたいと申し出るが、根本が思いを寄せている水崎に告白するよう仕向けられる。貴志から「のろい君」と呼ばれるようになる。

ヘルメット姿の1年生 (へるめっとすがたのいちねんせい)

軟葉高校に入学して来た新入生の男子。先生を平気で殴る狂気じみた不良で、ヘルメットを被って、手にはバットをテープで巻きつけている。校内で一番強い奴を倒すために暴れ回り、たまたま赤坂理子が一番強いという情報を得た事で理子を襲うが、三橋貴志に倒される。軟葉高校を自主退学して忠実高校、紅羽高校を経て、開久高校に転校する。

白鳥 (しらとり)

軟葉高校の男子生徒。三橋貴志が1年生の時に3年生だった。剃り込みの入ったリーゼントヘアにしている。目付きの悪い裏番で、何かにつけて生徒から金を巻き上げている。絶大な組織力を持ち、貴志と伊藤真司をボコボコにした。しかし、今日からナンパになったと見せかけた貴志に仲間を闇討ちされ、最後は叩きのめされる。

剛田 (ごうだ)

骨川の化学実験助手となった元ヤクザの男性。短めのパンチパーマで、巨漢で怪力の持ち主。ヤクザの組が解散した日に、骨川と街でぶつかり、落下した看板の下敷きにならずに済んだ事から、骨川を恩人と慕って強引に骨川の助手兼用心棒となる。しかし三橋貴志のおかげで、生徒達に慕われるという充実感を味わい、のちに教師を目指し猛勉強する事になる。

藤枝 (ふじえだ)

軟葉高校の男子生徒。三橋貴志が1年生の時に3年生だった。パーマ風リーゼントで、口髭を生やしている。無秩序な輩を統率するために番を張っているという熱血漢。貴志と伊藤真司を陥れようと、女子生徒に嫌われるように仕向けるが、貴志に生徒会予算を盗んだ犯人に仕立て上げられ、退学させられる事となった。のちに、自ら勝手に番長を名乗っていただけだと判明する。

三橋 一郎 (みつはし いちろう)

三橋愛美の夫で、三橋貴志の父親。冴えないサラリーマンで、不良にからまれたり、上司にいじめられたりと弱々しく情けない性格。一方で、調子に乗りやすい一面もある。取引先の社長に買わされた軽井沢の別荘の宿泊券を貴志に渡し、自分達は親戚の法事に行くと偽り、妻とハワイに出掛けるなど姑息なところがある。逃げ足だけは異常に速い。

セリカ

金髪のロングヘアをした外人の女性。生活指導の先生に金髪を注意された三橋貴志が、自分の妹だと学校に連れて来たものの、貴志と共に誘拐騒動に巻き込まれる。のちに貴志の近所に住む、アメリカ人と結婚したユキの娘だと判明する。

福田 (ふくだ)

忠実高校の男子高校生。パーマ風のリーゼントヘアで、チリチリの前髪を垂らしている。祖父が亡くなり、千葉の農地が転がり込んで来た成金の息子で、金にモノを言わせてやりたい放題している。ちょっとでもモメると、金で強い者を雇って相手に報復する、というのが常套手段。金さえあればなんでもできると自負しており、金の力を舐めている人間が気に入らない。三橋貴志を買収しようとしたが、伊藤真司に邪魔されて失敗する。それからは二人への復讐に燃え、長井をスパイとして軟葉高校に送り込む。

社会人の二人組 (しゃかいじんのふたりぐみ)

鉄骨工業に勤める二人組の男性。開久高校を中退した元不良。顎の長いリーゼント頭の男性と、顔にそばかすのある男性。優秀な成績を収めた選手にはスクーターが贈られる野球大会に参加し、赤坂率いる三橋貴志と伊藤真司のチームと戦う事になる。実は数日前に貴志と真司と街で揉めており、汚い手を使って試合に勝とうとする。

森川 凉子 (もりかわ りょうこ)

