劇場版 戦国BASARA -The Last Party-

劇場版 戦国BASARA -The Last Party-

カプコンから発売されたアクションゲームを原作としたアニメ作品。伊達政宗や真田幸村といった実在の武将たちをモデルにしているが、史実に対し大幅に脚色を加えた設定をキャラクターに施している。TVシリーズである「戦国BASARA」、「戦国BASARA弐」の続編にあたる。天下を取ることを目標に掲げる武将たちの戦いを描くバトルアクション。

正式名称
劇場版 戦国BASARA -The Last Party-
ふりがな
げきじょうばん せんごくばさら ざ らすと ぱーてぃー
原作者
制作
Production I.G
公開日
監督
野村和也
ジャンル
アクション
 
戦国
関連商品
Amazon 楽天

概要

覇王・豊臣秀吉の引き起こした動乱は終結した。しかし、戦乱の世は未だ終わることはなかった。奥州の伊達政宗の前に突如現れたのは、凶王・石田三成。彼は崇拝する主、豊臣秀吉を討った政宗への私怨を剥き出しにする。

そして川中島、武田と上杉の永き因縁に決着がつこうとしていた最中、一人の男が降り立った。武器を捨て、絆の力で天下を取ると決意する者、徳川家康である。

ある者は復讐のため、またある者は戦なき世のため。それぞれの決意を胸に、舞台は決戦の地、関ヶ原へと向っていく。

登場人物・キャラクター

伊達 政宗

奥州を治める伊達家の若き当主。その隻眼から、独眼竜との二つ名を持つ。柄の悪い伊達軍を纏め上げるカリスマ性を持ち、異国語の混ざった話し言葉が特徴。恐れを知らない性格のため時に向う見ずな行動も見られるが、部下や民を大事に思っており、上に立つものとしての責任感は強い。 六本の刀を同時に扱う、六爪流と呼ばれる独自剣術の使い手。奥州での石田三成との戦いにおいて、天下を懸けての勝負を彼に持ちかけるが、その行動が後の惨事を招くこととなる。 真田幸村とはライバルの関係。

真田 幸村

武田信玄に仕える若き武将。信玄に己の成長を認められ、武田軍大将を任される。非常に熱い気質の持ち主で、強者と相対すれば挑まないことには気が済まず、その都度周りが見えなくなり部下の猿飛佐助を困らせている。 先の大戦から、胸にくすぶり続けた思いが、徳川家康の戦なき世を創るという決意と同じであると理解し、家康に協力するため己も武器である二槍の槍を封印する覚悟を決める。伊達政宗とはライバルの関係。

徳川 家康

絆の力によって戦なき世を創るため、天下統一を目指す武将。先の大戦では豊臣軍に所属しており、石田三成とは同士であった。道が分たれた今も彼のことを友だと思っているが、私怨に囚われている三成にその思いが届く事はなかった。 戦国の世を己の拳のみで戦い抜くが、それは相手を傷つけないとの決意から武器としていた槍を捨てた結果である。その決意を全うするため、己と同じ理想を持つ者を募って各地を巡り、前田慶次や長宗我部元親といった賛同者を得た。

石田 三成

豊臣秀吉を唯一の主として崇拝している武将で、豊臣軍の残党を取りまとめた石田軍の大将。武器とする刀で、目にも留まらぬ早さの斬撃を繰り出す。秀吉を討った伊達政宗に計り知れない憎悪を抱いており、復讐を果たすことが全てであると考えている。 かつて豊臣軍で同士として戦った徳川家康に対しては、共に秀吉の仇を討つことを望んだが、志は異なり道が分たれる結果となった。

天海

小早川秀秋と行動を共にする謎の高僧。素性はいっさい不明で、優柔不断な秀秋に対し優しい言葉を囁き、道を示す。しかし、その優しさの中に時折、深い闇の様な残虐さを覗かせる。

長曾我部 元親

四国長宗我部家の当主。男気溢れる海の男で、部下のことを野郎どもと呼び、部下からは兄貴と呼ばれ慕われている。碇槍という、その名の通り碇のような形状をした大型の槍を自在に操り戦う。また、からくりで出来た兵器を使うなど、一風変わった戦術を得意とする。 中国地方の毛利元就とは根本的に馬が合わず対立している。

