八犬伝

室町時代の戦乱期を舞台に、伏姫と神犬八房の因縁によって結ばれた、犬塚信乃戍孝ら8人の若き 武士達が結集し闘う姿を描いた伝奇漫画。滝沢馬琴原作の南総里見八犬伝を碧也ぴんくが独自の構成で漫画化した。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
八犬伝
原作者
滝沢馬琴
作者
ジャンル
伝奇
 
室町時代

総合スレッド

八犬伝(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

伏姫(八犬伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:03
丶大(八犬伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:03

新着関連スレッドもっとみる

概要

室町時代。雨の中、賊に襲われた僧・丶大(ちゅだい)を8人の若き武士・八犬士が助けた。丶大は八犬士達にかつての婚約者伏姫にまつわる話を語り出す。丶大は元の名を金腕大輔孝徳といい、南房総の突端・安房館山を治める里見義実に仕える武士だった。里見義実は安西景連との闘いで苦戦する中、飼い犬の八房に、戯れに手柄を立てよと語り掛ける。

その言葉が取り返しのつかない事態を招くのだった。やがて時は流れ、八犬士それぞれの物語が語られる。そのうちの1人、犬塚信乃戍孝は、幼少時から女の姿と名前で育てられた。

登場人物・キャラクター

主人公
八犬士の一人。「孝」の珠を持つ。父大塚番作一戍は、関東足利家の名刀「村雨丸」を持って落ち延びた。「成人まで性別を入れ替えて育てると健康に育つ」との俗信から幼少時は女装して暮らしていた。結城城の闘いの後...
八犬士の一人。「義」の珠を持つ。伊豆の荘官の長子として生まれる。父親の死後に母の従兄弟である蜑崎十郎を頼みに安房へ向かう途中、母親が死亡する。その後は大塚家の下僕として額蔵という名を与えられた。信乃 ...
八犬士の一人。「忠」の珠を持つ。練馬氏の家臣である犬山家の生き残り。異母妹・浜路(犬山正月)を殺めた網干左母二郎の前に現れ、彼を斬り名刀村雨丸を持って逃げた。扇谷定正を仇と狙っていたが、後に自らが八犬...
右頬に牡丹の痣がある男性。八犬士の一人。「信」の珠を持つ。幼い頃の名は玄吉。実父の糠助は後に信乃(犬塚信乃戍孝)の隣人となり、死の間際に珠と痣を持つ玄吉の存在を信乃に告げていた。足利成氏の元で囚われの...
逞しい体躯の男性。八犬士の1人。「悌」の珠を持つ。相撲が得意で喧嘩に強い。現八(犬飼現八信道)とは旧知の仲。甥の犬江親兵衛仁達の弔いに現れた丶大から、自らが八犬士であることを知る。その後安房へ向かう途...
女性と見紛う容姿の男性。幼い頃から女芸人の一座で育った。13歳で自らの身上と仇の存在を知り、独力で武芸を身に付けた。また優れた頭脳を持つ。「智」の珠を持つ。父粟飯原胤度は無実の罪を着せられて殺された。...
長い髪を後ろで束ねた少年。小文吾(犬田小文吾悌順)の妹ぬいの子。幼い頃から左手を握ったままだった。信乃(犬塚信乃戍孝)の首を狙う父房八に蹴り飛ばされ、一度は息を引き取るが、丶大の読経で左手の中にあった...
長い黒髪を肩の辺りでまとめた男性。八犬士の一人。「礼」の珠を持つ。実の父を山猫に殺されるなど、恵まれない生い立ちを経て忍耐強く冷静な剣士となった。
僧姿の男性。本名は金碗大輔孝徳。南房総の突端・安房館山を治める里見義実に仕える武士だった。里見義実の娘伏姫と婚約し安房四郡のうち長狭東条を治めるはずだったが、安西景連との戦いの後行方が分からなくなる。...
南房総の突端・安房館山を治める里見義実の娘。金碗大輔孝徳と婚約していたが、里見義実が苦し紛れに犬の八房に語り掛けた約束によって、八房に嫁ぐことになった。腹に子を宿した後に犬房と共に自害する。息絶える直...

クレジット

原作