森川悟のいとこの女子高校生。セミロングヘアの背の高い美人で、剣道の達人でもある。殴られた痕のある悟を問い詰め、三橋貴志にやられたという悟の噓のせいで、竹刀を持って貴志を成敗するために向かう。不良が大嫌いだが、悟のために奔走してくれた貴志や今井勝俊達の絆の強さに、心を打たれて考えを改める。その騒動の際、今井勝俊の不器用だが男らしく優しいところに惚れてしまう。ヤンキーに詳しい妹、湘子の情報から、勝俊が紅羽高校の番長だと知り、尾行を繰り返す。天然気味なところがあり、勝俊に中々気持ちが伝わらない。勝俊にバナナをプレゼントした事から、「バナナ女」と呼ばれるようになる。

小林 (こばやし)

軟葉高校の教師を務める男性。髪が薄く、体格が非常にいい。女子生徒のスカート丈をいやらしい目付きで図るゲスな人物で、三橋貴志と伊藤真司をクズ呼ばわりして、すぐ体罰を与えようとする。その態度が貴志の逆鱗に触れ、罠にハメられて痛い目を見る。

安田 (やすだ)

軟葉高校3年生の男子生徒。気の弱い性格をしている。高崎秀一のいとこにあたる。陸上部に所属しており、伊藤真司と三橋貴志が参加した市民マラソン大会に出場した。ゴール前で貴志を抜くが、頭に空き缶を投げつけられて転倒する。

村木 (むらき)

森川凉子と同じ高校の男子高校生。ツンツンに立たせた短髪をしている。独りよがりの性格で、凉子にしつこくアプローチしている。凉子から今井勝俊に惚れているとはっきり拒絶されるが、勝俊の化けの皮を剝がしてやろうと躍起になっている。

伊沢 圭一 (いざわ けいいち)

軟葉高校の男子生徒。三橋貴志と同学年ながら舎弟的な存在。丸刈り頭の不良で、掃除当番をさぼっていた根本に殴りかかるが、呪い殺すと言われ、転倒した事から呪い倒されたと話題になる。将来、どんな車でも直せる、車の整備士になるのが夢で、のちに父親から整備の仕事を習うようになる。軽薄な恋愛観を持つ圭一の妹にバカにされている。

銀行強盗犯 (ぎんこうごうとうはん)

軟葉銀行を襲った強盗犯で、マスクをした男性。逃げている最中に三橋貴志の新品のコートに傷をつけた事から、貴志に捕まる。しかし拳銃を取り出して、貴志と伊藤真司を人質に取る。昔不良にいじめられていた過去がある事から、散々二人を脅かした挙句、警察が用意した車に乗り込む際、怒り心頭の貴志に金をばら撒かれ、貴志と真司にボコボコにされて捕まる。

竹田 (たけだ)

軟葉高校1年生の男子生徒。三橋貴志の2学年下。ワカメのような前髪を垂らした短髪で、目が大きく、三白眼が特徴。同じ学年の榊原雄一が人気者なのは、喧嘩の強い貴志と伊藤真司にかわいがられているからだと決めつけている。空手経験者という理由だけで、自分が校内のトップを取れると考えている楽天的な人物。

北川 頼秋 (きたがわ よりあき)

高崎秀一が住んでいた埼玉の街を作った北川グループ会長の息子。パーマ風のリーゼントヘアで、骸骨のような不健康な顔をしている。幼い頃は体が弱く、なにをやらせても一番だった高崎を妬んでいた。中学時代、自分には金と権力がある事に気づき、金にモノをいわせ、取り巻きをはべらせて好き勝手な振る舞いを始める。その後、自分に逆らう高崎を街から追い出し、その後も執拗に高崎をつけ狙う。

伊藤 和夫 (いとう かずお)

伊藤真司のいとこの男子中学生。マッシュ系の短髪で、おとなしい性格をしている事から、学校でイジメられている。真司の母が貴志に、伊藤和夫を強くしてほしいと頼んだせいで、貴志から鬼のような猛特訓を受ける事になり、この世で一番恐ろしいのは貴志だと確信。以降、いじめを克服する。

久我 (くが)

伊藤真司の中学時代の友人。中学2年生の頃、リーゼントヘアの不良になり、他校とのケンカに借り出されたが、逃げ出してしまう。中学を仕切る五条にヤキを入れられ、二度と逃げないと誓うものの、次の喧嘩でボコボコにやられてしまう。

江古田 (えこだ)