上杉 謙信

越後を治める上杉家の当主。軍神との異名を取るが、その姿は非常に見目麗しい落ち着いた物腰の麗人。戦神である毘沙門天を信仰しており、自身の戦いぶりもさながら毘沙門天のごとく、敵を寄せ付けることはない。 また、部下の忍であるかすがのことをうつくしきつるぎと呼び、側に置いている。武田信玄とは好敵手であり、互いに認め合っている。

前田 慶次

前田家の風来坊で、前田利家とまつ夫妻の甥にあたる。小猿の夢吉を連れ各地を遊び歩いていることが多いが、そのことをまつには度々叱られている。おしどり夫婦の前田夫妻を身近に見ていることもあり、天下統一よりも愛した人を幸せにすることがなにより大切だと感じている。 争いのない世と言う理想を同じくする徳川家康と共に、無血で乱世を終わらせるという決意を掲げ各地を奔走する。

毛利 元就

かつて中国地方一帯を治めていた毛利家当主。部下を捨て駒としか考えない非情な性格で、戦においては緻密に策を練る知将としての側面が強い。輪刀という体を軽く一周する輪のような刀で、舞うように攻撃する。 天下にはそれほど興味はなく、毛利家の安泰を第一とし行動している。四国の長曾我部元親とはその性質の違いもあり対立。先の戦乱において戦死したと思われているが、詳細は不明である。

片倉 小十郎

伊達政宗に仕える武将で、唯一無二の腹心。竜の右目と呼ばれており、主の背中を守る事を第一とし、時には自らの命さえも投げ打つ覚悟を持つ忠義に厚い人物。時に無謀な行動をとる政宗を諭し、支えとなる兄的な存在でもある。 一見するとヤクザを思わせる外見だが、冷静で義理堅い気質により、敵味方双方から一目を置かれている。

最上 義光

羽州を治める最上家当主。自らのことを羽州の狐と称し、虎視眈々と東北の覇者の座を狙う。また、弱者には尊大な態度を取るが、強者に対しては顔色をうかがう面を見せるなど、相対する人物によって態度を大きく変える。

小早川 秀秋

小早川軍の総大将。大変気が小さく臆病で、争いごとを嫌う。しかし、その地位故に大将をやらざるを得ず、そのストレスからか食に逃げることが多い。鍋料理が大好物で、背中に大きな鍋を背負っている。背後に謎の高僧天海がおり、困ったときはすぐに彼に助けを求める。

武田 信玄

甲斐を治める武田家の当主。その武人としての類いまれな活躍から「甲斐の虎」と呼ばれその名を轟かせている。部下の真田幸村とは師弟関係でもあり、彼の成長を認め、武田軍大将の座を譲った。 師弟の絆を確かめるため、度々殴り合いをするなど、幸村と同様に熱い気質の持ち主。越後の上杉謙信とは好敵手であり、互いに認め合っている。

かすが

上杉謙信に仕えるくの一。感情的になりやすく、時に暴走しがちな面を見せるものの、忍として信頼に足る実力を持ち合わせている。謙信を暗殺するため越後へとやってきた過去を持つが、その際に謙信の類いまれな美しさとその心に感銘を受け、上杉の忍として忠誠を誓うこととなった。

猿飛 佐助

真田幸村に仕える忍。その優秀な腕を見込まれ、真田忍隊の長を任されている。素早く正確な仕事ぶりにより、主である幸村からの信頼は厚いが、普段は同郷の忍であるかすがをからかうなど、忍らしからぬ飄々とした性格である。 新たに武田軍の大将となった幸村を支える役目を担う。

本多 忠勝

徳川家康に仕える武将。その何人をも凌駕する圧倒的な力から、戦国最強として名を轟かせる。全身を鋼鉄の鎧で覆っており、巨大な槍を振り回し戦場を駆ける。主である徳川家康とは固い絆で結ばれており、移動の際には彼を自らの背に立たせ、縦横無尽に空を飛ぶ。

大谷 吉継

石田三成の補佐をする武将。かつて豊臣軍に所属しており、石田三成、徳川家康とはその頃からの付き合いである。現在は三成に付き、復讐に囚われている彼に代わり、石田軍の指揮を執る。

お市

第六天魔王・織田信長の妹で、浅井長政の妻であった女性。人々を惑わす程の美貌を持つ。長篠の戦いで夫である長政を失い、そして兄を止めるため命を落としたと思われていた。その後、織田軍の残党に囲われるが、現在は行方知れずである。

クレジット

原作

CAPCOM

監督

野村和也

脚本

総作画監督

大久保徹

音楽

澤野弘之

アニメーション制作

Production I.G

SHARE
EC
Amazon
logo