住吉 源五郎

住吉 源五郎

銭っ子(漫画)の登場人物。読みは「すみよし げんごろう」。

登場作品
銭っ子(漫画)
正式名称
住吉 源五郎
ふりがな
すみよし げんごろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

金儲けのために三の宮に出てきた中馬健が出合った物もらい。禿げ頭でゴツい顎、口の周りに鬚を生やした恰幅のいい男。実は大金持ちで、六甲に大邸宅を構えてベンツで物もらいに出勤する。現金は2億円あるとのこと。本業は物もらいだが、株や土地取引など金儲けのチャンスを逃さない。

少年時代は貧乏で、ガタロと呼ばれる川での鉄くず拾いや新聞配達で生計を立てていた。そのころから大蜂はライバルで、西宮に持っていた山を頭を下げてまで欲しいという大蜂に売ったところ、それは虚偽で高額で転売されたため、彼との関係は最悪となっている。世間知らずなに興味を持って家に置き、から銭神と呼ばれるようになった。

庭に野宿させるだけでも宿泊料をとり、物もらいで使用したゴザ代なども請求。その後、がカブトムシで稼ぐと効率よく集めてに卸し、が嗅ぎつけた産業スパイ事件では、逆襲にあったを利用して先方に新たなアイディアを売り込んだ。だが、大蜂に仕掛けられた自宅の買い取り交渉では、に格安で売りつけた庭の半坪を利用され、自宅を売らざるを得なくなった。

それを機にと別れ、1年後の再会を約束する。その際に餞別として渡したのは百円札1枚。そして1年後、店を失った上に妹・中馬亜子の看病でやつれながら靴磨きをしていたの前に現れた。の事情を知ると、中馬健二郎の息子や残りの親族から健二郎のバーゲン スーパーマーケットの株を買い集め、たちまち乗っ取ってしまう。

を新たな社長に据えようと考えてのことだった。

登場作品

銭っ子

事故で両親を亡くし孤児となった中馬健と中馬亜子の兄妹。親戚に引き取られたが、いじめられながら昼夜働かされ、両親の遺産もすべて奪われてしまう。二人は海に身を投げたがガタロ船に拾われ、そこで暮らす人々の温... 関連ページ:銭っ子

SHARE
EC
Amazon
logo