軟葉高校の通う男子生徒。緑化委員長を務めている。短髪で、メガネをかけたまじめな性格。三橋貴志が緑化委員をさぼってばかりいる事が許せない。同じく緑化委員の赤坂理子が江古田にいじめられているとの密告を受けた貴志が、緑化委員会に出席した事から、酷い迷惑をこうむる事になる。

北山 (きたやま)

相良が三橋貴志を倒すために見つけて来たチンピラの男性。前髪をまばらに垂らした短髪で、顔がゴツゴツしており、目が据わっている。狂暴な性格で、女性にも容赦がない。ドラッグを不良高校生に売りさばき、その様子をビデオに撮ってあとで恐喝している。凉子を殴り倒した事を知った今井勝俊とやり合うが、勝俊を病院送りにするほど強い。貴志にはその容姿から「バカゴリラ」と呼ばれている。

白井の後輩 (しらいのこうはい)

忠実高校の男子生徒。アフロのようなリーゼントヘアをしている。三橋貴志と喧嘩になった際、とある事情で腹に大事な皿を隠し持っていた貴志をいたぶった。のちに貴志が仕返しに向かうと、ヤクザの白井を盾にいきがり、貴志に殴られて白井にぶつかる。怒った白井から貴志を連れて来るよう命じられ、貴志をおびき出すべく、軟葉高校の生徒を襲う。

三橋 愛美 (みつはし まなみ)

三橋一郎の妻で、三橋貴志の母親。パーマ風のショートヘアにしている。勝ち気な性格で、貴志も強く言い返す事ができない。貴志を二枚目だと認識しているが、その性格の悪さから彼女も友達もいないだろうと思っている。夫の親戚が性格の悪い人間ばかりなので、自分の味方として、貴志を法事に連れて行く。

柳 鋭次 (やなぎ えいじ)

北根壊高校の男子生徒。不良のリーダー格を務めている。肩まで伸ばしたロングヘアで、一見爽やかそうな雰囲気を漂わせているが、喧嘩になるとナイフを使う狂気じみた一面を見せる。ずる賢い性格で、自分達が警察に捕まらないように、身代りになる生徒を確保するのが常套手段。その標的とした森川悟を手下にいじめさせ、それを救って自分を慕うよう仕向けた。得意のナイフ投げを三橋貴志に封じられ、パニックに陥って警察に駆け込む。

安夫の母 (やすおのはは)

谷川安夫の母親。ショートヘアの小柄な中年女性。安夫を溺愛しており、安夫の頼み事はすべて息子の成長だと受け取り、事あるごとに自分のヘソクリを用立てている。

京子の祖父 (きょうこのそふ)

早川京子の祖父。厳格な男性で、元不良だった京子を快く思っていない。ヤクザとの喧嘩で髪を切られてカッパ頭になった伊藤真司と京子が、届け物をするために京子の祖父のもとを訪れる。その際に真司が帽子を脱いで挨拶したため、真司の人となりに感動して京子とも和解する。

(まり)

スカーフを頭に巻いている顎の長い女性。東京のチーマーで、仲間と軽井沢の別荘に遊びに来ており、遊び半分で人を襲って財布を巻き上げるというゲームを楽しんでいる。香水を目に吹き付けるなどの卑怯な攻撃を得意としている。自分より弱い奴をイジメるために喧嘩するというねじ曲がった性格だが、早川京子に倒されて改心し、以降は京子にあこがれるようになる。

(ゆたか)

ウェービーなロングヘアの男性。非常に目付きが悪い。東京のチーマーで、仲間と軽井沢の別荘に遊びに来ており、遊び半分で人を襲って財布を巻き上げるというゲームを楽しんでいる。相手が強いと自身も乗って来るタイプ。軽井沢で伊藤真司にやられた事を根に持っており、千葉から来た高校生に暴力を振るって警察に追われているところを紅野に助けられる。紅野達と共に、真司と三橋貴志を追って千葉に遠征するが、次第に良心のかけらもない紅野達のやり方に反発を覚えていく。

良井 (よしい)

