八角 清高

八角 清高

狂四郎2030(漫画)の登場人物。読みは「はっかく きよたか」。

登場作品
狂四郎2030(漫画)
正式名称
八角 清高
ふりがな
はっかく きよたか
関連商品
Amazon 楽天

概要

天才的な科学者で、第三次世界大戦前にバベンスキーとともに地下シェルターに隠れ住んでいた。クローン技術によって内蔵移植を行い続け、生きながらえていた。自身のクローン脳をバベンスキーに移植していたが、移植手術を行う前に脳疾患によって死亡する。生前は、人間が将来犯罪を犯すかどうかがM型遺伝子によって決定されるというM型遺伝子理論を最初に提唱していた。

関連人物・キャラクター

バベンスキー

『狂四郎2030』に登場する犬。天才科学者八角清高によって、脳の移植手術のために育てられた実験犬。八角博士への臓器移植用にクローン脳を移植され、教育を施されている。知能が極めて高く、人と会話することも... 関連ページ:バベンスキー

登場作品

狂四郎2030

男女が徹底的に隔離され、国民が政府によって管理されている近未来社会を舞台に、主人公廻狂四郎がバーチャマシン内の仮想世界で出会った志乃を助け出すまでの活躍を描く。 関連ページ:狂四郎2030

SHARE
EC
Amazon
logo