無造作な短髪にした太った男子高校生。ダイエットのために赤坂流道場の門を叩くが、その時にオヤツを盗み食いしていた三橋貴志と出会う。貴志に賞金が出る大食いの店に誘われ、その実力を発揮した。次第に貴志の強烈な個性と、はっきりモノを言う態度に魅かれ、貴志のように素のままで生きてみたいと、彼に弟子入りを志願する。

和泉 (いずみ)

埼玉県の男子高校生。高崎秀一の友人。マッシュ系の短髪で、黒目が小さい。北川頼秋に彼女を人質に取られ、高崎を騙しておびき寄せた。高崎が伊藤真司と三橋貴志と共に北川の手下に追われている際には、隠れ家を提供するが、北川に見つかって自分の父親もろともひどい目に遭わされる。

新村 (にいむら)

「レッド」という店にいつもたむろしているヤクザ風の男性。パーマ風ヘアをオールバックにしている。仲間と共に「赤木刀の四人」と呼ばれ、周囲から恐れられている。ちなみにその呼び名の由来は、当初白かった木刀が血に染まったという事から。新村に三橋貴志が捕まったと聞いた伊藤真司が、単身レッドに乗り込む事になる。

真司の母 (しんじのはは)

伊藤真司の母親。少し長めのショートヘアで、上品でおっとりした性格の美人。不良の三橋貴志に自分の甥、伊藤和夫を強くしてやってほしいとお願いする。のちに、別荘に貴志と今井勝俊を招待するが、自分達が生き物の犠牲の上に成り立っている事を知るためにと、真司に生きている豚を殺傷するよう命じ、貴志達を震え上がらせる。

勝俊の父 (かつとしのちち)

今井勝俊の父親で、勝俊の母の夫。四人の息子がおり、長男は勝俊、次男は勝好、三男は勝矢、四男は勝和。バーコード頭のサラリーマン。頭皮をチェックされ、近い将来ハゲますと脅されて、10万円の高額な育毛剤を購入させる詐欺商法にひっかかる。

場所

北根壊高校 (ほくねいこうこう)

千葉県の代亥高校の姉妹校。千葉県木更津が地元であり、このエリアでは一番悪い高校。校舎が燃えたため、代亥高校の敷地内のプレハブ校舎に引っ越して来た。校舎を燃やした生徒は退学になったものの、黒幕と思われるリーダー格の柳鋭次と大嶽重弘はまだ在籍している。代亥高校を配下に置き、近隣の高校も支配しようとしている。

紅羽高校 (べにばねこうとうがっこう)

千葉県の私立の新設男子高校。通称「紅高」。今井勝俊が番長を務めており、その子分が谷川安夫。主な不良に黒川、藤田洋などがいるが、勝俊に忠誠を誓っているわけではなく、困った時だけ頼る傾向にある。のちに、小山太郎が転校して来て、勝俊を番長として慕うようになる。さらに、茨城から中野が転校して来るが、一匹狼なため、学内の争いに参加する事はない。学力レベルは軟葉高校より劣っている。

開久高校 (あけひさこうこう)

千葉県の悪の巣窟と恐れられている男子高校。通称「開久」。当初、片桐智司が番長を務めており、相良がNo.2。全生徒の額にソリが入っており、卒業生の3割はヤクザになるという噂がある。智司より1学年下の末永が、不意打ち同然で智司からトップの座を奪うが、その後、三橋貴志と伊藤真司達に攻め入られて、不良高校としての威厳が失速する。学力レベルが低い事から、喧嘩で負ける事は絶対許されないという暗黙のルールがあり、仲間がやられると集団で報復するなど結束は非常に固い。

軟葉高校 (なんようこうこう)

千葉県にある私立の共学高校。通称「軟高」。三橋貴志と伊藤真司が高校1年生の時に、赤坂理子が転校して来た。のちに高崎秀一も転校して来る。当初から不良がいたものの、他校にとって脅威となる高校ではなかった。しかし、貴志と真司の最強コンビが名を響かせるようになり、さらに悪名高い不良高校の開久高校に攻め入って陥落させた事で、千葉県内で一躍名を馳せる。特に喧嘩が強いだけでなく、その卑怯な行いから、「千葉で最も危険な男、三橋」という貴志の評判は広く知れ渡っている。以降、中学時代に番長だった猛者が入学するようになるが、「軟葉高校には三橋と伊藤しか強い奴はいない」というのが周囲の不良達の常識となっている。

その他キーワード

今日からツッパリ (きょうからつっぱり)

徐々に不良になっていったのではなく、ある日、急に「ツッパろー」と決めていきなりツッパりを始めた人達の事。三橋貴志と伊藤真司もそれに該当し、転校を境にツッパリになり、貴志は金髪に、真司はトゲトゲのウニ頭にした。お互いが今日からツッパリであるという秘密を共有する事で、二人はコンビを組んでいる。

今日からナンパ (きょうからなんぱ)

徐々にナンパな男になっていったのではなく、ある日、急に「ナンパになろー」と決めていきなりナンパ少年になった人達の事。軟葉高校の裏番である白鳥を油断させるため、三橋貴志が「今日からナンパ」になり、伊藤真司をも欺いた。その後、貴志は白鳥の手下を闇討ちして組織力を奪った。

書誌情報

今日から俺は!! 全38巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(1990年1月発行、 978-4091224019)

第2巻

(1990年5月発行、 978-4091224026)

第3巻

(1990年11月発行、 978-4091224033)

第4巻

(1991年4月発行、 978-4091224040)

第5巻

(1991年5月発行、 978-4091224057)

第6巻

(1991年7月発行、 978-4091224064)

第7巻

(1991年10月発行、 978-4091224071)

第8巻

(1991年12月発行、 978-4091224088)

第9巻

(1992年2月発行、 978-4091224095)

第10巻

(1992年4月発行、 978-4091224101)

第11巻

(1992年6月発行、 978-4091230515)

第12巻

(1992年8月発行、 978-4091230522)

第13巻

(1992年11月発行、 978-4091230539)

第14巻

(1993年3月発行、 978-4091230546)

第15巻

(1993年6月発行、 978-4091230553)

第16巻

(1993年8月発行、 978-4091230560)

第17巻

(1993年11月発行、 978-4091230577)

第18巻

(1994年1月発行、 978-4091230584)

第19巻

(1994年4月発行、 978-4091230591)

第20巻

(1994年7月発行、 978-4091230607)

第21巻

(1994年9月発行、 978-4091233912)

第22巻

(1995年1月発行、 978-4091233929)

第23巻

(1995年4月発行、 978-4091233936)

第24巻

(1995年7月発行、 978-4091233943)

第25巻

(1995年8月発行、 978-4091233950)

第26巻

(1995年12月発行、 978-4091233967)

第27巻

(1996年4月発行、 978-4091233974)

第28巻

(1996年6月発行、 978-4091233981)

第29巻

(1996年9月発行、 978-4091233998)

第30巻

(1996年11月発行、 978-4091234001)

第31巻

(1997年2月発行、 978-4091251817)

第32巻

(1997年4月発行、 978-4091251824)

第33巻

(1997年6月発行、 978-4091251831)

第34巻

(1997年8月発行、 978-4091251848)

第35巻

(1997年11月発行、 978-4091251855)

第36巻

(1998年1月発行、 978-4091251862)

第37巻

(1998年3月発行、 978-4091251879)

第38巻

(1998年4月発行、 978-4091251886)

今日から俺は!! 全18巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(2011年4月発行、 978-4091934680)

第2巻

(2011年4月発行、 978-4091934697)

第3巻

(2011年5月発行、 978-4091934703)

第4巻

(2011年6月発行、 978-4091934710)

第5巻

(2011年7月発行、 978-4091934727)

第6巻

(2011年8月発行、 978-4091934734)

第7巻

(2011年9月発行、 978-4091934741)

第8巻

(2011年10月発行、 978-4091934758)

第9巻

(2011年11月発行、 978-4091934765)

第10巻

(2011年12月発行、 978-4091934772)

第11巻

(2012年1月発行、 978-4091934789)

第12巻

(2012年2月発行、 978-4091934796)

第13巻

(2012年3月発行、 978-4091934802)

第14巻

(2012年4月発行、 978-4091934864)

第15巻

(2012年5月発行、 978-4091934871)

第16巻

(2012年6月発行、 978-4091934888)

第17巻

(2012年7月発行、 978-4091934895)

第18巻

(2012年8月発行、 978-4091934901)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo